Liberté 異色の経歴を持つMickaël Benichouが創り出すブーランジェリー 日本にも進出

スポンサーリンク
パリ パン屋パリ

2013年、パリ10区に誕生したLiberté(リベルテ)

異色の経歴を持つ、Mickaël Benichou氏が創り出すパンはオープン後すぐに話題となり、パリでも注目を集めました。

2018年には日本にも進出したので、ご存知の方も多いと思いますが、今回はパリ10区の本店をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

Liberté

基本情報

Liberté リベルテ

住所:39 Rue des Vinaigriers, 75010 Paris, フランス

営業時間:月曜日~土曜日 07:30~20:00

定休日:日曜日

最寄り駅:Jacques Bonsergent 5号線

特徴

2013年、パリ10区にオープン。

オーナーであるMickaël Benichou氏は、イタリアでアートディーラーになることを目指して勉強していました。

その後、ロンドンやニューヨークなどで金融関係の仕事をした後、パリに戻り、Libertéをオープンさせます。

2018年には海外初となる店舗を日本にオープンさせます。

ギャラリーラファイエットのグルメ館で販売されていたこともあります。

外観

Liberté

19世紀に建てられたという外観はパリらしい雰囲気を保っています。

今回は暗くなった時間に訪れましたが、照明の感じも良い雰囲気です。

店内

Liberté

他のお店にはない石造りのカウンターが目を引きます。

Liberté

かなり個性的なデザインです。

現代的なデザインですが、やはり冷たい感じがしてしまいます。

Liberté

バゲットからケーキ類まで様々な商品が並びます。

Liberté

梱包材などが丸見えなのが、マイナスポイントです。

Liberté

キッチンは綺麗に整理されていました。

Liberté

外からの見栄えもかなり良くありません。

実食

Liberté

今回はバゲットを購入。

昔食べた時の美味しかった記憶を頼りに購入です。

Liberté

しっかりとした歯ごたえ、小麦の味を感じることが出来ます。

まとめ

全体的な評価は5段階で以下の通りです。

Liberté リベルテ

味:☆☆☆★★

外観:☆☆☆☆★

内観:★★★★★

価格:☆☆☆☆★

スタッフ:☆☆☆★★

購入しやすさ:☆☆☆☆★

場所:☆☆☆★★

という感じです。

味に関しては☆3つです。

普通に美味しいですが、特徴的なものはありません。

外観は白をベースとして建物とのバランスもとても良いです。

また、暗くなった時の照明の感じも好印象です。

内観は残念ながらかなり良くありません。

本来は、昔から残っている内装を取り込んでいておしゃれに造っているのですが、商品の並びや、むき出しの梱包材などが台無しにしまっている感じです。

外から見えるキッチン道具もいかがなものかと、、。

気にならない方には問題がないと思いますが、沢山のパン屋さんを見てきましたが、パリでこの感じは初めてです。

せっかく美味しそうなケーキやパンが並んでいても購買意欲がかなり薄れてしまいます。

価格は普通だと思います。

スタッフも特に印象には残っていません。

購入のしやすさは、商品自体は見やすいので特に問題はないと思います。

場所は特に観光地ではないので、パン好きが訪れるお店だと思います。

期待値がかなり高かった分、全体的にはかなり厳しい評価となりました。

(グーグルの評価も高かったのですが、、、)

味は悪くないのですが、店内の印象で気持ち的にすべて悪い評価に流れてしまいます。

本来はかなりのレベルがあるお店のはずなので、是非とも今後改善してほしいと思いました。

ぜひお時間のある方は立ち寄っていただいて、皆様の感想をお知らせ頂ければ幸いです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

パリの最新パン屋ランキングを公開しています。

今回ご紹介させて頂いたお店は何位なのか?

ぜひ合わせてチェックしてくださいね。

絶対行きたくなる パリ パン屋ランキング 話題のパン屋をご紹介 2020 最新版
パリに行く楽しみの一つがパン屋めぐりです。何年もかけて様々なお店を周っていますが、あまりに沢山のパン屋さんを訪れていると、どこのパン屋さんが美味しかったのかつい忘れてしまいます。そんな物忘れが多い私が、次回以降訪れ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました