Denis Laget ドゥニラジェ 古典的なテーマを抽象的に表現する現代フランスアーティスト

スポンサーリンク
Denis Lagetパリから日帰り旅行

2019年10月26日から2020年2月9日まで、レンヌ美術館でDenis Lagetの展示会が行われていました。

世界的にある程度名は通っているようですが、どちらかと言うと、これから評価が上がっていく現代の画家の一人と言われています。

それでは早速、作品をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

Denis Laget

1958年、フランス東部、Valenceで生まれる。

1980年よりグループ展に参加。

1981年より個展を開催。

作品のテーマは、自画像や静物画、風景画など古典的なものが多く、それらを画家の心にある潜在的なイメージを通して表現していると言われています。

Œuvres 作品

Autoportrait

Autoportrait (1985)

Iris

Iris (1986)

sans titre

paysage urbain ou sans titre

La Colonne de fer

La Colonne de fer (1997)

Sans titre

Sans titre (2010)

Sans titre

Sans titre (2010)

Sans titre

Sans titre (Grand paysage) (2010)

Sans titre

Sans titre série <Soleils noirs> (2007)

Sans titre

Sans titre (200) , Sans titre (2003) , Sans titre (2000) 左から

Sans titre

Sans titre (2004)

Sans titre

Sans titre (2012)

Sans titre

Sans titre (2002)

Jules II

Jules II (2008-09)

Michel Ange

Michel Ange (2008-09)

Sans titre

Sans titre (1992)

Sans titre

Sans titre (1987)

Sans titre

Sans titre (1990)

Sans titre

Sans titre (1990)

Vigile

Vigile (1986)

Sans titre

Sans titre (2010)

Sans titre

Sans titre (2015)

Sans titre

Sans titre (2015)

Sans titre

Sans titre (1998)

Feuilles de figuier

Feuilles de figuier (2018)

Sans titre

Sans titre (1990)

まとめ

いかがでしたか。

作品は抽象的なものになり、全く分からないような作品もありますが、扱うテーマが分かりやすいものが多いので、何となくイメージが伝わってくると思います。

抽象画の好みは人それぞれですので、もし気になる作品があるようでしたら、頭の片隅に覚えておいてください。

今後、世界中の近現代美術館に作品が展示されることになるかもしれないので、見かけた時は思い出して頂けると幸いです。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

なお、レンヌ美術館の詳細、他のコレクションについてはこちらで詳しくご紹介させて頂いております。

合わせてご覧になってみてください。

Musée des Beaux Arts Rennes レンヌ美術館 完全ガイド 行き方 所要時間 お勧め作品まで
今回ご紹介させて頂くのは、レンヌを代表する観光名所の一つであるレンヌ美術館。ヴィレーヌ川沿いに建つ新古典主義の建物は、19世紀半ばに建てられた見ごたえのある建物です。Regenerate Thumbnails...
レンヌ美術館 コレクション アンティーク 彫刻 好奇心のキャビネットをご紹介
今回はレンヌ美術館の見どころをご紹介させて頂きます。美術館というとどうしても絵画が中心になってしまいますが、レンヌ美術館には絵画以外にも見どころのある作品が展示されています。そんな中でも今回ご紹介させて頂く、Arc...
レンヌ美術館 コレクション ルネサンスからバロックまで ルーベンス シモンヴーエ
今回ご紹介させて頂くのは、レンヌ美術館コレクション第1弾。ルネサンスからバロックを中心にご紹介させて頂きます。超メジャーな画家は少ないかもしれませんが、少し美術にご興味のある方なら、その時代のキーパーソンとなる画家...
レンヌ美術館 コレクション ロココから印象派 抽象主義まで コロー シスレー クプカなど
今回はレンヌ美術館コレクションの第2弾。ロココから抽象主義までをご紹介させて頂きます。この時期になると徐々にキリスト教芸術から離れて、風景画へと移行して行きます。日本でも最も馴染み深い画家が多いのも特徴です...
レンヌ美術館 コレクション 抽象主義から近現代美術まで ピカソ サムフランシス ジョアンミッチェル
今回はレンヌ美術館コレクション第3弾、最終回になります。前回の抽象主義から近現代美術までをご紹介させて頂きます。この時期からは写実的な作品は少なく、一見何を書いているのか分からない作品も増えてきます。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました