ストラスブール美術館 コレクション バロックからロマン主義まで 16世紀から19世紀まで

 

Musée des Beaux-Arts de Strasbourg

 

ストラスブール美術館コレクション、今回はバロックからロマン主義までをご紹介させて頂きます。

西洋美術の基礎が固まるこの時期は、時代的にも様々な出来事が起こり、そう言った要素も作品に反映されています。

時代の移り変わりを意識しながら見ているとより一層楽しめると思います。

それでは早速ご紹介させて頂きます。

 

 

Contents

Pierre Paul Rubens (1577-1640)

 

Pierre Paul Rubens

Le Christ triomphant de la Mort et du Péché (1615/16)

フランドル、バロックを代表する画家であり、後世に多大な影響を与えた画家です。

 

La Visitation

La Visitation (1611/12)

 

Carlo Sellitto (1581-1614)

 

Carlo Sellitto

Saint Bruno en prière devant le crucifix (1610)

イタリア、バロックの画家です。

 

Simon Vouet (1590-1649)

 

Simon Vouet

Loth et ses Filles (1633)

フランス、バロックの画家です。

イタリアで1612年から1627年まで過ごしたのち、フランスに戻り、バロック様式をフランスに伝えた人物としても有名です。

 

Valentin de Boulogne (1591-1632)

 

Valentin de Boulogne

Musiciens et soldats (1626)

フランスの画家、カラヴァッジョの影響を強く受けたと言われています。

 

Giovanni Francesco Barbieri (1591-1666)

 

Giovanni Francesco Barbieri,

Samson et Dalila (1654)

イタリア、バロックの画家です。

主にローマとボローニャで活動しました。

 

Jacopo Vignali (1592-1664)

 

Jacopo Vignali

Cyparissus

イタリア、バロックの画家です。

 

Claude Gellée dit Le Lorrain (1600-1682)

 

Claude Gellée

La Fuite en Egypte (1635/40)

ロレーヌ出身の画家でありイタリアで活躍、後世の画家たちに多大な影響を与えた一人です。

フランス、バロック、古典主義になります。

ロダンも彼の像を制作しています。

 

Michele Desubleo (1602-1676)

 

Michele Desubleo

Allégorie de la musique

フランスで生まれましたが、活躍の場はイタリアです。

 

Philippe de Champaigne (1602-1674)

 

Philippe de Champaigne

Portrait of Cardinal de Richelieu (1642)

ブリュッセル生まれの画家でパリで活躍しました。

 

Claude de Jongh (1605-1663)

 

Claude de Jongh

Saint Laurent couronné par l’Enfant Jésus (1634)

オランダ黄金時代の画家です。

 

Salvator Rosa (1615-1673)

 

Salvator Rosa

PAYSAGE AVEC TOBIE ET L’ANGE (1670)

イタリア、バロックの画家です。

 

Emanuel de Witte (1617-1692)

 

Emanuel de Witte

Intérieur d’église gothique (1679)

オランダの画家で、教会内部を主に描いていました。

 

Intérieur de la Oude Kerk d'Amsterdam

Intérieur de la Oude Kerk d’Amsterdam (1655)

 

Valerio Castello (1624-1659)

 

Valerio Castello

L’Adoration des Mages (1650)

イタリア、バロックの画家です。

 

Bernhard Keil (1624-1687)

 

Bernhard Keil

Portrait de vieille femme

デンマーク、バロックの画家です。

レンブラントの弟子でもありました。

 

Jan Havickszoon Steen (1626-1679)

 

Jan Havickszoon Steen

Scène d’auberge

オランダ黄金時代、バロックの画家です。

 

Reyer van Blommendael (1628-1675)

 

Reyer van Blommendael

Socrate, ses deux épouses et Alcibiade (1934)

オランダ黄金時代の画家です。

作品はソクラテスの2面性について描かれていると言われています。

 

Bartolomeo Biscaino (1629-1657)

 

Bartolomeo Biscaino

L’Adoration des Mages (1650)

イタリア、バロックの画家です。

 

Gabriël Metsu (1629-1667)

 

Gabriël Metsu

Lazare et le mauvais riche (1652)

オランダの画家です。

 

Jacob van Ruisdael (1629-1682)

 

Jacob van Ruisdael

Paysage montagneux avec torrent

オランダ黄金時代の画家であり、風景画を描いていました。

風景画の第一人者です。

 

Gillis Rombouts (1630-1672)

 

Gillis Rombouts

Le petit pont

オランダ黄金時代の画家です。

 

Cornelis Norbertus Gysbrechts (1630-1675)

 

Cornelis Norbertus Gysbrechts

Vanité

フランドルの画家です。

主に、Trompe l’oeil(トリックアート、だまし絵)を中心に描いていました。

 

Johann Carl Loth (1632-1698)

 

Johann Carl Loth

Le Martyre de Saint Gérard Sagrado (Gérard de Csanad)

ドイツ生まれ、ベネツィアで活躍したバロックの画家です。

 

Frederik De Moucheron (1633-1686)

 

Frederik De Moucheron

PAYSAGE ROMAIN AVEC SAN STEFANO ROTONDO (1655)

オランダ、バロックの画家です。

フランス、イタリア、オランダの風景を描いていました。

 

Francisque Millet (1642-1679)

 

Francisque Millet

Paysage maritime 

フランス、バロックの画家です。

二コラプッサンから多大な影響を受けています。

 

Gaspar Pieter Verbruggen le Jeune (1664-1730)

 

Gaspar Pieter Verbruggen le Jeune

Vase de fleurs et de fruits

フランドルの画家であり、静物画を中心に描いた。

 

Giuseppe Crespi (1665-1747)

 

Giuseppe Crespi

L’AMOUR VAINQUEUR OU L’INGEGNO (1695/1670)

イタリア、後期バロックの画家です。

 

Jan van Huysum (1682-1749)

 

Jan van Huysum

Bouquet de fleurs

花や果物を中心に描いた、オランダの画家です。

 

Jean-Baptiste Oudry (1686-1755)

 

Jean-Baptiste Oudry

Perroquet

フランス、ロココの画家です。

静物画、主に動物を中心に描いていました。

 

Giandomenico Tiepolo (1727-1804)

 

Giandomenico Tiepolo

LA VIERGE EN GLOIRE AVEC SAINT LAURENT ET À SAINT FRANÇOIS DE PAULE (1775/80)

イタリアの画家です。

 

Nicolas Guy Brenet (1728-1792)

 

Nicolas Guy Brenet

La Continence de Scipion (1788)

フランスの画家です。

 

Georges Michel (1763-1843)

 

Georges Michel

L’Orage (1830)

フランスの風景画家、バルビゾン派の先駆者であった。

 

Georges Michel

Paysage avec moulins à vente (上)

Paysage :Louis CABAT(1812-1893) (下)

 

Alexandre-Evariste Fragonard (1780-1850)

 

Don Juan et la statue du commandeur

Don Juan et la statue du commandeur (1830/35)

フランスの画家です。

 

Jean-Baptiste Camille Corot (1796-1875)

 

Jean-Baptiste Camille Corot

Fraîcheur du matin (1870) (上)

Paysage du Morvan (1855) (下)

フランスを代表する画家であり、主に風景画を中心に肖像画などを描いた。

バルビゾン派の創設者の一人でもあり、後の印象派へ大きな影響を与えた。

 

Eugène Delacroix (1798-1863)

 

Eugène Delacroix

Attila envahissant l’Italie (1851) (上)

Episode de la guerre de 1814 (1870) (下) Théophile Schuler(1821-1878)

フランス、ロマン主義を代表する画家です。

 

Théodore Rousseau (1812-1867)

 

Théodore Rousseau

Le Marais (1850) (上)

Esquisse de paysage (1830) (下)

フランスの風景画家で、バルビゾン派の先駆者の一人です。

 

Antoine Chintreuil (1814-1873)

 

Antoine Chintreuil

Le soleil boit la rosée (1866)

フランス、リアリズムの画家です。

コローの影響を強く受けています。

 

Théodore Chassériau (1819-1856)

 

Théodore Chassériau

Intérieur de harem ou Femme mauresque sortant du bain au sérail(1854)

フランス、ロマン主義、オリエンタリズムの画家です。

 

Une jeune fille cosaque trouve Mazeppa évanoui sur le cheval sauvage

Une jeune fille cosaque trouve Mazeppa évanoui sur le cheval sauvage (1851)

 

Gustave Brion (1824-1877)

 

Gustave Brion

Femme au rosier (1875)

フランスの画家、イラストレーターです。

ヴィクトルユーゴのレミゼラブルの初版のデザインをしたことでも有名です。

 

Hippolyte Pradelles (1824-1913)

 

Hippolyte Pradelles

Paysage des bords de la Garonne

ストラスブール生まれの風景画家です。

 

William Adolphe Bouguereau (1825-1905)

 

William Adolphe Bouguereau

La Vierge consolatrice (1877)

フランス、アカデミズムの画家です。

神話や、女性を中心に描いていました。

 

Jules-Édouard Magy (1827-1878)

 

Jules-Édouard Magy

La Caravane (1863)

フランス、マルセイユの画家です。

 

Jean-Jacques Henner (1829-1905)

 

Jean-Jacques Henner

Le Christ en croix (1890)

フランスの画家です。

パリ、17区にMusée national Jean-Jacques-Henner(美術館)があります。

 

Léon-François Comerre (1850-1916)

 

Léon-François Comerre

Portrait de la femme de l’artiste (1892)

フランス、オリエンタリズムの画家です。

 

まとめ

 

いかがでしたか。

ストラスブール美術館で展示されている作品はここまでの年代になります。

印象派以降は、ストラスブール近現代美術館の方に展示されていますので、ぜひこちらの方も一緒に訪れて見ると、時代の流れが分かると思います。

 

今回の記事が、ストラスブール美術館を訪れる際の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ストラスブール美術館、ルネサンス時代はこちらで詳しくご紹介させて頂いております。

ストラスブール美術館の概要については、こちらで詳しくご紹介させて頂いております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です