オペラ通りから徒歩で行ける パッサージュ Passage Choiseul ケンゾーも出店したことのある話題のスポット

スポンサーリンク
Passage Choiseulパリ

Passage Choiseul(パッサージ・ショワズール)はパリ中心地、オペラ通りから数分の所にあるとてもアクセスの良いパッサージュです。

有名な観光スポットを一通り見たら、ぜひ訪れて欲しい場所です。

メイン通りのパリも素晴らしいですが、昔ながらのパリを味わうなら、パッサージュ散策は外せません。

パリが初めての方でも気軽に立ち寄れますので、ぜひ時間を作って訪れて見てください。

スポンサーリンク

Passage パッサージュ とは

パッサージュとは、簡単に言うと、屋根付きの抜け道、商店街と言ったものになります。

パリで最初に出来たパッサージュは、1784年にパレロワイヤルの再開発時に出来たものと言われています。

詳しくはこちらをご覧ください。

パレ・ロワイヤル パリ 回廊に囲まれた庭園で歴史を感じる Le Palais Royal
パリ1区にある回廊に囲まれた庭園が、パレ・ロワイヤル 。歴史を感じる庭園は、数々の歴史の舞台となった貴重な場所です。現在は、入場料無料で、一般に開放され、近隣には沢山のカフェなどが集まっています。周囲の喧騒...

パレロワイヤルのパッサージュが大好評を得たために、その後パリ市内、特に右岸に沢山のパッサージュが作られることになります。

1791年に出来た、Passage Feydeauがパレロワイヤル以外では最初のパッサージュと言われています。

19世紀には賑わいを見せたパッサージュも、百貨店等の影響により、そのほとんどが消滅し、現在では十数か所を残すのみと言われています。

Passage Choiseul パッサージ・ショワズール

Passage Choiseul パッサージ・ショワズール

住所:6-8 Passage Choiseul, 75002 Paris, フランス

営業時間:月曜日~土曜日 08:00~20:00 

最寄り駅:Quatre-Septembre メトロ3号線

1827年に建設されたPassage Choiseul

長さ190メートルのパッサージュはパリで最も長いパッサージュの一つです。

1970年代にケンゾーのお店が出店して頃は、大勢のお客様で賑わっていたとのことです。

Passage Choiseul

Rue Saint-Augustin側の出入口です。

印象としては質素な感じでした。

Passage Choiseul

少し遅い時間だったので、通路は閑散としています。

でもこの感じ、個人的には悪くありません。

Passage Choiseul

ガラス屋根が延々と続きます。

日中であれば日が差し込み、とても明るい雰囲気になります。

Passage Choiseul

おしゃれな美容室、Salon du Passage

評判の良いお店です。

Salon du Passage

サロン内もシンプルながらおしゃれにまとまっています。

Passage Choiseul

営業しているお店はまばらでしたが、美容室や服飾系、雑貨系のお店など、日常利用出来そうなお店が多く出店している印象です。

Passage Choiseul

美術関連、文房具関連を取り扱うお店、Lavrut

1922年からこの地にある100年営業のお店です。

プロの方はもちろん、一般の方でも楽しめるお店です。

Passage Choiseul

おしゃれなショップもあります。

Passage Choiseul

プティ・シャン通りの出入口は道路工事中でした。

賑やかな通りですので、人の往来は結構あります。

Passage Choiseul

少し歩くとオペラ通り。

オペラ座を遠くに見ることが出来ます。

まとめ

ご紹介させて頂いた、Passage Choiseul(パッサージ・ショワズール)はオペラ通りから簡単にアクセス出来ますので、ぜひお勧めしたい観光スポットです。

今回は少し遅い時間に訪れたために、かなりのお店が閉まっていましたが、日中であれば色んなお店が営業していますので、散策も十分に楽しめると思います。

また、雨の日などで、どこに出かけるか迷われた場合は、パッサージュ巡りがお勧めです。

傘をささずに散策が出来るのもパッサージュの魅力の一つです。

お時間のある方は、前回ご紹介させて頂いた、こちらのパッサージュも合わせて散策されると、さらに楽しみが広がると思います。

パリ9区にあるパッサージュ 3つのパッサージュが連なる絶対訪れたい観光スポット 古き良きパリがここに
パリ観光の隠れた穴場としてお勧めしたいのが、パッサージュ。一度は聞いたことがある名称ですが、実際に訪れて見ると、日本でイメージしていたものとは大分違います。ひとたび足を踏み入れると、19世紀にタイムスリップしたよう...

それぞれのパッサージュに個性があるので、それぞれの違いを感じて見るのも良いかもしれません。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました