ロダン美術館 パリ 美しい庭園と地獄の門を見に行こう 見どころと所要時間 マップ付きで詳しくご紹介

Musée Rodinパリ

 

ロダンの考える人、知らない人はまずいないと言っても過言ではないと思います。

そんな世界的な彫刻を創り出したロダンの美術館がパリの中心地にあります。

ルーブル美術館をはじめとする有名な美術館も良いですが、どうしても沢山の観光客で溢れかえってしまいます。

 

ロダン美術館は比較的空いていて、ゆくりと作品を鑑賞することの出来る美術館です。

また、ロダンの作品だけでなく、ゴッホやルノワールなど有名な画家の絵画や、バラの美しさで有名な庭園も散策することが出来ます。

今回はそんな魅力たっぷりのロダン美術館についてご紹介させて頂きます。

 

 

Musée Rodin ロダン美術館

 

基本情報

 

Musée Rodin ロダン美術館

 

住所:77 Rue de Varenne, 75007 Paris, フランス

営業時間:火曜日~日曜日 10:00~18:30

定休日:月曜日

最寄り駅:Varenne メトロ13号線

 

 

入場料

 

ロダン美術館 チケット

 

大人:12ユーロ

18歳~25歳:9ユーロ

18歳以下:無料

 

その他特別なチケット

Billet jumelé Rodin Paris + musée d’Orsay(オルセー美術館との共通チケット):21ユーロ

パリミュージアムパス利用可

 

歴史

 

1908年から10年間ロダンがアトリエとして使用。

1919年にロダン美術館が開館。

ロダンの作品が展示されている l’hôtel Biron(ホテル・ビロン)は、1732年に完成した建物。

 

1911年に政府がホテルビロンを購入することになったとき、ロダンは自分の作品を政府に寄付する代わりに、美術館として建物を残して欲しいと要請。

ロダンの要請が聞き入れられ、解体されることなく美術館として存続されることになった。

残念ながら美術館の開館前にロダンは亡くなってしまいました。

 

“Je donne à l’Etat toute mon œuvre plâtre, marbre, bronze, pierre, et mes dessins ainsi que la collection d’antiques que j’ai été heureux de réunir pour l’apprentissage et l’éducation des artistes et des travailleurs. Et je demande à l’Etat de garder en l’hôtel Biron qui sera le musée Rodin toutes ces collections, me réservant d’y résider toute ma vie.”

Auguste Rodin – Correspondance de Rodin, tome III, 1908-1912, lettre n° 103 à Paul Escudier, fin 1909

出典:ロダン美術館公式サイト L’HÔTEL BIRON より抜粋

 

所要時間

 

館内はちょうど見やすい大きさです。

彫刻だけではなく、絵画なども展示されていますので飽きることなく見て回ることが出来ます。

 

ロダンの作品は館内だけでなく、庭園にも沢山ありますので、ゆっくり見て回るとかなりの時間を要すると思います。

 

足早に見て回れば、館内40分、庭園30分、全体で1時間30分ほどあれば一通りは見て回れると思います。

但し庭園は広いのでゆっくり作品を見ながら、庭園鑑賞もすると2時間~3時間ほどかかると思います。

(特に過ごしやすい季節、またバラの咲く時期は大変見ごたえのある庭園となりますので、十分に余裕を持って訪れることをお勧めします)

 

館内マップ

 

Musée Rodin

ロダン美術館 map of the musée Rodin より

 

入り口は画像手前の部分になります。

入ってすぐに荷物検査があります。

荷物検査が終わると、右手の建物の中にチケットデスクがあり、ここで購入またはチケットを提示します。

 

最初の建物は主に、エキシビジョンとギフトショップになりますので、最後に見ても良いかもしれません。

 

ロダンの作品が展示されているのは、奥の建物ミュージアム部分と庭園になります。

 

Musée Rodin

ロダン美術館 map of the musée Rodin より

 

こちらはミュージアムのマップになります。

ゴッホを始めとするする絵画があるのは2階になります。

 

見どころ 庭園

 

Musée Rodin

 

手入れの行き届いた庭園も見どころの一つです。

奥に見えるのがミュージアム。

 

Musée Rodin

 

天気の良い日は散策に最適な庭園です。

 

Musée Rodin

 

ミュージアム2階からの景色。

奥に噴水があります。

 

見どころ ミュージアム内部

 

Musée Rodin

 

ミュージアム内のすべてが見どころ満載です。

 

Musée Rodin

 

作品だけでなく、建物自体も鑑賞されることをお勧めします。

 

 

見どころ 作品

 

ロダン美術館には、ロダンの作品以外にも沢山の魅力的な作品が展示されています。

ミュージアムだけでなく、庭園で様々な作品を鑑賞出来るのも、魅力の一つです。

主な作品は以下になります。

 

Auguste Rodin (1840-1917)

 

Auguste Rodin

Le Penseur

 

知らない人はいないはずの作品、考える人

大小様々な作品が世界中にありますが、やはりロダン美術館でまず最初に見なくてはならない作品です。

 

Auguste Rodin

 

こちらもロダンの代表作、地獄の門

この作品の制作に晩年かなりの力を入れていたロダン。

圧巻の作品は一見の価値があります。

 

Vincent Van Gogh (1853 -1890)

 

PÈRE TANGUY

PÈRE TANGUY (1887)

 

ロダン美術館でゴッホの作品が見れるのは嬉しい驚きです。

混雑せずにゆっくり鑑賞できます。

 

その他にも沢山のコレクションが展示してあります。

さらに詳しい展示内容は別記事にてご紹介させて頂いております。

 

ロダン美術館 コレクション カレーの市民 地獄の門 ゴッホ ルノワールまでをご紹介
パリの中心地にあるロダン美術館。 そのコレクションは想像よりもかなり充実しています。 彫刻があまりお好きでない方も、訪れて見るときっとその虜になると思います。 また、印象派を中心に絵画のコレクションも見応えがありま...

 

ギフトショップ

 

先ほどご紹介させて頂いた地図をご覧頂くとわかるのですが、ギフトショップは最初の建物の中にあります。

なお公式サイトでも販売されている商品を見ることが可能です。

購入予定のものがあれば、事前にチェックしておくと時間の短縮になると思います。

Musée Rodin La boutique

 

Musée Rodin

 

出口とギフトショップは同じ方向になります。

 

Musée Rodin

 

スペース的にはかなり広いです。

また、販売されている商品も通常の美術館よりも充実している印象です。

こちらは入って右側、木箱の中にはロダンの代表作が入っています。

120ユーロ前後しますので、お土産に購入するには高いような、、、。

 

Musée Rodin

 

奥に売り場が広がっています。

 

Musée Rodin

 

トートバックやポーチなどの雑貨関連も充実しています。

 

Musée Rodin

 

カウンターには書籍関連が置かれています。

 

Musée Rodin

 

突き当りには、ポストカードが置かれています。

 

Musée Rodin

 

ガラスケースの中には本格的なものも販売されています。

軽く数千ユーロを超えるものもあります。

 

Musée Rodin

 

出口が少しわかりにくいですが、オレンジ色のガラス扉の所です。

出口に置かれているこちらの作品、LE BAISER 85 CM はお値段が34.800ユーロ。

しかしどうやって持って帰ったら良いのでしょうか。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

正直なところ、あまり彫刻に興味がなかったので、期待していなかったのですが、良い意味で期待を裏切られました。

考える人だけでなく、様々な作品を見ていると、いつの間にかすっかり彫刻の魅力に取りつかれてしまいました。

 

皆様の中で、普段あまり彫刻に興味のない方にもぜひ訪れて欲しい美術館です。

 

美術館へは、パリ中心地から簡単にアクセスすることが出来ます。

滞在中に少しでも空き時間がありましたら、訪れて見てください。

きっと訪れて良かったと思って頂けると思います。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました