西洋絵画史 フランス ロココ 人物相関図 ルイ15世による華麗なる美術

フランス ロココ西洋絵画史

今回はフランス、ロココをご紹介させて頂きます。

バロックの反動としてフランスで始まったロココは、ヨーロッパ各地に影響を与えます。

その特徴は、とても華やかで優雅なものでした。

多くの有名な画家が誕生した時代でもありますので、ぜひ人物相関図で画家のつながりを確認してみてください。

スポンサーリンク

ロココとは

名前の由来

rococo(ロココ)とは、フランス語の rocaille(岩や天然石を模した装飾)とポルトガル語のbarroco(貝殻の湾曲した形状)を合わせた造語になります。

誕生の歴史

17世紀のフランスはイタリアやフランドルからマニエリスムバロックの影響を受けて、次第に古典主義へと発展して行きました。

18世紀に入りルイ15世の治世になると、古典主義への反動もあり、より優雅で華やかなスタイルがもてはやされるようになりました。

活動期間

1710年頃~1780年頃までの期間。
主にルイ15世の治世時期になります。

以下のように細かく分類することもあります。

  • 1710~1720:前期
  • 1730~1750:盛期
  • 1760~1780:後期
スポンサーリンク

ロココの特徴

豊かな装飾

パステルカラーを用いた作品が多く描かれるようになりました。

カーブや湾曲、自然な要素が多く取り入れられるようになります。

非対称性。

豊富な装飾品

葉、鳥、花束、果物、楽器などの自然物や、天使、ドラゴン、極東の要素など空想上の物が取り入れられるようになりました。

あらゆる分野

ロココは絵画にとどまらず、彫刻、建築、家具、音楽、ファッションなどの多くの芸術の分野に取り入れられました。

年表

1715年、ルイ14世死去

1715年、ルイ15世国王に就任

1718年~1720年、四カ国同盟戦争

1725年、サロンが開催

1733年~1735年、ポーランド継承戦争、ロレーヌ公国併合

1740年、オーストリア継承戦争

1755年、ナンシーのスタニスラス広場が完成

1756年、七年戦争

1774年、ルイ15世死去

1789年、フランス革命

代表画家

ジャック・アルバート・ジェラン(Jacques-Albert Gérin, 1640-1702)

クロード・ジロー(Claude Gillot, 1673-1722)

ジャン=アントワーヌ・ヴァトー(Jean-Antoine Watteau, 1684-1721)

ピエールジャック・ケイズ(Pierre-Jacques Cazes,1676-1754)

ノエル=ニコラ・コワペル(Noël-Nicolas Coypel, 1690-1734)

シャルル・アントワーヌ・コワペル(Charles-Antoine Coypel, 1694-1752)

ジャン・シメオン・シャルダン(Jean-Baptiste Siméon Chardin,1699-1779)

ジャン・オノレ・フラゴナール(Jean Honoré Fragonard, 1732-1806)

ユベール・ロベール(Hubert Robert, 1733-1808)

シャルル・グランドン(Charles Grandon, 1691-1762)

ジャン=バティスト・グルーズ (Jean-Baptiste Greuze,1725-1805)

ガブリエル=フランソワ・ドワイアン(Gabriel-François Doyen、1726-1806)

エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン(Élisabeth Vigée Le Brun, 1755-1842)

ルイ・ルネ(Louis René Vialy, 1680-1770)

フィリップ・ソーヴァン(Philippe Sauvan, 1697-1792)

クロード・ジョセフ・ヴェルネ( Claude Joseph Vernet、1714-1789)

エイドリアン・マングラード(Adrien Manglard, 1695-1760)

ベルナルディーノ・フェルジョーニ(Bernardino Fergioni, 1674-1738)

ジャン・ジョセフ・カペラー(Jean-Joseph Kapeller, 1706-1790)

フランソワ・ルモワーヌ(François Lemoyne,1688-1737)

ジャンフランソワ・カーズ(Jean-François Cars,1661-1738)

シャルル=ジョゼフ・ナトワール(Charles-Joseph Natoire, 1700-1777)

フランソワ・ブーシェ(François Boucher,1703-1770)

ユベール=フランソワ・グラヴロ(Hubert-FrançoisGravelot,1699-1773)

ジャン=バティスト=マリー・ピエール(Jean-Baptiste Marie Pierre, 1714-1789)

シャルル・アンドレ・ヴァンルー(Charles André van Loo, 1705-1765)

ユーグ・タラヴァル(Hugues Taraval, 1729-1785)

二コラ・ギ・ブルネ(Nicolas Guy Brenet, 1728-1792)

ニコラ・ベルナール・レピシエ(Nicolas-Bernard Lépicié, 1735-1784)

カール・ヴェルネ(Carle Vernet, 1758-1836)

※ 分類が違う場合もあります。

ロココ以外の画家が含まれている場合もあります。

カタカナ表記に関して実際の発音と異なる場合もあります。

人物相関図

西洋絵画史 フランス ロココ 人物相関図

★ご利用の注意点★

上の代表画家の相関図です。

青い矢印は師弟関係を表していますが、実際はその関係がはっきりしていなかったり、ワークショップで働いたことがあるだけであったりします。

情報は英語版、フランス語版ウィキペディアを参考に製作しています。

まとめ

華やかな時代であるロココもルイ15世の死とともに衰退してしまいます。

実際の活動期間は短いですが、様々な影響を色んな分野に与えました。

今回は絵画を中心にご紹介させて頂きましたが、彫刻や建築物(特に内装)、家具などロココ様式の素晴らしい作品が多数ありますので、ご興味のある方は、ぜひ調べてみてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました