西洋絵画史 ルネサンス 人物相関図 Early Renaissance 初期ルネサンス イタリア編

初期ルネサンス西洋絵画史

前回は、Proto-Renaissance(前期ルネサンス)期の人物相関図をご紹介させて頂きました。

西洋絵画史 ルネサンス 人物相関図 ジョットから始まる Proto Renaissance 前期ルネサンス編
美術館巡りをしている時に、ずっと疑問に思っていたこと、分かりにくかったことがあります。それが、芸術家たちのつながりです。有名な画家を調べていると、その作風や題材、技法などは調べられるのですが、この画家はどう...

今回は、Early Renaissance(初期ルネサンス)期、イタリアを中心とする人物相関図をご紹介させて頂きます。

この時期の画家の作品は、ルネサンス期の作品を展示している美術館であれば、必ず展示されています。

ぜひ人物相関図を参照して、鑑賞してみてください。

スポンサーリンク

初期ルネサンス

初期ルネサンスとは、およそ1400年~1495年頃までのことを言います。

この時期は、絵画に関する様々な技術革新があった時期になります。

技術革新

フィリッポ・ブルネレスキによる、透視図法の完成は、ルネサンス最大の発明とも言われています。

1427年には、マサッチオが、透視図法のフレスコ画を初めて製作しました。

また、初期フランドルになりますが、ヤン・ファン・エイクによる油彩技術の確立も大きな功績です。

1460年~1470年頃、ヴェネツィアで帆布を利用したキャンパスが作成されます。

1480年代以降、ダヴィンチなどにより、人体解剖が行わるようになりました。

1480年代以降、キリスト教以外の作品、それまでは禁じられていたとされる、ギリシャ神話などからの題材が描かれるようになりました。

パトロンの登場

北イタリアを中心に、多くの裕福な一族が誕生しました。

フィレンツェのメディチ家を筆頭に、ミラノ、フェッラーラなどの一族が、画家のパトロンとして活動するようになります。

それまでは、教会や王族からの支援が、画家たちの主な収入だったことを考えると、とても大きな変革です。

スポンサーリンク

代表画家

フィリッポ・ブルネレスキ(Filippo Brunelleschi 1377 – 1446)

ロレンツォ・ギベルティ(Lorenzo Ghiberti 1381 – 1455)

ドナテッロ( Donatello、 1386 – 1466)

パオロ・ウッチェロ(Paolo Uccello, 1397-1475)

マソリーノ(Masolino da Panicale, 1383-1440頃)

マサッチオ(Masaccio, 1401-1428)

フィリッポ・リッピ(Fra Filippo Lippi,1406-1469)

アンドレア・デル・カスターニョ(Andrea del Castagno, 1420-1457)

アントニオ・デル・ポッライオーロ(Antonio del Pollaiolo, 1429-1498)

アンドレア・デル・ヴェロッキオ(Andrea del Verrocchio、1435-1488)

ピエロ ポッライオーロ(Piero Pollaiuolo 1441-1496)

サンドロ・ボッティチェッリ(Sandro Botticelli, 1445-1510)

ロレンツォ・ディ・クレディ(Lorenzo di Credi, 1459-1537)

ピエトロ・ペルジーノ(Perugino、1448-1523)

フィリッピーノ・リッピ(Filippino Lippi,1457-1504)

レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci、1452-1519)

ミケランジェロ・ブオナローティ(Michelangelo Buonarroti Simoni、1475-1564)

ラファエロ・サンティ(Raffaello Santi、 1483-1520)

国際ゴシック様式の流れ

ドメニコ・ヴェネツィアーノ(Domenico Veneziano 1410-1461)

ピエロ・デラ・フランチェスカ(Piero della Francesca, 1412-1492)

ジョヴァンニ・サンティ(Giovanni Santi 1435–1494)

アントニアッツォ・ロマーノ(Antoniazzo Romano, 1430頃-1510頃)

メロッツォ・ダ・フォルリ(Melozzo da Forlì, 1438頃-1494)

ギルランダイオ工房

ドメニコ・ギルランダイオ(Domenico Ghirlandaio、1449-1494)

ダヴィデ・ギルランダイオ(Davide Ghirlandaio, 1452-1525)

ベネデット・ギルランダイオ(Benedetto Ghirlandaio, 1458-1497)

リドルフォ・ギルランダイオ(Ridolfo Ghirlandaio, 1483-1561)

ヴェネツィア派(盛期ルネサンスを含む)

ヤーコポ・ベッリーニ(Jacopo Bellini、1400-1470)

ジェンティーレ・ベッリーニ(Gentile Bellini, 1429-1507)

ジョヴァンニ・ベッリーニ (Giovanni Bellini, 1430-1516)

ジョルジョーネ(Giorgione 1477/1478-1510)

ロレンツォ・ロット(Lorenzo Lotto、1480-1556/1557)

ティツィアーノ(Titian 1488/1490-1576)

セバスティアーノ・デル・ピオンボ(Sebastiano del Piombo, 1485-1547)

アンドレア・マンテーニャ(Andrea Mantegna, 1431-1506)

リベラーレ・ダ・ヴェローナ(Liberale da Verona, 1441–1526)

ジョバンニ・フランチェスコ・カロト(Giovanni Francesco Caroto, 1480-1555)

パオロ・ヴェロネーゼ(Paolo Veronese, 1528-1588)

アントネロ・ダ・メッシーナ(Antonello da Messina, 1430-1479)

パドヴァ派

フランチェスコ・スクァルチォーネ(Francesco Squarcione, 1397-1468年)

コズメ・トゥーラ(Cosmè Tura, 1430-1495)

フランチェスコ・デル・コッサ(Francesco del Cossa, 1430-1477)

エルコレ・デ・ロベルティ(Ercole de’ Roberti, 1451頃-1496)

ドイツの画家

ルーカス・クラナッハ(Lucas Cranach the Elder, 1472-1553)

ルーカス・クラナッハ(Lucas Cranach the Younger, 1515-1586)

※ 分類が違う場合もあります。

前期ルネサンス、盛期ルネサンスの画家が含まれている場合もあります。

カタカナ表記に関して実際の発音と異なる場合もあります。

人物相関図

フィレンツェ等

西洋絵画史 ルネサンス 人物相関図初期ルネサンス

ヴェネツィア・パドヴァ

西洋絵画史 ルネサンス 人物相関図 ヴェネツィア

★ご利用の注意点★

上の代表画家の相関図です。

青い矢印は師弟関係を表していますが、実際はその関係がはっきりしていなかったり、ワークショップで働いたことがあるだけであったりします。

情報は英語版、フランス語版ウィキペディアを参考に製作しています。

まとめ 

いかがでしたか。

すでにご存知の画家も多数いたのではないでしょうか。

初期ルネサンスは、技術の発展に伴い、とても素晴らしい作品が多数制作されました。

フィレンツェを中心として花開いたルネサンスも、最大のパトロン、ロレンツォ・デ・メディチ(Lorenzo de’ Medici ,1449-1492)の死と、1494年の第1次イタリア戦争の影響により衰退し、中心地はローマへと移っていきます。

そしてこの時代を引き継ぐのが、ルネサンスの理想美を完成させる、盛期ルネサンスの3大巨匠である、ダヴィンチミケランジェロラファエロになります。

次回はこの3大巨匠が中心となる、盛期ルネサンスについてご紹介させて頂きます。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

なお、西洋美術史の全体像は年表でご紹介させて頂いております。

一目で分かる西洋絵画史 年表で見る時代の流れ 入門編
フランスで美術館巡りをしていると、必ず分からなくなるのが、西洋絵画の美術史です。美術学校などできちんとした歴史を学んだことのある方からすると、いまさら感があるのかもしれませんが、私のような素人には恥ずかしながらルネサンスの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました