ベルギー王立美術館 ルーベンスを堪能 見どころと所要時間 オールドマスターズ 古典美術館

ベルギー 王立美術館パリから日帰り旅行

 

ベルギーブリュッセルにある王立美術館は、オールドマスターズとマルグリット美術館、そして世紀末美術館の3つの美術館からなっています。

特に、オールドマスターズは、ルーベンスの作品が世界一揃っていると言われています。

圧巻の見ごたえですので、ブリュッセル観光では絶対に外せないスポットだと思います。

すべての美術館をみるとかなりの時間を要しますので、観光ルートを計画される際は、十分に注意して考えてください。

 

Musée Oldmasters Museum オールドマスターズ 古典美術館 の基本情報

基本情報 Information

 

Musée Oldmasters Museum オールドマスターズ

住所:Rue de la Régence 3, 1000 Bruxelles, ベルギー

開館時間:火曜日~金曜日 10:00~17:00 土曜日~日曜日 11:00~18:00

休業日:月曜日、その他休館日あり(1月1日、1月第2木曜日 5月1日、11月1日、11月11日、12月25日)

営業時間変更日:12月24日~12月31日(閉館14時)

 

 

入場料 ADMISSION

 

 Collections

マルグリット美術館
Collections
(オールドマスターズと世紀末美術館)
マルグリット美術館
大人(19歳から64歳)151010
シニア(65歳以上)グループ(15名以上)タリス利用者1088
学生(26歳以下)障害のある方533
子供、若者(19歳以下)無料無料無料
オーディオガイド444

 

2019年から料金が上がっているようです。

なお、面白い所では、タリスの利用者は割引価格で入場することが出来る所です。

チケット購入の際に、タリスのチケットを提示するだけでOKです。

 

また、今回はオールドマスターズのみ鑑賞しましたが、マルグリット美術館も合わせてご覧頂く場合は、セットのチケットを購入したほうが、お得です。

 

所要時間

 

今回はオールドマスターズだけですが、広さとしては丁度良い大きさです。

また意外と空いているので、ゆっくり鑑賞するのにはとても適しています。

 

一通り見るだけなら、1時間位あれば十分ですが、とにかく見ごたえのある作品が多いので、最低でも2時間位見ておくと間違いないと思います。

 

もしすべての美術館を巡る場合は、2時間~3時間ほどあれば良いと思います。

 

ベルギー王立美術館の特徴 

 

ベルギー王立美術館は、複数の美術館から構成されています。

チケットの欄でも記載しましたが、主に、オールドマスターズとマルグリット美術館、そして世紀末美術館です。

お時間の許すかたは、すべての美術館を見て回るのがベストですが、時間が限られている場合は、どれかに絞らなくてはならないと思います。

 

Musée Oldmasters Museum オールドマスターズ 古典美術館

 

1801年に、ナポレオンボナパルトによって設立。

美術館の構成は、旧オランダ南部の画家たちによる作品で構成されています。

基本的には、15世紀から18世紀の作品が展示されています。

ルーベンスの大作が展示されていることでも有名です。

 

The Musée Magritte Museum マルグリット美術館

 

名前の通り、ルネ・マルグリットの作品が集められた、世界最大のコレクションが展示されています。

展示されている作品は、世界中の美術館や個人のコレクターの協力を得て、常に新しい作品と入れ替えられています。

何度、訪れても飽きない美術館としても人気が高いです。

シュールレアリスムの代表的な作品ですので、シュールレアリスムに興味のある方には、見逃せない美術館となっています。

 

Musée Fin-de-Siècle Museum 世紀末美術館

 

2013年に出来た新しい美術館です。

こちらも名前の通り、19世紀末の作品が展示されています。

いわゆる、アールヌーボーの作品が多数展示されています。

 

フェルナン・クノップフ、ピエール・ボナール、ジェームズ・アンソールさらにはゴッホやゴーギャンといった有名な画家たちの作品も展示されています。

 

オールドマスターズのお勧め作品

 

Pieter Paul Rubens ルーベンス

 

バロック様式に最も影響を与えたと言われているルーベンス。

キリスト教や古典文学に深い造詣があったことが作品からもみて取れると思います。

アントワープにあった彼の工房ではヨーロッパ全土の貴族たちからの注文を大量に受けていました。

世界中の美術館に彼の作品は展示されていますが、その中でもブリュッセルのオールドマスターズはルーベンスの傑作が一堂に会している美術館であると言われています。

 

聖リビニュスの殉教 ルーベンス

 

ルーベンス ブリュッセル

 

この絵は、キリスト教の聖人リビニュスが殉教する場面が描かれています。

場面としては、結構残酷な場面なのですが、槍を持っている聖リビニュスが盗賊に捕らえられて、舌を抜かれています。

そして、その舌を犬に食べさせるという状況です。

 

聖母被昇天 ルーベンス

 

ルーベンス ブリュッセル

 

聖母マリア様が、肉体と魂を伴って天に挙げられる場面です。

十二使徒が棺を開けてマリア様が天に向かっています。

 

聖母マリアの戴冠 ルーベンス

 

ルーベンス ブリュッセル

 

聖母マリアの戴冠

 

聖母マリア様が、月の上に座り、左にいるイエスと、地球の上にいる主、そして精霊を表す鳩が、月桂樹を授ける様子が描かれています。

 

ルーベンス ブリュッセル

 

館内はこのようにゆったりと鑑賞出来ます。

他の美術館ではなかなか味わえない雰囲気ですので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

バベルの塔 ヨース・デ・モンペル2世

 

ブリュッセル バベルの塔

 

バベルの塔と言えば、ブリューゲルのバベルの塔が有名ですが、この作品もなかなか見ごたえがありました。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

お勧め作品は他にも沢山ありますので、さらに興味のある方は、色々調べて、事前に情報を学んでいくとさらに楽しめると思います。

ブリュッセル中央駅からも近く、周りにも観光名所が揃っていますので、ぜひブリュッセルに来たときは立ち寄ってみてくださいね。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました