リヨン美術館 お勧めの見どころをご紹介 モネだけじゃない魅力が満載の美術館

 

リヨン美術館

 

リヨン美術館はソーヌ川とローヌ川に挟まれた場所にあり、近くには市役所、オペラ座などがあります。

そんなリヨンの中心地にあるリヨン美術館は、外観からは想像も出来ないほど、魅力が詰まった美術館です。

可能な限りお時間をとってゆっくり鑑賞して頂きたいと思います。

 

 

リヨン美術館

 

基本情報

 

リヨン美術館 Musée des Beaux-Arts de Lyon

 

住所:20 Place des Terreaux, 69001 Lyon, フランス

営業時間:水曜日~月曜日 10:00~18:00 金曜日 10:30~18:00 

定休日:火曜日、祝祭日

 

 

 

入場料

 

大人:8ユーロ

18歳~25歳:4ユーロ

18歳以下:無料

 

企画展等は別途費用がかかる場合があります。

 

歴史

 

革命以前は、サンピエール王立修道院として使用されていた。

 

1801年 フランスの15の都市に絵画コレクションを展示するという、Chaptalの法令が施行される。

1803年 上記政令を受け、一般公開される。

1834年 建築家R. Dardel (1796-1871)によって、美術館が拡張される。

1875年~1900年 黄金時代と呼ばれるこの時期は、美術館の更なる拡張と、コレクションの収集が行われました。

1914年 自然史博物館が分離される。

1921年 リヨンに関する歴史は、Gadagne美術館に移される。

1935年 美術学校が分離される。

1990年~1998年 最後の改装が行われる。

 

出典:リヨン美術館200年の歴史 http://www.mba-lyon.fr/mba/sections/fr/musee-beau-art-lyon/histoire-musee/l_abbaye_benedictine

 

 

所要時間

 

館内は外観のイメージよりかなり広いです。

コレクションも古代から現代アートまで様々な作品が展示されています。

 

足早で見ても1時間、普通に見学しても1時間半位はかかると思います。

じっくり見ると2時間以上は必要だと思います。

 

十分に余裕を持って訪れたい美術館です。

 

館内マップ MAP

 

リヨン美術館 館内マップ

リヨン美術館 館内マップ

 

リヨン美術館は、フランス式2階建て(日本式3階建て)になっています。

 

図は地上階になっていて、青い矢印のある所が入り口になります。

 

リヨン美術館

 

写真の奥がテロー広場になっていて、ここで一度、セキュリティチェックを受けて中庭に入ります。

 

リヨン美術館

 

中庭までは、無料で入ることが出来ます。

ベンチもありますので、休憩することも可能です。

 

リヨン美術館

 

中庭を過ぎると美術館入り口になっていて、入館後すぐに右手に進みます。

ここにチケットカウンターがありますので、チケットをお持ちでない方は購入してください。

手荷物を預けるロッカーもありますので、不要な荷物はロッカーに預けておいてください。

 

そして図のオレンジ色の所から見学開始です。

ここは彫刻が展示されています。

 

リヨン美術館 館内マップ

リヨン美術館 館内マップ

 

続いて地上1階(日本式2階)に向かいます。

コの字になっていますので、番号順に、4番から8番まで見学してください。

エジプト文明から、ギリシャ、ローマ、ルネッサンス、現代まで様々なオブジェ等を見ることが出来ます。

 

なお、このフロアには、カフェやギフトショップがあります。

 

リヨン美術館 館内マップ

 

次は地上2階(日本式3階)になります。

こちらも順番通りに見てください。14世紀から現代までの絵画が中心に展示されています。

皆様ご存知の有名画家の作品が展示されているのもこのフロアです。

 

見どころ コレクション

 

リヨン美術館の作品は多数あるのですが、その中でも代表的な作品は以下になります。

出典:リヨン美術館コレクション http://www.mba-lyon.fr/mba/sections/fr/collections-musee/chefs-oeuvre/plan1988/plan_chefs_d_oeuvre

 

Pérugin (Pietro Vannucci, dit il Perugino) ペルジーノ 1448-1523

 

L'Ascension du Christ

 

L’Ascension du Christ キリストの昇天

 

ルネサンス画家であるペルジーノの作品です。

1495年に教会の祭壇画を3年かけて製作した作品と言われています。

本来は15の部分から構成されていたものですが、現存するのは、この2枚のみとなっています。

 

 

Véronèse (Paolo Caliari, dit) ヴェロネーゼ(パオロ・カリアリ) 1528-1588

 

バテシバの水浴

 

Bethsabée au bain バテシバの水浴 (1575)

 

 

ルネサンス後期のヴェネツィアを代表する画家として評価されています。

 

Nicolas Poussin ニコラ・プッサン 1594-1665

 

エジプト逃避

 

La Fuite en Égypte エジプト逃避

 

2004年に国宝に指定された作品です。

 

Pierre-Paul Rubens ピエール・パウル・ルーベンス 1577-1640

 

東方三博士の礼拝

 

L’Adoration des mages 東方三博士の礼拝 (1617~1618)

 

 

Antoine Berjon アントワーヌ・ベルジョン 1754-1843

 

Antoine Berjon

 

Fruits et fleurs dans une corbeille d’osier  柳細工の篭に入った果実と花  (1810)

 

リヨンの画家ベルジョンの美しい作品です。

 

Louis Janmot ルイ・ジャンモ 1814-1892

 

魂の詩 – 理想

 

Le Poème de l’âme – L’idéal 魂の詩 – 理想  (1853~1855)

 

Poème de l’âme という18点の連作の最後から2番目の作品です。

神秘主義の基礎となった作品です。

 

Claude Monet クロード・モネ 1840-1926

 

エトルタの荒海

 

Mer agitée à Étretat エトルタの荒海 (1883)

 

ホテルの窓から捉えた海辺の眺めです。

 

 

 

Paul Gauguin ポール・ゴーギャン 1848-1903

 

ナヴェ・ナヴェ・マハナ

 

Nave Nave Mahana ナヴェ・ナヴェ・マハナ (1896)

 

Nave Nave Mahanaはマオリ語で「かぐわしき日々」という意味です。

 

 

Pierre Bonnard ピエール・ボナール 1867-1947

 

Pierre Bonnard

 

Fleurs sur une cheminée au Cannet ル・カネの家の暖炉上の花 (1927)

 

コントラストを生かし、独特の構図で描かれたボナールらしい作品です。

 

 

 

Francis Bacon フランシス・ベーコン 1909-1992

 

Francis Bacon

 

Etude pour une corrida n° 2 闘牛のための習作 №2 (1969)

 

 

Edgar Degas  エドガー・ドガ  1834-1917

 

Edgar Degas

 

Le Café-concert des Ambassadeurs カフェ・コンセール、レ・ザンバサドゥール (1876-77)

 

ドガのパステル画の中でも最も有名な作品の一つ。

 

Auguste Rodin オーギュスト・ロダン (1840-1917)

 

聖アントニウスの誘惑

 

聖アントニウスは、心を惑わす女たちの幻想に取りつかれていたそうです。

 

聖アントニウスの誘惑

 

大理石に彫刻された、美しい躍動感は見事な出来栄えです。

 

カフェ & レストラン Les Terrasses Saint-Pierre

 

Les Terrasses Saint-Pierre

 

リヨン美術館の1階(日本式2階)には、カフェ&レストランがあります。

 

Raoul Dufy

 

座席はちょっと淋しい感じがしますが、壁には、Raoul Dufy の絵画が飾られています。

 

リヨン美術館

 

 

夏の時期は、テラスで食事することも可能です。

 

料金は、アントレ 9ユーロ~ メイン 16ユーロ~ デザート 6ユーロ~ 位になります。

セットで頼むと22ユーロ~になり、割安になります。

 

営業時間:10:00~17:30

定休日:火曜日、祝日

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

訪問前は、それほど期待していなかったのですが、良い意味で期待を裏切られました。

 

最初の彫刻の部屋からかなり見ごたえがあり、その後、エジプト文明から、ギリシャ、ローマと続く様々な年代の作品が続きます。

さらに、最上階では数々の有名画家の絵画を見ることが出来ますので、満足度はかなり高いと思います。

 

リヨンを訪れた際は、必ず立ち寄って欲しい観光スポットです。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

パリからリヨンまでの日帰り旅行については、こちらで詳しくご紹介させて頂いております。

ぜひ合わせてご覧になられてください。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です