イヴ サンローラン美術館 Musée Yves Saint Laurent Paris パリの新名所で限定グッズを手に入れよう

 

イヴ サンローラン美術館

 

イヴ サンローラン美術館は2017年にパリにオープンした新しい美術館です。

美術館という文字が付いていると有名な絵画が並んでいるような印象を受けますが、実際は20世紀を代表するデザイナー、イヴ サンローラン氏の様々な作品や軌跡が展示されています。

モードの帝王と呼ばれた氏の魅力が詰まった美術館ですので、ファッションに興味のある方には、ぜひ訪れて見てください。

また、ブティックでは、美術館限定のトートバッグなどが販売されていますので、お土産にもとても喜ばれると思います。

 

 

 

Musée Yves Saint Laurent Paris

 

基本情報

 

Musée Yves Saint Laurent Paris イヴ サンローラン美術館

 

住所:5 Avenue Marceau, 75116 Paris, フランス

営業時間:火曜日~日曜日 11:00~18:00 金曜日のみ21:00

定休日:月曜日

最寄り駅:Alma-Marceau 9号線

 

 

 

入場料

 

大人:10ユーロ

10歳~18歳 または学生、教師:7ユーロ

10歳未満、ファッション学校、美術学校の生徒など、その他規定有り:無料

 

割引を受ける際は、証明書等が必要になる場合があります。

該当される方は、事前に準備しておきましょう。

 

 

所要時間

 

館内は想像していたより小さめです。

作品の細かいデティール等に興味があるようなファッション関連の方は別として、一般の方であれば1時間もあれば見終わってしまうと思います。

 

 

見どころ

 

2017年にオープンしたイヴ サンローラン美術館 。

彼が残した様々な作品と、その作品たちを生み出したアトリエを見学することが出来ます。

 

 

外観

 

イヴ サンローラン美術館

 

マルソー通りに面した建物は、外観よりすぐに、イヴ サンローラン美術館 だと分かります。

 

イヴ サンローラン美術館

 

サンローラン氏の代表的な作品がポスターとなって飾られています。

(滞在中、何とこの服を着てらっしゃる方にお会いしました)

 

イヴ サンローラン美術館

 

実際の入り口は、建物に書かれていますが、レオンス・レイノー通りにあります。

 

イヴ サンローラン美術館

 

入り口は割と小さめです。

基本的にスタッフが立っていますので、すぐにわかると思います。

(写真撮影時は、中に隠れてくれました)

 

全体的な印象は、特に特徴のない建物です。

(日本人から見ると素敵なのですが、パリの中ではごく普通にある建物です)

美術館らしさは特にないので、外観の見どころはあまりないと思います。

 

 

館内

 

イヴ サンローラン美術館

 

館内へのアクセスは、階段を上がって2階に向かいます。

(フランス式1階)

受付がありますので、チケットがない方はここで購入します。

インターネットで予約した方はチケットを見せればOKです。

 

イヴ サンローラン美術館

 

受付左に部屋があり、ここもサンローラン氏の作品を見ることが出来ます。

スケッチ画がメインになっています。

 

イヴ サンローラン美術館

 

奥に広々とした部屋があります。

部屋はここで行き止まりです。

 

イヴ サンローラン美術館

 

外のウィンドウに飾られていた作品のスケッチがありました。

 

イヴ サンローラン美術館

 

若かりし頃のサンローラン氏を見ることが出来ます。

 

イヴ サンローラン美術館

 

シンプソンズとのコラボもありました。

 

 

次は、受付右手からメインの部屋に入って行きます。

 

イヴ サンローラン美術館

 

今度はネオンに彩られた作品が並んでいます。

 

イヴ サンローラン美術館

 

オートクチュールで作られた作品が並びます。

 

イヴ サンローラン美術館

 

色の組み合わせでまた違った表情を見せる作品たちです。

 

ここを過ぎると階段でさらに上へ進みます。

結構順路が難しい感じです。

 

イヴ サンローラン美術館

 

華やかなドレスやゴージャスなコートなどが並びます。

 

イヴ サンローラン美術館

 

壁にはうっとりするようなアクセサリーが飾られています。

 

イヴ サンローラン美術館

 

これもかなり迫力のある作品です。

 

さらに奥に進むとサンローラン氏のアトリエを見ることが出来ます。

 

 

イヴ サンローラン美術館

 

実際に使用していたアトリエだけあって臨場感があります。

 

イヴ サンローラン美術館

 

つい先ほどまでここで作品を作っていたかのような感じです。

 

館内はここで行き止まりになります。

後は来た道を戻り、まだ見ていない作品を見学することになります。

 

イヴ サンローラン美術館

 

階段を降りると、イヴ サンローラン氏の実際のコレクションの映像が流されています。

 

イヴ サンローラン美術館

 

最後の部屋は両サイドにジュエリーが展示された圧巻の部屋です。

なお、分かりにくいのですが、この先右側が出口になります。

 

イヴ サンローラン美術館

 

一つ一つが個性があり、どれも魅力的です。

 

イヴ サンローラン美術館

 

イヴ サンローラン美術館

 

アクセサリーやジュエリーの興味のある方は、これらの作品を近くで見ることが出来るだけで、来館する価値はあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

ギフトショップ

 

出口の手前にギフトショップがあります。

 

イヴ サンローラン美術館

 

メインは服飾系の本や、ポストカードなどになっています。

 

イヴ サンローラン美術館

 

 

また、何と言ってもここでしか入手出来ない、サンローラン美術館限定のトートバッグ。

お土産に買って帰ったら、みんなに喜ばれました。

 

お菓子はありがちだと思わる方は、こういった限定グッズも場所も取らないのでお勧めです。

 

なお、ギフトショップのみの利用は出来ないので注意してください。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

パリで話題の新スポット、イヴ サンローラン美術館。

全体的な印象は、正直ちょっと物足りない感じがしました。

これは表現が難しいのですが、視覚的に楽しむというよりは、ある程度の服飾の知識がある方が楽しめる美術館という印象です。

一般の方向けというよりは、服飾系で働いている方や、勉強されている方に適しているのではないでしょうか。

 

私もファッションは大好きなのですが、それでもちょっと専門的な美術館という印象です。

 

滞在中にお時間に余裕のある方や、パリに来るのが何度目かの方にお勧めする美術館です。

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です