Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダール 日本に出店して欲しい人気店 パリのパン屋 9区

Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダールパリ

 

9区の美味しいパン屋さん激戦区にある、セバスチャン・ゴダール。

おしゃれな外観と美味しいパンは、地元の人のみならず、沢山の観光客で賑わっています。

この通りは、パン屋さんを始めとして、沢山のお店で賑わっている地域です。

街の雰囲気も昔のパリを彷彿とさせるものがありますので、ぜひお時間のある方には足を運んで欲しい場所です。

 

Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダール

 

基本情報

 

Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダール

住所:22 Rue des Martyrs, 75009 Paris, フランス

営業時間:月曜日~金曜日 10:00~20:00 土曜日 09:00~20:00  日曜日 09:00~19:00

休業日:なし

最寄り駅:Notre-Dame-de-Lorette 12号線   Saint-Georges 12号線

 

 

Sébastien Gaudardの歴史と特徴

 

歴史

 

PâtisserieVergneで働いたあと、22歳で、MatignonでPierre Bérégovoy首相のペストリーシェフ、そしてEdouard Balladur氏のシェフとして働く。

この経験を買われて、Fauchonでピエールエルメの下で、シェフとして働いたあと、チーフシェフとして5年間を過ごす。

ボンマルシェでDélicabarを監修。

2011年11月 自身の名を冠した、Sébastien GaudardをMartyrsにオープン。

 

特徴

 

Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダールの特徴は、基本的にシンプルです。

伝統的な商品を、奇をてらうことなく、現代の味に再現しています。

そのため、どの商品も、見た目はシンプルながら、とても美味しいです。

 

まず、お店の外観からして、期待させられます。

 

Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダール

Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダール

 

レトロな感じもしますし、現代的なポップな感じもします。

グリーンを基調とした外観も雰囲気がありますね。

 

Sébastien Gaudard

 

店内も白を基調として、高級感があり、清潔感があります。

商品もとても見やすくレイアウトされています。

 

Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダール

Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダール

 

焼き菓子の棚も、とても綺麗に陳列されています。

一つ一つの商品がとても見やすく感じます。

 

Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダール

 

エクレアに、キウイのタルト。

そして、マカロン。

 

実は、パリでパン屋めぐり、スイーツ巡りにハマるきっかけとなったのが、このエクレア。

食べた瞬間に、本当に驚きました。

一体、日本で食べていたエクレアとは何だったのか!!

と衝撃を覚えたことを今でも覚えています。

マカロンも、それまで食べていたものとは全くの別物で、こちらも驚きました。

 

ずいぶん、昔のことですが、それまで、何度もパリに来ていたのに、スイーツには全く興味がありませんでした。

ところが、美味しいパン屋があると聞いて、何となく立ち寄ったのが、ここ、Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダール でした。

それ以来、毎年、美味しいパン屋、ケーキ屋さんがあると聞けば、パリ市内、どこでも行くようにしています。

 

Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダールは、スイーツ以外も、Figaro(フィガロ)誌にパリナンバー1クロワッサンに選ばれたことがあるほど、パン類もとても美味しいです。

 

当時は、雑誌等で話題になっていたので、1回目にお店に行ったときは、クロワッサンが売り切れていたほどの人気でした。

 

Sébastien Gaudard

 

こちらが数年後の2019年に行ったときに購入したクロワッサン。

残念ながら現在は、昔に比べると少し味が落ちている気がします。

 

Sébastien Gaudard

 

マカロンは変わらずクオリティを保っています。

 

Sébastien Gaudard

 

エクレアやデザート類も変わらぬクオリティです。

商品のタグもレトロ感があっていい感じです。

デザート類は訪れる時間によっては、かなり品薄になっていることも多々ありますので、初めて訪れる際は、早めの時間に訪れてみてください。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

全体的な評価は5段階で以下の通りです。

 

Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダール

味:☆☆☆☆☆

外観:☆☆☆☆☆

内観:☆☆☆☆☆

価格:☆☆☆☆☆

スタッフ:☆☆☆★★

購入しやすさ:☆☆☆☆★

場所:☆☆☆★★

 

という感じです。

味に関しては、当時の記憶では文句なしの味でした。

ただ、最近、味が落ちたとの情報も、散見していますので、次回、再訪したいと思います。

 

外観、内観ともに、文句なしの☆5つ。

 

周りのお店からは、少し浮いていますが、とにかく個人的に大好きな雰囲気です。

また、内観の商品の見やすさや、清潔感はとても好印象でした。

 

価格も、以前はお手頃価格でした。

現在はチュイルリーにも新店舗がオープンしたりしているので、変わっているかもしれませんが、こちらも次回、再チェックしてきます。

 

スタッフは特に印象に残っていないので、普通の☆3つです。

 

購入のしやすさは、商品は見やすいのですが、とても混んでいたので、☆4つにしました。

次回、少し空いているといいのですが、、、。

 

場所は、中心部から遠くはなく、悪くはないのですが、特に観光地があるわけでもないので、Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダールを目指してこないと、通常の観光で来る場所ではありません。

 

また、少し治安の悪い地域に入ってきますので、訪れる際は、身の回りのものに注意して歩いてください。

 

とにかく、パン好き、スイーツ好きには、1度は訪れて欲しいお店です。

 

2019年に再訪

 

Sébastien Gaudard セバスチャン・ゴダール

味:☆☆☆★★

外観:☆☆☆☆☆

内観:☆☆☆☆☆

価格:☆☆☆☆☆

スタッフ:☆☆☆★★

購入しやすさ:☆☆☆☆★

場所:☆☆☆★★

 

全体的な評価はあまり変わらないのですが、味は少し落ちているのか、他のお店のレベルが上がっているのか良く分かりませんが、昔のようなスペシャル感はなくなってしまった感じです。

 

スイーツ類は変わらぬクオリティを保っているのですが、パン類が普通のお店になってしまった気がします。

美味しいと言われたクロワッサンも味の秘密がわかってしまうと、少し残念でした。

 

但し、私自身が、いろんなクロワッサンを食べ過ぎて味覚が変わってしまっている部分もあるので、ぜひ皆様一度来店してご自身で確かめてみてくださいね。

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

パリの最新パン屋ランキングを公開しています。

今回ご紹介させて頂いたお店は何位なのか?

ぜひ合わせてチェックしてくださいね。

絶対行きたくなる パリ パン屋ランキング 話題のパン屋をご紹介 2020 最新版
パリに行く楽しみの一つがパン屋めぐりです。 何年もかけて様々なお店を周っていますが、あまりに沢山のパン屋さんを訪れていると、どこのパン屋さんが美味しかったのかつい忘れてしまいます。 そんな物忘れが多い私が、次回以降訪れる際の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました