Pain Pain パン パン モンマルトルの丘にあるオシャレで可愛いパン屋さん 2012年バゲットコンクール1位の実力派

Pain Pain パン パン

 

painpain

 

基本情報

 

Pain Pain パン パン

 

住所:88 Rue des Martyrs, 75018 Paris, フランス

営業時間:火曜日~土曜日 07:00~20:00 日曜日 07:30~19:30

休業日:月曜日

最寄り駅:Abbesses 12号線   Pigalle 2,12号線 

 

 

 

 

Pain Pain パン パン の特徴

 

 

2012年にパリ、バゲットコンクールで優勝した Sébastien Mauvieux が手掛けるお店。

バゲットだけでなく、シュケットも雑誌「フィガロ」がパリで一番美味しいと認めたお店です。

 

素材にも大変こだわりがあり、小麦粉はMoulins Bourgeois社のものを使用。

バターはAOC Charentes-Poitou か ノルマンディー産を使用。

そしてチョコレートはヴァローナのものを使用しています。

 

painpain

 

ピガール駅方面から来るとモンマルトルにあるだけに、やはり上り坂になります。

歩くのが面倒な方は、Abbesses駅から来るのが良いかも知れません。

 

 

Pain Pain

 

お店の作りがおしゃれで可愛いことでも有名です。

ブルーを基調としたお店は通りからも目を引きます。

 

Pain Pain

 

商品のパッケージもとても上手です。

 

Pain Pain

 

ちょっとした箱も他には見ない可愛さとセンスを感じます。

この箱で、エクレアやケーキをもらったら嬉しいですね。

 

painpain

 

パンの包み方もおしゃれ。

ここまでくると何でもオシャレに見えてきます。

 

Pain Pain パン パン のメニュー

 

 

painpain

 

ディスプレイの方法も他のお店とはちょっと違いますね。

何だか不思議な感じです。

 

painpain

 

ケーキ類のディスプレイもおしゃれです。

値段も良心的で思わず買いたくなります。

 

painpain

 

定番のマカロンも気軽に食べられます。

変に気取ってないところが好印象。

 

painpain

 

 

クロワッサンもとっても美味しかったです。

 

painpain

 

中の生地の色合いもきちんとバターを感じられます。

パリの美味しいクロワッサンが手軽に食べられます。

 

painpain

 

エクレアも最初は不安でしたが、食べて見るとこちらも美味しかったです。

 

painpain

 

ピスタチオのエクレア。

他のお店と比べてもとても美味しい仕上がりです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

全体的な評価は5段階で以下の通りです。

 

Pain Pain パンパン

味:☆☆☆☆☆

外観:☆☆☆☆★

内観:☆☆☆☆☆

価格:☆☆☆☆☆

スタッフ:☆☆☆☆☆

購入しやすさ:☆☆☆☆☆

場所:☆☆☆☆★

 

という感じです。

 

結果的にはかなりの高評価です。

 

最初に見たときは、店内の色合いやポップな感じが見かけだおしのお店かなと思ったりしたのですが、かなりの実力派です。

 

味は文句なしの☆5つ。

次回は、バゲットやケーキもトライしたくなりました。

 

外観は悪くないのですが、写真にもあるように道路標識がかなり邪魔ですね。

安全のためには仕方ないのですが、、、、。

内観はポップでとてもおしゃれです。

壁紙までもこだわりがあって、とても楽しいお店です。

特に女性には評判が良いようです。

 

価格も抑え目になっています。

地域の人に喜んでもらえるような価格設定になっているようです。

 

スタッフもとても感じの良い方が多かったです。

シェフの奥様も店舗にいらっしゃるとか。

チェーン店になっていないところが良いのかもしれません。

 

お店は混雑していますが、商品は購入しやすいと思います。

パンの種類もそれほど多くはないので、気になる商品を選びやすいと思います。

 

場所も旅行者でも行きやすい場所になっています。

一番良いのは、サクレクール寺院の観光ついでに立ち寄るのが良いのではないでしょうか?

メトロもアクセスしやすいと思いますので、ぜひ立ち寄って見てくださいね。

 

パリ観光でオシャレで楽しくて、そして美味しいというわがままを叶えてくれるのが、ここPainPain 。

ぜひ、パリに来たら時間を作ってでも訪れて欲しいお店です。

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です