セーヴル陶磁器美術館 コレクション 世界の陶磁器の歴史を学ぼう

セーブル美術館パリ

今回は、セーブル陶磁器美術館の1階(フランス式地上階)にある、世界の陶磁器が展示されている部屋をご紹介させて頂きます。

展示されている作品は全体としてはかなりの数になりますが、年代ごとにはそれほど多くないので、かえって分かりやすいと思います。

世界の陶磁器の流れを見ることが出来るのは、意外と他の美術館では難しいので、ぜひこの機会に堪能して頂きたいと思います。

スポンサーリンク

Rez de chaussée 1階

セーヴル陶磁器美術館

アナトリア、紀元前1世紀~2世紀

セーヴル陶磁器美術館

アナトリア、紀元前1世紀~2世紀

セーヴル陶磁器美術館

エジプト 新王国時代~ローマ時代 紀元前16世紀~紀元前1世紀

セーヴル陶磁器美術館

イタリア 紀元前8世紀~4世紀

セーヴル陶磁器美術館

ギリシャ時代 紀元前7世紀~紀元前2世紀

セーヴル陶磁器美術館

イスラム陶器の誕生 9世紀~12世紀 (イラン、イラク)

セーヴル陶磁器美術館

イラン 12世紀

セーヴル陶磁器美術館

現代イラン 16世紀~19世紀

セーヴル陶磁器美術館

エジプト、シリア 13世紀~15世紀

セーヴル陶磁器美術館

イラン、セラミックと建築 13世紀~15世紀

セーヴル陶磁器美術館

イズニック 15世紀後半~17世紀

花の模様が描かれているのが特徴です。

セーヴル陶磁器美術館

スペイン 1400~1450

セーヴル陶磁器美術館

スペイン 1450~1500

セーヴル陶磁器美術館

イタリア メディチ家の収集品

セーヴル陶磁器美術館

フランス、南オランダ La majolique en Europe

セーヴル陶磁器美術館

マヨリカ年表 15世紀後半~17世紀初頭

セーヴル陶磁器美術館

フランス、コートヤードセラミック UNE CÉRAMIQUE DE COUR

セーヴル陶磁器美術館

フランス、Bernard Palissy(1510-1590)

セーヴル陶磁器美術館

フランス、Le grès du quotidien a l’appart

セーヴル陶磁器美術館

フランス、La terre vernissée 伝統と革新の間に

セーヴル陶磁器美術館

Saint-Porchaire (地名) 1540~1560頃

セーヴル陶磁器美術館

ALLEMAGNE :Décors savants, usage populaires (ドイツ)

セーヴル陶磁器美術館

イタリア マヨリカの歴史

セーヴル陶磁器美術館

イタリア、Faïences lustrées  1500-1550

セーヴル陶磁器美術館

イタリア、FORMES et DECORS

セーヴル陶磁器美術館

イタリア、現代  L’époque moderne

セーヴル陶磁器美術館

イタリア、Terre vernissées

セーヴル陶磁器美術館

イタリア、Entre épices et pharmacie

セーヴル陶磁器美術館

イタリア、Vaisselle d’amour

セーヴル陶磁器美術館

Porte CANDÉLABRE

セーヴル陶磁器美術館

Vierge à l’enfant  Giovanni della Robbia (1469–1529)

セーヴル陶磁器美術館

Épi de faîtage (両サイド)

Vierge à l’enfant(中央)

セーヴル陶磁器美術館

AMÉRINDIENS DE GUYANE (ギニア)

セーヴル陶磁器美術館

MÉTISSAGE EN AMÉRIQUE DU SUD (南米)

セーヴル陶磁器美術館

UN CENTRE CÉRÉMONIEL ET FUNÉRAIRE MESO-AMERICAN : L’ISLA DE SACRIFICIOS

セーヴル陶磁器美術館
セーヴル陶磁器美術館

JARRE

セーヴル陶磁器美術館

LES ANDES , DES NASCA AUX INCA (インカのアンデスとナスカ)

セーヴル陶磁器美術館

フィレンツェ 1520年ごろ

セーヴル陶磁器美術館

日本 茶器

セーヴル陶磁器美術館

日本 茶器

セーヴル陶磁器美術館

日本 茶器

セーヴル陶磁器美術館

日本 

セーヴル陶磁器美術館

CORÉE

セーヴル陶磁器美術館
セーヴル陶磁器美術館

日本

セーヴル陶磁器美術館

スペイン、イタリア、14~15世紀

セーヴル陶磁器美術館

フランス、14世紀

セーヴル陶磁器美術館

フランス、13世紀

セーヴル陶磁器美術館

ガロ・ローマ、カロリング帝国 (紀元前1世紀~10世紀)

セーヴル陶磁器美術館

ビザンチン帝国 (9世紀~15世紀)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

2階のセーブル焼の圧倒的な量とは違い、それぞれの年代でバランス良く展示されているので、実際に現地で見て周っても、とても分かりやすくなっています。

また意外と見学に時間はかからないと思いますので、訪れた際はぜひ立ち寄って見てください。

セーヴル陶磁器美術館への行き方等については、こちらで詳しくご紹介させて頂いております。

セーヴル陶磁器美術館 パリの外れでフランスの陶磁器の歴史を感じる 見どころと行き方 所要時間
パリ郊外、セーヌ川の先に、フランスはもとより、世界中の陶磁器を集めた美術館があります。それが、セーヴル陶器美術館です。名前の通り、セーヴル焼の作品が中心となっており、特有のロココ様式の作品が所狭しと陳列されています...

2階のセーブル焼の作品については、こちらで詳しくご紹介させて頂いております。

セーヴル陶磁器美術館 コレクション 17世紀から現代に至るまで ピカソを始め セーブル焼の歴史を堪能
今回は、セーブル陶磁器美術館の、2階(フランス式1階)についてご紹介させて頂きます。素晴らしい作品が驚くほど沢山展示されていて、その素晴らしさはもちろん、量にも圧倒されます。作品名を一つずつ記載すると大変なのと、作...

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました