Carl Marletti カール マルレッティ で人気のミルフィーユとエクレアを パリのスイーツ 5区

パリ パン屋パリ

パリ5区にある人気のケーキ屋さん、Carl Marletti カール マルレッティ

それほど大きなお店ではないですが、いつ訪れても色とりどりのケーキに心惹かれます。

最近流行りのスイーツショップではなく、古き良き雰囲気のある正統派のケーキ屋さんです。

メインの観光地から少し離れますが、美味しいパン屋さんなどが集まるエリアですので、スイーツ好きにはぜひ一度訪れて欲しいお店です。

スポンサーリンク

Carl Marletti カール マルレッティ

基本情報

Carl Marletti カール マルレッティ

住所:51 Rue Censier, 75005 Paris, フランス

営業時間:火曜日~土曜日 10:00~20:00 日曜日 10:00~13:30

休業日:月曜日

最寄り駅:Censier-Daubenton 7号線   

スポンサーリンク

Carl Marletti の歴史と特徴

歴史

1992年 le Grand Hôtel Intercontinental de Paris と Café de la Paix にてパティスリーシェフとして活躍していました。

2007年12月1日 パリ5区の中心地にCarl Marlettiをオープン。

特徴

Carl Marletti

様々な賞を受賞したり、メディアでも常に取り上げられているCarl Marlettiですが、お店はとてもこじんまりとしています。

良く見て探しながら歩かないと、つい通り過ぎてしまうかもしれません。

Carl Marletti

お店に入るとカラフルなケーキが沢山並んでいます。

どれを購入したら良いか、かなり迷います。

何度か訪れたことがある方や、パリに住んでいる方は別として、初めて訪れる方にお勧めしたいのがこちら。

Carl Marletti

それは、ミルフィーユ

雑誌 Figaro でパリナンバー1のミルフィーユと評されたケーキです。

Carl Marletti

Les meilleurs millefeuilles de Paris

サクッとした食感がたまらないミルフィーユです。

パリのケーキ屋さんでは必ずと言ってほど置いてある定番のケーキですが、定番のケーキが美味しくないとその他のケーキが食べられないですからね。

そして Carl Marletti で一番お勧めしたいのが、こちら。

Carl Marletti

Carl Marletti

マドレーヌやクッキーといった焼き菓子がとてもレベルが高いのです。

こちらですと日本に持って帰って食べられますから、パリ気分を少し長く味わうことが出来ます。

デパートで買うくらいなら、絶対にCarl Marlettiがお勧めです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

全体的な評価は5段階で以下の通りです。

Carl Marletti カール マルレッティ

味:☆☆☆☆★

外観:☆☆☆★★

内観:☆☆☆★★

価格:☆☆☆☆★

スタッフ:☆☆☆★★

購入しやすさ:☆☆☆★★

場所:☆☆★★★

という感じです。

焼き菓子は間違いなく☆5つですが、ミルフィーユ、エクレアは想像していたほどではなかった気がします。

事前にFigaroでミルフィーユナンバー1という先入観が邪魔した感もありますが、、、、。

総合的には☆5つに近い☆4つです。

外観、内観は特別おしゃれなわけでもなく、ごく普通のパティスリーだと思います。

価格はややお手頃な設定だと思います。

安いという訳ではないと思いますが、トータルで考えると妥当だと思います。

スタッフはごく普通だったような気がします。

購入のしやすさも、可もなく不可もない感じでした。

場所は、ちょっと微妙です。

近所で観光出来るような場所は、自然史博物館くらいなので、自然史博物館に興味がある人以外は、なかなか訪れない場所です。

初めてパリを訪れる方には少し難易度が高い場所かも知れません。

パリでミルフィーユを食べる際の一つの基準になるのが、ここCarl Marletti カール マルレッティのミルフィーユだと思っています。

中心地から少し距離がありますが、お時間が作れる方は、ぜひ訪れてみてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました