最新版 フランス 最強 sim はどっち フリーモバイル と Orange Holiday 徹底比較 設定 契約 完全ガイド

Free Center Paris

 

フリーモバイル フランス

 

フリーセンター パリ Free Center Paris

住所:8 Rue de la Ville-l’Évêque, 75008 Paris, フランス

開館時間:月曜日~土曜日 09:00 am – 19:30 pm 

休館日:日曜日

最寄り駅:Madeleine    8、12、14番線

 

 

 

free mobile とは

 

free mobile (フリーモバイル)とは2012年からサービスを始めたフランス第4の携帯通信事業者です。

それまで、フランスには ORANGE(オランジュ)、SFR(エスエフエール)、Bouygues(ブイグ)の3社のみだった市場に、定額、大容量通信を唄い文句に、参入したのが free mobile です。

(日本で言えば、ドコモ、au、softbankに対抗する会社が現れたような感じです)

 

開業当初は通信速度等に不安定な所があったようですが、現在はかなり改善されていて、実際に利用した感じだと通常使用では十分過ぎるほどだと思います。

 

free mobile を使用する前は、オペラのそばにあるOrangeやSFRでプリペイド携帯等を購入していたことを考えると、本当に便利になりました。

 

free mobile と Orange Holidayの比較

 

フランスでは当然、free mobile 以外の3社もsimカードを販売しています。

今回はその中でも、旅行者が利用しやすい orange の sim と比較してみましょう。

(他の2社のカードは、一般の旅行者にとっては除外しても良いと思います。)

 

free mobile フリーモバイル

 

基本情報

 

freemobiletop

free mobile 

 

 

価格

2ユーロ

(simカード代10ユーロ必要)

8.99ユーロ

(simカード代10ユーロ必要)

19.99ユーロ

(simカード代10ユーロ必要)

通話 2時間 無制限 無制限
データ量 50MB 50GB 100GB
通信速度 4G 4G 4G
有効期限 1か月~ 1か月~ 1か月~

 

 

free mobile で契約出来るプランは基本的には、画像にある3つのプラン、月、2ユーロ、8.99ユーロ、19.99ユーロの3通りです。

利用期間が1年未満であれば、8.99ユーロのスペシャルプランを利用するのが最もお勧めです。

 

2ユーロは魅力的な価格ですが、流石に短い滞在でも50MBは容量が足りないと思います。

選択肢としては8.99ユーロのプランが最もお勧めで、滞在中に動画等をご覧になったり、大量のデータをアップロードする方は、実質無制限の100G、19.99ユーロになると思います。

(グループやカップルなどで途中別行動をする必要があり、2時間以内の通話で連絡を取り合う必要がある場合は2ユーロのプランも選択肢としてはありかもしれません)

なお、上記の料金とは別に、simカードの代金として10ユーロかかりますので、実際には12ユーロのプランと18.99ユーロ、29.99ユーロのプランとなります。

さらに通話無料と言うのも、利用する人によっては魅力的かもしれません。

フランス国内の通話が無料と言うのはもちろん、日本の固定電話への通話も無料なのです。

仕組みは正直、よくわかりませんが、滞在中、日本の固定電話に電話をかけなくてはならない用事がある人には、とても魅力的な内容だと思います。

 

 

POINT

8.99ユーロのプランは、期間限定で発売されたりすることが多いようです。

現在は、特に発売期間が表示されていませんが、時期によっては発売されていない場合がありますので注意してください。

2019年7月の時点では通常のプランとして販売されています。

 

Activate 開通方法

 

以下に手続きの詳細を記載しますが、とても簡単で、simカードを差し込めば開通完了です。

正直、あっけないほど簡単でしたので、事前の心配は杞憂となりました。

 

なお、アクティベーションさせるのに、パスコードを要求される場合は、

1234

を入力すればOKです。

 

 

TOP-UP トップアップ

 

19.99ユーロを選択した場合、まず100Gを超えることはないと思いますので、トップアップする必要はないと思います。

 

また万が一100Gを超えても、回線速度は遅くなりますが、ネットに接続することは可能なようです。

 

もし2ユーロのプランを選んで、途中でプラン変更がしたくなれば、free mobile のサイトからアクセスすれば変更することは可能です。

 

このサイトをご覧になられている方は、旅行がメインだと思いますので、free mobileでトップアップすることはないと思います。

 

なお、長期の旅行で2か月を超えるような方は、途中で1月分延長することは可能ですので、こちらの場合もfree mobile のサイトにアクセスして期間を延長してください。

(1か月間の契約完了直前に登録したメールアドレスにその旨のメールが届きますので、そこに書かれたサイトにアクセスすればOKです)

 

契約の手順 

 

それでは、簡単ですが、free mobie の契約の手順を見てみましょう。

ここで重要なことがあります。

free mobile center に向かう前に、事前に準備しておくべきことがあります。

 

  1. パリでの滞在先住所と郵便番号(ホテルの住所でOK)
  2. クレジットカード
  3. メルアド
  4. 自分のスマホのsimの形状

 

この4点は絶対に必要なので、あらかじめ準備しておいてください。

1つでも欠けているとsimカードが発行されませんので、ご注意を。

(4番は現地でも確認出来ますが、事前にわかっていると手続きがスムースです)

 

 

フリーモバイル フランス

 

最初にご紹介した、free mobile center の入り口です。

シンプルですが、おしゃれな印象です。

 

中に入るとスタッフがいますので、simを作りに来たと言いましょう。

英語でもフランス語でももちろんOK。

最悪、スマホを見せれば、何となく意思は通じると思います。

 

入って左側にsim発行の機械がありますが、その前にかばん等を持っていたら、中身のチェックをしますので、何か言われているなと思ったら、かばんの中身を見せましょう。

(保安のため、パリではどこのショップでもかばんを持っていたら、中身を見せろと言われますので、あらかじめお店に入るときは開ける準備をしておきましょう)

 

free mobile パリ

 

こんな感じの赤い機械が沢山並んでいます。

混雑しているときは待つかもしれませんが、かなりの数の機械があるので基本的にはすぐに操作が出来ると思います。

 

free mobile フランス

 

今回は8.99ユーロのプランがある時の画面ですので、状況に合わせて利用してください。

 

POINT

2019年に購入した際、以前と入力する内容の順番が違いました。

但し、入力する内容は全く一緒でしたので、万が一こちらの画面通りに画面が表示されない場合でも焦らず、必要事項を入力してSIMカードを作成してください。

 

フリーモバイル フランス

 

 

最初の画面で、2ユーロか、8.99ユーロか、19.99ユーロかの画面が表示されるので、8.99ユーロの下にある赤い枠をクリック。selectionner と書いてありますので何となく英語のselection と同じ感じなのでわかると思います。

 

フリーモバイル フランス

 

次の画面では2つの選択肢が出てきます。

上は、pas de limite de validité (有効期限なし)、下は Valide 1 mois (1か月間有効)と表示されていますので、今回は下の Valide 1 mois を選択します。

 

フリーモバイル

 

続いての画面で電話番号に対する選択です。

 

左側はすでに自分の電話番号がある方、右側は新しく電話番号を入手する方用です。

当サイトをご覧いただいている方は、初めての方ばかりだと思いますので、右側のAPPUYEZ ICIを押してください。

 

フリーモバイル フランス

 

次は電話番号の選択画面になります。

10個の電話番号が表示されていますので、お好きなものを選択して、Je choisis ce numéro を押します。

 

POINT

画面上部を見て頂けるとわかると思いますが、番号付きで、手続きの手順が表示されていますので、今自分がどの部分を操作しているのか確認しながら進めていくと安心出来ると思います。

 

フリーモバイル フランス

 

続いて、simカードのサイズの選択です。

必ずご自身のスマートフォンのsimカードのサイズを間違いなく選択してください。

一度選択したsimカードは、購入後に交換することは出来ませんのでご注意ください。

(有料であれば10ユーロで再発行することは可能です)

 

再確認してCHOISIR CETTE SIM を押して次に進みます。

 

フリーモバイル フランス

 

ここで、今までの注文内容の確認画面になります。

8.99ユーロのプランで契約期間は1か月、simカードはnano SIMで10ユーロ。

トータルの支払い金額が18.99ユーロになると表示されています。

 

表示された内容に間違いがなければ、赤く囲んだ枠の下にあるボックスにチェックを入れ、CONFIRMER MA SÉLECTION を選択します。

 

フリーモバイル フランス

 

赤枠の部分には、カードですぐに支払いをしますと書かれています。

 

問題がなければ、下の赤いボタン、Procéder au paiement pour obtenir ma carte SIM(SIMカード入手のため支払いに進む)を押してください。

 

フリーモバイル フランス

 

本体の右下に

クレジットカードを差し込む場所がありますので、ここで支払いを完了させます。

 

緑色の部分にクレジットカードを差し込んで、暗証番号を入力すればOKです。

(ICチップの付いていないクレジットカードは利用出来ませんので注意が必要です)

 

 

フリーモバイル フランス

 

クレジットカードでの支払いが終わったら、続いて、個人情報の入力です。

 

最初は名前です。

名前、名字(姓)の順で入力します。

 

入力が完了したら、右下のCONTINUERを押してください。

 

 

フリーモバイル フランス

 

続いて、Eメールアドレスの入力です。

契約完了後、すぐに契約内容に関するメールが送られてきますので、スマートフォンですぐに受信出来るメールアドレスを利用することをお勧めします。

 

POINT

ここで、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアメールを入力することは極力避けて頂くことをお勧めします。

SIMカードを入れると回線がFree mobileの回線になりますので、キャリアメールが受信出来なくなると思います。 (もちろん、キャリアのブラウザでチェックすることは可能だと思いますが、)

海外のシステムですので、Gmail 等の世界で利用されているアドレスを使用することをお勧めします。

 

入力が完了したら、右下のCONTINUERを押してください。

 

フリーモバイル フランス

 

続いてフランスでの滞在先の入力です。

 

宿泊されているホテル等の郵便番号を入力してください

 

入力が完了したら、右下のCONTINUERを押してください。

 

 

フリーモバイル フランス

 

郵便番号を入力すると自動で、ある程度の住所まで表示されます。

システム的には、日本で利用されている感じのものです。

不足部分を入力したら、右下のCONTINUERを押します。

 

 

フリーモバイル フランス

 

 

この画面が表示されたら、無事手続きは完了です。

 

下の赤いボタンを押すと、SIMカードが、本体下の取り出し口に出てきます。

 

フリーモバイル フランス

 

すべての手続きが終わると、PIN CODE などが表示されるので、一応写真を撮っておくことをお勧めします。

 

ここで、大切なことがもう一つ。契約の内容が書かれたレシートが出てきますので、必ず保管しておいてください。インターネットでfree mobileのサイトで自分の契約内容や利用状況を確認するときに必要なパスワード等が載っていますので、単なるレシートとは思わずに、しばらく大切に保管しておいてください。

 

最後に、simカードをスマートフォンに差し込んで、起動させれば手続き完了です。

 

お疲れ様でした。

 

 

free mobile フランス

 

 

POINT

simカードを差し込んだ後に、暗証番号を入力したという方と、入力画面などなかったという方の2つの意見がネットにはあります。

ちなみに私はsimカードを差し込んだ瞬間にすぐ使えたので、どちらが正解かはわからないので、ケースバイケースで対応しましょう。

なお、このfree center で手続きすれば、万が一、simカードを読み込まない場合はスタッフに声をかければ、親切に教えてくれますよ。

追記

2019年7月作成時は、アクティベーションするのにパスコードを要求されました。

その場合は、1234 を入力すればOKです。

なお、使用中もスマートフォンの電源を落としたり、モバイル通信を切ったり、再度simを差し込んだりした場合は、パスコードを要求される場合がありますので、忘れずに番号は覚えておきましょう。

 

 

 

 

フリーモバイル フランス

 

写真はmini sim、 micro sim のものです。

こんな感じでsim カードが出てきます。

万が一、間違ってsimカードを購入してしまった場合は、スタッフに声をかけましょう。

simカード代、10ユーロがかかりますが、新たにsimカードを発行してくれます。

 

契約後のメール

 

無事、free mobile が開通すると、以下のようなメールが登録したアドレスに送られてきます。

 

free mobile paris

 

このメールは、サンクスメールみたいなものです。

free mobile の契約機で、手続きをしてくれて、19.99ユーロのプランを選んでくれましたね。

いつでもfree mobileのサイトから、アクセス出来ますよ。

IDとパスワードは、領収書とメールに記載されています。

SIMカードは、すでにアクティブになっています。

こんな内容です。

そして、次に以下のメールが届きます。

 

free mobile paris

 

 

要約すると、free mobile のサイトの « mon compte » (私のアカウント)で、記載されている ID と パスワードを入力すれば、契約の内容等が見れますよ、という内容です。

ちなみに重要なのは、この部分です。

Identifiant : ここがID
Mot de passe : ここがパスワード

 

 

free mobile paris

 

最後に、このようなメールが届くと思います。

こちらは、あなたの電話番号は、(07 ぼかした部分 ) ですよ、というお知らせです。

もし、覚えがなければ、至急連絡してくださいね。

という内容です。

 

解約・契約終了後のメール

 

契約が終了する時も、メールが届きます。

 

free mobile paris

 

契約が終わって、後で請求書を発行しますよ。

そんな内容です。

万が一、契約期間中に、simカードを刺したまま、free mobile の無料の範囲を超える場所などで使用した場合は、ローミング料金が発生する場合があります。

帰りの飛行機が、どこかに経由して帰る便の場合は、ヨーロッパの空港内でsimカードを抜いておくことをお勧めします。

 

free mobile フランス

 

 

これが最後のメールです。

あなたが、期限内に使用した番号の請求額は 0ユーロです。

という内容です。

請求書も添付されています。

先ほども記入しましたが、万が一ここに何ユーロか金額が書かれていたら、クレジットカードに請求が来ます。

free mobile のご自身のサイトにアクセスして、請求金額を確認してください。

身に覚えのない請求書が来たらfree mobile に問い合わせしてくださいね。

 

 

 

実際の使用感

 

実際にfree mobile を使用してみた感想は、

問題なし。

と言うのが正直な感想です。

途中でネットで調べ物をしたり、画像をアップしたり、google map を見たりした感じではストレスフリーでした。

但し、残念ながらまだメトロの中ではつながりにくかったり、場所によっては完全にロストしてしまいます。

ただこれはfree mobile に限った話ではないので、今後順次改善されていくと思います。

 

また、滞在中、ベルギーに行ったのですが、こちらは3G回線になってしまいますが、何の設定も必要とせず、自動でローミングしてくれました。

この値段で、容量を気にすることなく利用できる安心感は他のsimカードにはないものだと思います。

 

追記

 

2019年7月に利用した際は、全体的に若干速度が遅く感じました。

もちろん、使えないほどではないのですが、、、。

 

2019年4月にOrange Holiday を利用した時に比べると何となく接続と速度が遅く感じることが多々あったような気がします。

 

正確に速度等を計測したわけではないので、皆様の中でご利用された時の感想等をお知らせ頂けると助かります。

 

なお、この速度低下の解消法は以下に記載させて頂いております。

 

 

free mobileを快適に使う裏技?

 

free mobile を街中で利用していると突然速度が遅くなったり繋がりにくくなったりすることがあります。

これが起こる原因の一つがfree mobile の 無料wifiです。

 

free mobile は市内のあちらこちらに無料のwifiを設置しています。

 

そのため、free mobile の wifi 圏内にいると、勝手に接続されてしまいます。

 

日本でも、主要な駅やコンビニ等で、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアの無料wifiに接続されてしまうことがありますよね。

日本の場合は割と快適に各キャリアのwifiを利用出来ると思うのですが、free mobile の wifiはかなり速度が遅いです。

 

それまで、4Gにつながっていて、快適に利用出来ていたのが、突然速度が遅くなり、webサイトなどが閲覧出来なくなった場合はfree mobile の wifiに接続されていないかをチェックしてみてください。

 

4Gのロゴが消えて、wifiのマークが表示されていれば、おそらくfree mobileのwifiに接続されています。

スマートフォンではwifiのアンテナがしっかり3本立っていても、ほとんど速度が出ていませんので注意が必要です。

 

このとても不快な状態を避けるためにお勧めなのが、ホテル等の宿泊施設を出る時に、スマートフォンのwifi設定をOFFにしておくことです。

 

日本にいる時は、容量を節約しようとwifiに繋ぐことが当たり前のように考えてしまいます。

しかし、そもそも free mobile の魅力は1か月ではとても使い切れないほどの容量があることですので、外出中は気にせずモバイル通信を優先的に利用するようにしましょう。

 

たったこれだけで、滞在中の快適さがかなり変わると思います。

 

 

 

Orange Holiday オランジュ ホリデイ

 

基本情報

 

orange holidady

Orange Holiday

 

価格 39.99ユーロ
通話 120分(国際電話も含む)
データ量 20GB(ヨーロッパ圏)
通信速度 4G(場所によっては3G)
有効期限 14日間

(2019年4月より容量が10Gより20Gにアップされています)

 

Orange から販売されている sim で旅行者が利用できるのが、Orange Holiday というsim です。

 

Orange Holiday についてはこちらの記事で詳細な情報をご紹介させて頂いています。

 

 

詳細は上の表に記載させて頂いた内容で、通常フランスを中心に旅行する分には特に問題のない設定になっていると思います。

2週間以内の滞在で、普通にインターネットで調べものをしたり、LINEなどのSNSを利用したりする分には20Gもあれば十分ではないかと思います。

もちろん、youtubeのような動画を長い間見ているとすぐに20Gは使い切ってしまうと思いますが、実際はそこまで利用することはないと思います。

(どうしても沢山の動画が見たい場合はホテルなどのwifiを利用して見るようにしましょう)

 

Activate 開通方法

 

基本的にはsimカードを指して、225に電話をすれば、電話番号と有効期限が書かれたテキストメッセージが届きますので、そのまますぐに利用が可能になります。

 

なお、街中等にある Orange のショップで購入すると店員がやってくれる場合もあります。

但し、当然日本語はわかりませんから、スマートフォンの言語設定をフランス語か英語に設定しておいてください。

 

TOP-UP トップアップ

 

万が一、20Gの容量を超えそうな場合は、容量を増やすことが可能です。

オンライン上からも出来るのですが、日本発行のクレジットカードは受付してもらえない可能性があります。

(基本的には日本のクレジットカードも利用可能ですがカードの種類によっては通らない場合もあります)

 

手間をかけずに確実にトップアップするには、orangeのショップやコンビニエンスストアでトップアップカードを購入してください。

♯124を押してコードをダイアルすれば、トップアップ完了です。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

フランス最強simカードと言われる位、確かに利便性も高く、料金も安く、文句の付け所がないような気がします。

 

しかし、そんな最強sim カードにもいくつか弱点があります。

 

  1. 空港で購入することが出来ない。
  2. 購入出来る場所が限られている

 

この2つが大きな問題点です。

残念ながら2019年の時点では、ほとんどの方が利用するシャルルドゴール空港にfree mobile のお店や機械は設置されていません。

(少し離れたショッピングモールに店舗がありますが、そこに行くのは非現実的です)

 

長いフライトの後にすぐメールのチェックやSNSでの連絡が取りたい方には、大きなマイナスポイントだと思います。

ちなみに市内では以下の場所での購入が可能です。

 

free mobile フランス

Bornes interactives Free Mobile

 

意外と購入場所が限られています。

 

パリに到着する時間やホテルの場所によっては、到着日に購入出来ない可能性があります。

また、徒歩で行ける距離にあるホテルに宿泊される方は良いのですが、そうでなければ、メトロ等を利用して購入場所に行かなくてはなりません。

 

色々調べ物やgoogle mapを利用したいのに、肝心のネットに繋がっていない状態で購入場所まで移動しなくてはならない場合もあります。

 

さらに滞在中のスケジュールによっては、翌日、どこかへ出かける予定があれば、そもそもsimカードを購入する時間が作れない場合もあると思います。

 

そう考えると、最強のsimカードもすぐに使えなければ、実際はあまり意味のないものになってしまう可能性があります。

そういう意味では、空港のコンビニ、キオスクで購入できる、Orange Holiday も10ユーロ高いですが、利便性を考えれば、魅力的なものに見えてきます。

 

free mobile が良いかOrange Holidayが良いかどうかは、皆様のスケジュールに合わせて、もう一度良く考えてみてくださいね。

 

購入場所の最新情報

 

パリ中心地では、マドレーヌ寺院の奥のフリーセンターまで行かなくては購入出来なかったfree mobile ですが、2019年にプランタンデパートのすぐそばで購入することが可能になりました。

 

 

 

The Kase

住所:13 Rue des Mathurins, 75009 Paris, フランス

営業時間:月曜日~土曜日 10:00~19:30

定休日:日曜日

 

The Kase

 

日本で言えば、携帯ショップのようなお店です。

3分で作れるよ、と書いてありますが、機械は1台しかなかったので、状況によっては時間がかかる場合があります。

 

フリーモバイル

 

小さなお店ですので、足跡を辿って探すほどではないのですが、、、、。

 

とにかく場所がとても良いので、simカードはパリ市内に入ってからでも大丈夫だという方は、ぜひ検討してみてくださいね。

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です