ポールボキューズ市場 リヨン中央市場 ランチもイートインも可能 フランスで一番のグルメスポット

スポンサーリンク
ポールボキューズ市場パリから日帰り旅行

美食の街、リヨンを代表する観光スポットが、ポールボキューズ市場

その歴史は古く、1859年にまで遡るのと言われています。

現在の市場は、2004年に改装され、とても綺麗になり、沢山のお店で賑わっています。

地元の人にも愛されるリヨンの食の台所を今回ご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

ポールボキューズ市場 Halles de Lyon Paul Bocuse

基本情報

Halles de Lyon Paul Bocuse ポールボキューズ市場

住所:102 Cours Lafayette, 69003 Lyon, フランス

営業時間:火曜日~土曜日 07:00~19:30 (レストランは22:30) 日曜日 07:30~14:00  (レストランは16:30)

定休日:月曜日

歴史

ポールボキューズ市場

1859年に、Place des Cordeliersに最初の屋根付きの市場をオープンしました。

1971年1月 Rue GaribaldiCours Lafayette の交差点に、3階建て、13500平方メートルの市場をオープンします。

2004年 再改装、改築を行いPaul Bocuseの名前を冠する市場となる。

出典:ポールボキューズ市場の歴史

市場 マップ

ポールボキューズ市場 地図

ポールボキューズ市場 マップ

通路が細かく分かれているので、大きさの割には、全部周ろうとするとかなり時間がかかります。

ポールボキューズ市場 マップ

現地にももちろん地図がありますので、自分がどこにいるのか確認しながら周ると、効率よくお店を見てまわれると思います。

お勧めショップ Les Commerçants

Fromagerie MONS

Fromagerie MONS

2000年、フランスMeilleur Ouvrier に選ばれた、Hervé Mons氏のお店。

季節に応じたチーズを常時200種類以上販売しています。

チーズがお好きな方はまずここで購入してみましょう。

Chez Léon

Chez Léon

座席は約20席ほど、シーフードとワインが楽しめるお店。

生ガキを食べるならここがお勧めです。

この日は残念ながら訪れた時間が遅かったためか閉まっていました。

Boulangerie Jocteur

Boulangerie Jocteur

リヨンの中でもお勧めのパン屋さんです。

帰りの車内で食べようと幾つかパンを購入しました。

プラリーヌのパンは、期待していたのですが、ちょっと微妙な感じでした。

Café Jocteur

Boulangerie Jocteur

上のパン屋さんのカフェになります。

Boucherie MASSOT

Boucherie MASSOT

お肉屋さんなので、なかなか購入する機会はありませんが、キッチン付きホテル等に宿泊されている方はぜひ購入してみてください。

フランスMeilleur Ouvrierであり、2016年の優勝者です。

Boucherie MASSOT

お店の看板が個性的なので、市場の中でも結構目立ちます。

日本のお肉と食べ比べてみたいですね。

Maison Sibilia

Maison Sibilia

1925年創業のお店。

ハムやソーセージ、サラミなどがとても美味しいです。

Malartre – Caroline & Julie

Malartre – Caroline & Julie

エスカルゴを食べたい人はこちらのお店がお勧めです。

Malartre – Caroline & Julie

座席数もあるので、ゆっくり座って食べられます。

Beillevaire

Beillevaire

日本でも有名なお店です。

日本だと、バターが有名でバターサンドや、チーズケーキ、クッキーのイメージが強いですが、こちらだとチーズのお店という感じです。

Beillevaire

ちょっとしたものは、その場で食べることも出来ます。

バター好き、チーズ好きにお勧めのお店です。

Délices des sens

Délices des sens

美味しいケーキを食べるならここがお勧め。

フランはとても美味しかったです。

Délices des sens

小さいお店ですが、ヴァリエーションは豊富です。

Délices des sens

クロワッサンもあります。

Délices des sens

ケーキ類もどれも美味しそう。

Délices des sens

チョコレートを沢山購入して帰ったのですが、良い意味で予想を裏切る美味しさです。

個人的には、市場の中でパンやケーキ、チョコレートを購入するならここがお勧め。

お値段も優しかったです。

Cuisine du Sud

Cuisine du Sud

パエリアを食べるならここがお勧め。

帰るときに、テイクアウト用にしてもらいました。

冷めても美味しかったです。

お昼時に出来立てを食べたら、もっと美味しかったと思います。

Maison Sève

Maison Sève

リヨンに数店舗お店があります。

チョコレートやお菓子類などを販売しています。

取り扱う商品はすべてリヨンで作られています。

Chocolats Bouillet

Chocolats Bouillet

日本にも出店している有名シェフ、セバスチャンブイエのお店。

ちょっと甘めですが、美味しいです。

Maison Tacca

Maison Tacca

イタリア料理が食べたくなったらここがお勧めです。

チーズも美味しいです。

Maison Tacca

生ハム類もあります。

その場で切り分けてくれますよ。

Maison Cellerier

Maison Cellerier

チーズからハム、ソーセージ、総菜まで幅広く取り揃えてあります。

現代的なお洒落なお店です。

ちょっと立ち寄りがたい感じがしました。

Maison Rolle

Maison Rolle

1971年創業。

フォアグラやサーモンをお探しの方はここがベスト。

Les garçons bouchers

Les garçons bouchers

お肉を食べるなら、ここがお勧めです。

ステーキやタルタルなどが有名です。

Bahadourian

Bahadourian

1929年にオープンしたBahadourian。

とにかく様々な商品が販売されています。

スパイスや調味料、ドライフルーツから石鹼やろうそくまであります。

Bahadourian

チョコレートや色とりどりお菓子類も、もちろん販売されています。

食料品だけでなく、雑貨類も取り扱っています。

Bahadourian

総菜やオリーブも各種販売されています。

市場にありますが、昔ながらのスーパーのようなお店です。

Aux 4 saisons

Aux 4 saisons

フルーツと野菜の専門店です。

美味しそうなフルーツが並んでいますが、さすがに購入するものはなかったです。

Boucherie Trolliet

Boucherie Trolliet

フランス産の厳選されたお肉を扱っています。

飼育の際、餌にまでこだわった様々な地域のお肉を購入することが出来ます。

Cerise et Créations

Cerise et Créations

サラダやフルーツのバスケットを作ってくれます。

その場で食べられるように容器に入れてくれますので、さっぱりした食事を希望の方にはお勧めのお店です。

Charcuterie Bobosse

Charcuterie Bobosse

ソーセージからトリュフ、フォアグラなど様々な商品を扱っています。

Charcuterie Bobosse

ブルーの看板がひときわ目を引くお店です。

Chez M. Paul Van Cappel

Chez M. Paul Van Cappel

フォアグラ関連の商品を扱うお店です。

Chocolats Richart

Chocolats Richart

マカロンを購入するならここがお勧めです。

Ecailler Cellerier

Ecailler Cellerier

魚介類を食べるならお勧めのお店です。

エビなどの甲殻類から、かきや日本では見ることのない貝類を食べることが出来ます。

椅子とテーブルがきちんと並べられていますので、ゆっくり食べたい方にはお勧めです。

Gast

Gast

伝統的なリヨン料理を購入出来るお店です。

ちょっとレトロな感じのお店もいい感じです。

Giraudet

Giraudet

1910年オープンのお店です。

季節に応じたスープなどをその場で楽しむことが出来ます。

Le Pain du Gone

Le Pain du Gone

バゲットや昔ながらの田舎パンなどを購入するならここがお勧めです。

Maison Pupier

Maison Pupier

新鮮な魚を購入するならお勧めのお店。

Maison Pupier

とても綺麗でさっぱりとしたお店です。

後ろに水槽があるのが、ちょっと日本の魚屋さんみたいですね。

Maison Rousseau

Maison Rousseau

シーフードを扱うお店です。

この日は残念ながら閉まっていました。

Maison Victoire

Maison Victoire

シンプルでベーシックなパン屋さんです。

Mère Richard

Mère Richard

様々なチーズを扱っています。

まとめ

いかがでしたか?

なかなか、記事だけではイメージが掴みにくいと思いますが、何となくでも事前にイメージを頭の中に入れておけば現地で効率よく動けると思います。

今回旅の最後に立ち寄ったのですが、夕方近くになると、お店によっては商品の品ぞろえが薄くなっているように感じました。

また、市場自体もあまり混雑している印象はありませんでした。

土曜日だったこともあるのですが、効率よく観光しようとすると、ポールボキューズ市場は場所的に、最初に寄るか、最後に寄るかのどちらかになってしまいます。

観光の途中で、お昼時に立ち寄ろうとすると、メトロの駅からはどこで降りても距離があるために、バスを利用しなくてはなりません。

また、ゆっくり観光するとかなり時間もかかってしまうので、とても楽しい場所なのですが、どうやって観光ルートに組み込むかかなり迷ってしまいます。

皆様のお勧めの観光ルート等があれば、ぜひお知らせくださいね。

今後、リヨンを訪れる方の参考になりますので、大変助かります。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

パリからリヨンまでの日帰り観光については、こちらで詳しくご紹介させて頂いております。

宜しければ、合わせてご覧になってください。

パリから日帰りリヨン観光 TGVで2時間 フランス第2の都市へ 470kmの旅 完全ガイド
パリから日帰りで行ける街シリーズ。今回は、フランス第2の都市リヨンに向かいます。リヨンの歴史はとても古く、街自体は紀元前からあり、ローマ帝国の支配下で交易の中心地として栄えました。14世紀には絹織物...

コメント

タイトルとURLをコピーしました