Bercy Village ベルシー・ヴィラージュ パリ12区にあるワイン倉庫を改装したショッピングスポット

スポンサーリンク
Bercy Villageパリ

今回ご紹介させて頂く、Bercy Village(ベルシー・ヴィラージュ)は再開発地区で、とても整備された地域になります。

最も魅力的なのは、ワインの貯蔵庫をそのまま生かしたショッピングエリアです。

他の地域では見ることが出来ない独特の雰囲気をぜひ楽しんでください。

また、周囲には様々な観光スポットもありますので、1日のんびりと過ごしたい方には、ぜひ訪れて欲しいエリアです。

Bercy Village ベルシー・ヴィラージュ

基本情報

Bercy Village ベルシー・ヴィラージュ

住所:28 Rue François Truffaut, 75012 Paris, フランス

営業時間:10:00~20:00 (店舗により異なる)

最寄り駅:Cour Saint-Émilion メトロ14号線

アクセス方法

Cour Saint-Émilion

ベルシー・ヴィラージュへのアクセスはメトロ14号線を使うのが最も便利です。

写真はベルシーから乗車しました。

Cour Saint-Émilion

最寄り駅は、Cour Saint-Émilion

メトロ14号線は、地下かなり深い場所を走っているので、地上に出るまで距離がありますが、地上に出たら、目の前がベルシー・ヴィラージュです。

特徴

1986年に歴史的な建造物に指定された倉庫群。

19世紀から、ワイン貯蔵庫として利用されていました。

その跡地をそのまま利用して開発されたのが、ベルシー・ヴィラージュです。

オープンは、2002年、30件のショップやレストランが出店している複合施設です。

館内マップ

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

ベルシー・ヴィラージュのフロアマップは、敷地内の入り口に飾られています。

赤いマークで自分たちがいる場所も分かりますので、とても便利です。

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

マップは2種類あり、縦型と丸型の2通りになります。

近隣の施設も描かれているので、散策するときも約に立ちます。

現地レポート

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

メトロの駅、Cour Saint-Émilionから地上に出たら、目の前がベルシー・ヴィラージュになります。

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

こちらは右手側。

左側が、ベルシー・ヴィラージュで、右側が、ベルシーパークになります。

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

こちらは左側。

真っすぐ進むと、ツアー等で紹介されやすいホテル、キリアド ホテル パリ ベルシー ヴィラージュがあります。

こちらに宿泊される方はCour Saint-Émilionを利用することになります。

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

ベルシー・ヴィラージュのメインストリート。

天井に、布を張っていたりしておしゃれな雰囲気です。

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

こちらは逆側。

両サイドが店舗になっています。

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

ガブリエル・ラメ通り側の出入口。

夜間から早朝まではこの門は閉鎖されますので、ご注意ください。

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

ピロギュ・ド・ベルシー通り側の出入口。

入り口によって、雰囲気がかなり違います。

ショップ

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

Dammann Frères :フランスで最も本格的な紅茶を味わえるお店です。

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

La Cure Gourmande:南仏のお菓子を味わうことが出来ます。お店も可愛いので、ぜひ覗いて見てください。

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

Oliviers & Co:フランスはもとより、ヨーロッパ各地のオリーブオイルを扱っています。日本にも出店しています。お店の人はとても親切で試食も可能です。

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

FIVE GUYS:1986年創業、アメリカ発のハンバーガーチェーン店です。パリでもあちらこちらにお店が出来ていて、いつも沢山のお客様で賑わっています。パリでは行ったことはありませんが、アメリカでは何度が訪れています。

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

Eric Kayser:みなさんご存知のエリック・カイザー。パンやケーキはもちろん、ランチも可能です。

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

Sandro:1984年創業のフランスブランド。レディースがメインですが、メンズも展開しています。フランス国内だけでも350店舗を構える人気アパレルショップです。

Maje:1998年創業。パリジェンヌ御用達の人気アパレルショップです。

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

Store Cogedim:不動産屋さんになります。

IKKS:フランスを代表するアパレルブランド。こちらの店舗はレディースになっています。

Bercy Village ベルシー・ビレッジ

その他にも沢山の物販店舗やレストランが出店しています。

どのお店も魅力的なので、とても楽しめると思います。

Parc de Bercy ベルシー公園

Parc de Bercy

ベルシー・ヴィラージュの隣には、ベルシー地区の再開発に伴い大きな公園が作られました。

1995年に開園した公園はパリ中心地の公園とは違う、のんびりした空間になっています。

Parc de Bercy

公園は3つのゾーンからなっていて、それぞれにテーマがあります。

Le Jardin romantique:ロマンチック・ガーデンは「水」をテーマに作られています。

Les Parterres:花壇と呼ばれるエリアは、様々な花壇や庭園から作られています。

La Grande Prairie:大草原と呼ばれるエリアは、スポーツ施設なども一体となっています。

Parc de Bercy

ベルシー・ヴィラージュに隣接するのは、Le Jardin romantiqueエリア。

Parc de Bercy

写真は冬なので、ちょっと寂しいですが、暖かい季節には景色が一変します。

Parc de Bercy

奥に見えるのが、ベルシー・ヴィラージュ。

Parc de Bercy

ベルシー公園はとても綺麗に管理されています。

トイレなども充実しているので、安心して長い時間を過ごすことが出来ます。

暖かい季節に訪れる方は、ベルシー・ヴィラージュでお昼を買って、公園でのんびり過ごすのもお勧めです。

まとめ

いかがでしたか。

ベルシー・ヴィラージュの魅力が少しでもお伝え出来たでしょうか。

出店しているお店は、ここに来なくては買えないものではありませんが、ワイン倉庫を改装した全体的な雰囲気は、他では見ることが出来ないので、訪れる価値は十二分にあると思います。

また、天気の良い日や、暖かい季節に訪れる予定のある方は、ベルシー公園はもちろん、セーヌ川沿いを散策することも出来ますので、このエリアで1日楽しむことも出来ます。

滞在中日数が長い方は、パリ中心部の喧騒を忘れて、1日のんびりと過ごしてみるのも良いかもしれません。

動画でもオリーブオイルのお店、 Oliviers & Coを中心にご紹介させて頂いております。

Bercy Village(ベルシー・ヴィラージュ)でお勧めのオリーブオイル Oliviers & Co

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました