Pret a Manger プレタ・マンジェ 合成添加物を使用しないイギリス発のファストフード店 パリで急成長中のお店

スポンサーリンク
Pret a Mangerパリ

Pret a Manger (プレタ・マンジェ)をご存知でしょうか?

フランス、パリでは2012年の1号店がオープンして以来、あっという間にあちらこちらで目にするようになりました。

まだ、ご存知ない方でも、ギャラリーラファイエットの1階にあるファストフード店と言えば、ご存知の方も多いと思います。

今回はそんなパリでも急成長を続けている、プレタ・マンジェについてご紹介させて頂きます。

Pret a Manger プレタ・マンジェ

1983年、ロンドンで設立、その後清算。

1986年より新しいオーナーに変わり、手作りで、自然食品から作るサンドイッチをメインとする現在のスタイルで事業を開始。

1995年、売れ残った商品を、ホームレス等の貧しい人達へ寄付する財団を設立。

2000年、ニューヨークに初の海外店舗をオープン。

2001年、東京に初出店。その後13店舗まで増えたが、最終的には2010年に全店閉鎖。

2012年、フランスに初出店。

2020年、イギリス、アメリカ、香港、中国、フランス、ドイツ、デンマーク、ドバイ、シンガポールなど450を超えるショップを展開しています。

店内

パリ・リヨン駅

こちらはリヨン駅の外観。

駅の雰囲気に上手に合わせていますね。

Pret a Manger

とにかくパリだけでなく、フランス各地で最近よく目にするようになったプレタ・マンジェ

お店の印象は、ややスターバックスよりで、マクドナルドとも違う、ファストフード店です。

こちらも写真はリヨン駅のお店です。

Pret a Manger

こちらはベルサイユ駅にあるお店です。

店内はとても広くて居心地の良い空間です。

Pret a Manger

奥にある冷蔵庫の中には、フルーツやデザート類。

定番のものから、普段あまり見かけないものまであります。

Pret a Manger

ジュース類も豊富に用意されています。

右側にはフルーツもありますね。

Pret a Manger

もちろん、サラダやサンドイッチなども販売されています。

Pret a Manger

こちらはカウンター。

スターバックスのような感じですが、もっとシンプルで見やすいと思います。

Pret a Manger

並んでいる商品は国によって違うと思いますが、さすがフランス。

フランスらしいデザートが並んでいます。

Pret a Manger

出来立てのパンや、バゲットが並んでいます。

バゲットが販売されているのは、プレタ・マンジェらしいですね。

Pret a Manger

大き目のクッキーも並んでいます。

Pret a Manger

フィナンシェも並んでいます。

手前にはオリジナルのチョコレートが並びます。

Pret a Manger

こちらは、マフィン。

意外とメニューが豊富ですね。

これも人気の理由かもしれません。

Pret a Manger

クロワッサンにリンゴのタルト、ちょっとしたパン屋さんと同じくらいの品揃えです。

Pret a Manger

そしてなんと、オリーブオイルまで販売されていました。

流石に驚きました。

Pret a Manger

店内もゆとりがあり、ゆっくりとくつろげる空間があります。

もちろん店舗により差がありますが、パリにあるお店は比較的ゆったりとしたイートインスペースが併設されています。

Pret a Manger

カウンター席も用意されています。

椅子も高級感があって良いですね。

寒い時期はスープも販売しています。

まとめ

Pret a Manger

いかがでしたか。

少しは魅力をお伝えすることが出来たでしょうか。

評価は難しいのですが、パン屋さんの記事のように評価すると以下になります。

全体的な評価は5段階で以下の通りです。

Pret a Manger (プレタ・マンジェ)

味:☆☆☆★★

外観:☆☆☆★★

内観:☆☆☆☆★

価格:☆☆☆★★

スタッフ:☆☆☆★★

購入しやすさ:☆☆☆★★

場所:☆☆☆☆☆

という感じです。

味に関しては普通です。

ファストフード店なので仕方ないのですが、パン類は一般的なパン屋さんとは比較になりません。

甘めの評価です。

外観はお店によって変わりますが、こちらも普通です。

特徴的な外観のお店ではありませんが、どの店舗もスッキリしている印象です。

内観は、ファストフード店としてはかなりの高評価です。

ほとんどのお店が余裕を持って造られているので、居心地は良いと思います。

価格はやや高めの印象です。

スターバックスと比べると同じような感じになるのではないでしょうか。

スタッフも普通です。

こちらも一般的なファストフード店と同じです。

購入のしやすさは、商品も選びやすく陳列されているので、問題ないと思います。

場所に関しては、基本的にアクセスのよい1等地に出店していますので、立ち寄りやすいと思います。

総合的には、ファストフード店の中では上位に位置すると思います。

ただコーヒーに関しては、スターバックスの方が断然美味しいと思いますので、シアトル系のコーヒーを飲みたい方はスターバックスに行った方が良いと思います。

マクドナルドやスターバックスなどのような混雑感が苦手な方には、Pret a Manger (プレタ・マンジェ)がお勧めです。

また初めて訪れる場所や、地方に出かけた際、時間調整やトイレに行かれたい方には、お勧めできるお店です。

ぜひ皆様も機会があれば、ちょっとした休憩やランチなどで立ち寄ってみてくださいね。

以下にパリにあるお店をご紹介させて頂きます。

滞在中のご参考にしてみてください。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました