西洋絵画史 シュルレアリスム 無意識を形にする新たな試み 20世紀の代表的な芸術運動

シュルレアリスム西洋絵画史

前回ご紹介させて頂いたダダイズムが、「破壊」であれば、シュルレアリスムは「生産」という事になります。

無意識の世界にあるものをどうすれば表現できるのかということを様々な手法で試みたのがこの時代の特徴です。

なかなか理解しがたい部分もあると思いますが、多くの有名画家も誕生しています。

ぜひシュルレアリスムの理念と共に鑑賞して頂くと理解しやすいのではないかと思っています。

それでは早速ご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

シュルレアリスム Surréalisme

シュルレアリスム とは

シュルレアリスムの始まりは1924年ブルトン「シュルレアリスム宣言」が始まりと言われています。

但し、オートマティスムと言われる自動筆記は1919年頃には行われていました。

ブルトンは、シュルレアリスムを以下のように定義しています。
「理性による監視をすべて排除し、美的・道徳的なすべての先入見から離れた、思考の書き取り」

シュルレアリスムはジークムント・フロイトの精神分析とカール・マルクスの革命思想を思想的基盤とし、無意識の探求・表出による人間の全体性の回復を目指した。

手法

オートマティスム:自動筆記

コラージュ:既存の印刷物や写真などの組み合わせ、偶然性の追求。(ピカソとは方向性が違う)

フロッタージュ:板や石などの表面に直接紙を当てて、その凹凸を鉛筆などでこすり出す方法

グラッタージュ:キャンパスに絵の具を塗り、凹凸のある物体の上に載せ、パレットナイフで絵具層を削る。フロッタージュの油彩版。

デカルコマニー:2つ折りにした紙に絵具を入れ、再び紙を開いて偶発的な模様を得る方法、転写のことでもある。

フュマージュ:濡れたキャンバス(後に水彩絵具で描いたキャンバス)の表面をろうそくの煙で燻して黒い跡を付ける技法

トロンプルイユ:だまし絵

不気味なもの:驚愕、不安、恐怖など、現実にはあり得ない世界を描く

活動期間

1919年頃~1969年頃 (運動はその後も続いています)

出典:ウィキペディア シュルレアリスム

スポンサーリンク

年表

1917年、パラード (バレエ)が上演

1924年、ブルトン、「シュルレアリスム宣言」

1936年、ロンドン国際シュルレアリスト展

1938年、パリ国際シュルレアリスト展

1939年~1945年、第二次世界大戦勃発

1947年、パリ国際シュルレアリスト展

1959年、パリ国際シュルレアリスト展

1966年、ブルトン死去

代表画家

アンドレ・ブルトン(André Breton, 1896-1966) 詩人

マックス・エルンスト(Max Ernst, 1891-1976)

レオノーラ・キャリントン(Leonora Carrington、1917-2011)

ドロテア・タニング(Dorothea Tanning、1910-2012)

レメディオス・バロ(Remedios Varo Uranga, 1908-1963)

レオノール・フィニ(Leonor Fini, 1907-1996)

ピエール・ロワ(Pierre Roy, 1880-1950)

ポール・デルヴォー(Paul Delvaux, 1897-1994)

ルネ・マグリット (René François Ghislain Magritte, 1898-1967)

イヴ・タンギー(Raymond Georges Yves Tanguy,1900-1955)

ロベルト・マッタ(Roberto Antonio Sebastián Matta, 1911-2002)

ヴィクトル・ブローネル(Victor Brauner, 1903-1966)

ケイ・セージ(Kay Sage, 1898-1963)

アンドレ・マッソン(André-Aimé-René Masson, 1896-1987)

ポール・ナッシュ(Paul Nash, 1889-1946)

インジフ・シュティルスキー(Jindřich Štyrský, 1899-1942)

トワイヤン(Toyen, 1902-1980)

イヴ・ラロイ(Yves Laloy, 1920-1999)

イヴ・エロウエ(Yves Elléouët, 1932-1975)

サルバドール・ダリ(Salvador Dali, 1904-1989)

エドガー・エンデ(Edgar Karl Alfons Ende. 1901-1965)

アルパトセネッシュ(ÁrpádSzenes,1897-1985)

ロベルト・マッタ(Roberto Antonio Sebastián Matta Echaurren, 1911-2002)

ジョアン・ミロ (Joan Miró, 1893-1983)

※ 分類が違う場合もあります。

シュルレアリスム以外の画家が多く含まれています。

カタカナ表記に関して実際の発音と異なる場合もあります。

人物相関図

西洋絵画史 シュルレアリスム

★ご利用の注意点★

上の代表画家の相関図です。

青い矢印は師弟関係を表していますが、実際はその関係がはっきりしていなかったり、ワークショップで働いたことがあるだけであったりします。

情報は英語版、フランス語版ウィキペディアを参考に製作しています。

まとめ

なかなか理解しにくいシュルレアリスムですが、キュピズムからダダイズムまでの流れを何となく理解しておくと、目指していたものが少しは見えてくるような気がします。

今回ご紹介させて頂いた多くの画家たちの作品は、世界中の有名な美術館に展示されています。

ぜひ、次回ご覧になられるときは、美術史の流れを頭の片隅に置いて鑑賞してみてください。

今まで、ルネサンス期から今回のシュルレアリスムまで、西洋絵画史を簡単ではありますが、一通りご紹介させて頂きました。

最初から最後までご覧頂いた方はもちろん、気になる1ページだけでもご覧頂けた方皆様に心からお礼を申し上げます。

これまでの記事が少しでも皆様のお役に立てていれば幸いです。

本当にありがとうございました。

これからも絵画や美術に関する話題はもちろん、様々な情報をアップして行きますので、ぜひご期待ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました