パリ 観光 チュイルリー公園 知ると2倍楽しめる歴史と見どころ

スポンサーリンク
Jardin des Tuileriesパリ

パリ市民と観光客の憩いの場である、チュイルリー公園

セーヌ川沿いにある公園はパリ観光の最も人気の高い散策スポットです。

ルーブル美術館とコンコルド広場に挟まれて、遠くには凱旋門を望むその場所は、歩いているだけでパリを満喫出来てしまいます。

そんな魅力たっぷりのチュイルリー公園を早速ご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

チュイルリー庭園 Jardin des Tuileries

基本情報

チュイルリー庭園 Jardin des Tuileries

住所:113 Rue de Rivoli, 75001 Paris, フランス

開館時間:07:30~19:30(9月最終日曜日~3月最終日曜日)

              07:00~21:00 (3月最終日曜日~9月最終土曜日)

休館日:なし

最寄り駅: Tuileries 1号線 その他多数の駅から歩くことが可能です。

入場料

無料

オランジュリー美術館 Musée de l’Orangerie

セーヌ川沿い、コンコルド広場方面にあるのがオランジュリー美術館

モネの「睡蓮」が展示されていることで、とても有名な美術館です。

モネの他にも、ルノアール、マティス、ルソー、ピカソ、モディリアーニなど、印象派、ポスト印象派の作品を中心に展示されています。

詳しくは、こちらの記事で紹介させて頂いております。

ジュ・ド・ポーム美術館 Jeu de Paume

基本情報

Jeu de Paume Paris

住所:1 place de la Concorde 75008 Paris

開館時間:11:00~21:00(火曜日~土曜日)

              11:00~19:00 (日曜日)

休館日:月曜日

最寄り駅: Concorde 1号線 その他多数の駅から歩くことが可能です。

入場料

一般:10ユーロ

火曜日のみ学生と25歳未満の方の入場料が無料になります。

団体割引料金有(10名以上)

特徴

近現代芸術や映像美術などを主に取り扱っています。

チュイルリー公園 所要時間

チュイルリー庭園

チュイルリー公園はとても広い庭園になります。

だからと言って何かを鑑賞するというよりはのんびり歩きながら、ルーブル美術館を眺めたり、コンコルド広場から凱旋門を望んだりするのが楽しみではないでしょうか?

また、天気の良い日はランチを楽しんだり、読書をしたりとのんびり過ごすのに最適な庭園です。

ルーブル美術館からコンコルド広場まで、真っすぐ歩いてしまえば15分位で歩き終えてしまいます。

のんびり休憩しながら、2つの美術館を楽しんだら、何時間もかかってしまうでしょう。

観光で歩く分でしたら、30分もあればある程度は見て回れてしまうと思います。

チュイルリー公園 歴史と特徴

1564年 Catherine de Medici女王が建てたチュイルリー宮殿の庭園として整備される。

名前の由来は、もともとこの場所にあったタイル工場が名前の由来。

1664年に ルイ14世の命で、アンドレ・ル・ノートル(AndréLeNôtre)により現在のにつながる庭園が整備される。

このアンドレ・ル・ノートル(AndréLeNôtre)は、ヴェルサイユ宮殿をも手掛けた、王室庭師です。

1871年 パリ、コミューンの鎮圧の最中に宮殿は焼失。その後再建計画が持ち上がるが、未だ実現していません。

出典: PARISINFO Jardin des Tuileries

https://www.parisinfo.com/musee-monument-paris/71304/Jardin-des-Tuileries

チュイルリー庭園

アンドレ・ル・ノートルが手掛けた庭園は左右対称に造られています。

見た目の美しさもさることながら、散策のしやすさも魅力の一つです。

一年中楽しめる庭園ですが、春から夏の時期はさらに楽しめるイベントが開催されています。

内容は毎年変更になると思いますが、2019年には以下のイベントが開催される予定です。

Jardins, Jardin aux Tuileries  5月~6月

様々なコンセプトのもとに、いくつもの庭の作品が展示されます。

毎年多くの人が訪れるイベントになっています。

Fête des Tuileries 6月~8月

夏休み期間中の約2か月間、沢山のアトラクションを楽しむことが出来ます。

こちらも毎年恒例のイベントとなっています。

まとめ

チュイルリー庭園

いかがでしたか?

パリに訪れたことがある方は、必ずと言ってもよいくらい、名前を知っているチュイルリー庭園ですが、意外とその歴史は知らないものです

私も改めて調べてみると、結構知らないことが多いのだと気づかされました。

これから行かれる方は、まずはゆっくり全体を楽しんでください。

すでに一度でも訪れたことがある方は、チュイルリー庭園の歴史に思いをはせると、また違った楽しみ方が出来るのではないでしょうか。

私もまた、次回の訪問の際、違った角度で楽しんできます。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました