フランスsimカード bouygue テレコム 30日間使える 長期旅行にお勧めのsimカード

ブイグテレコム

 

フランス旅行で最も人気の高いsimカードは当サイトでもお勧めしているOrange Holidayのsimカード。

シャルルドゴール空港ですぐに購入可能で、カウンターで設定まで行ってくれるとても便利なsimカードなのですが、欠点がない訳でもありません。

一番大きな欠点は、有効期限が2週間になっていることです。

2週間を超える滞在を予定している方は、追加の料金を払って、トップアップを行わないといけないというのが問題でした。

 

 

そんな有効期限の問題を解決してくれるのが、今回ご紹介するブイグテレコムのsimカードです。

こちらのsimカードは利用時より30日間有効ですので、長期の滞在を考えられている方は、途中でトップアップすることなく利用出来るのでお勧めです。

それでは早速詳しい内容を見て行きましょう。

 

 

bouygues telecom simカード

 

 

基本情報

 

価格 39.90ユーロ
通話

無制限(フランス国内に限る)

25ユーロ分無料(フランス国外への通話)

データ量 20GB(15G分はEU内で利用可能)
通信速度 4G(場所によっては3G)
有効期限 30日間

 

 

価格に関しては、Orange Holidayに比べて、気持ちだけ安い39.9ユーロ

 

通話に関しては、フランス国外(日本)への通話は、1ユーロ1分の計算になりますので、25分

日本への国際電話を利用することが多い方には若干、マイナスポイントになるかもしれません。

EU内の通話は国によって若干差異がありますが、130分程通話可能です。

 

データ通信量はOrange holiday と同じ20Gですが、EU内の利用量は15Gまでに制限されるので、フランス国外の滞在日数が長い方は注意が必要です。

 

通信速度は、こちらも同じ4G

但し他のEU内の他の国では3Gになることが多いと思います。

実際に使用した感じとしては、建物の中での電波が若干弱い感じがしました。

 

そして大きな違いなのが、有効期間。

Orange Holiday2週間に対して、ブイグテレコム30日間有効になります。

 

以上見てきましたように、Orange Holidayとの大きな違いは、フランス国外への無料通話、EU内で利用出来るデータ量、有効期限になります。

 

 

シャルルドゴール空港での購入方法

 

ブイグテレコム

 

購入場所と手順

 

今回は、エールフランス航空、日本航空(JAL)が利用するターミナル2での購入方法のご紹介です。

 

ブイグテレコムのsimカードを購入するには、RELAYと言うフランスではお馴染みのキオスクで購入することになります。

 

ターミナル 2E

CDG Terminal 2

 

上が見取り図になりますが、税関検査を済ませ、外に出ます。

 

シャルルドゴール空港

 

外に出たら左手に向かいます。

Train と書かれている方が、RER B線の乗り場になりますので、そちらを目指して進みます。

 

以前はすぐ目の前にRELAYがあったのですが、今は、イギリスのスーパーマーケット、Marks & Spencer に変わってしまいました。

 

ロワシーバスをご利用予定の方は、写真中央を直進すると乗り場があります。

simカードを購入するために、少し歩かなくてはならないので、お急ぎの方はご注意ください。

 

ポイント

いしばしたたく 様より大変貴重な情報を頂いております。

今回はB線に向かう途中にあるRELAYをご紹介させて頂いておりますが、マークス&スペンサーの奥にもRELAYがあります。

ロワシーバス、Le bus directをご利用予定の方は、こちらのRELAYを利用した方が便利です。

 

CDG RER B

 

しばらく進むとエスカレーターがありますので、そこを登ります。

さらに進むと動く歩道がありますので、その先、右手にRELAYが見えてきます。

 

RELAY

 

真っ赤な外観ですので、見落としてしまうことはありません。

 

RELAY

 

トラベルグッズやお菓子などが主に販売されています。

イメージは日本のキオスクと同じ感じです。

 

RELAY

 

simカードは販売スタッフの後ろに置いてありますので、ひと声かけて選ぶようにしましょう。

 

ポイント

simカードは盗難防止のため、どこのお店でもカウンターのそば、または後ろに置いてあります。

手が届くからと無理に取ろうとせずに、必ず一声かけてから取ってもらうようにしましょう。

 

 

上から2段目にある手のひらサイズ、正方形の形をしたものが、ブイグテレコムのsimカードになります。

 

 

ポイント

ブイグテレコムの公式サイトから直接購入することも可能です。

但し、配送の方法によって6ユーロから30ユーロ位の送料がかかりますので、ご注意ください。

 

 

パッケージに含まれるもの

 

ブイグテレコムのsimカードの面白い所は、ちょっとしたグッズが入っていることです。

もちろん大げさなものではありませんが、ちょっと嬉しい驚きです。

 

 

sim カード & キーホルダー

 

ブイグテレコム

 

まずは名刺サイズのプラスチックカードにsimカードがセットされています。

マルチカットタイプですので、ご自身のスマートフォンのサイズに合わせて切り離してください。

 

ブイグテレコム

 

このカードをエッフェル塔が描かれた白い部分と切り離すと、白い部分がキーホルダーとして利用出来るようになっています。

 

ブイグテレコム

 

なお、simカードが付いていた方の裏側には重要な情報が記載されていますので、無くさないようにしましょう。

 

 

利用ガイド & エッフェル塔型sim取り出しピン

 

 

ブイグテレコム

 

多言語で書かれた使用ガイドに、かわいいエッフェル塔型のsimカード取り出しピンが付いています。

わざわざ日本からsimカード取り出しピンを持って来る必要もありません。

フランスでsimカードを利用した記念にもなると思います。

 

ブイグテレコム

 

日本語での説明もありますので、基本的な作業は問題なく出来ると思います。

 

ステッカー

 

 

ブイグテレコム

 

フランスのシンボルが描かれた可愛いステッカーも付属しています。

どこに貼ったら良いのか迷いますが、、、、。

 

 

メトロマップ

 

 

ブイグテレコム

 

メトロマップも付属しています。

折りたたまれていますが、広げると裏面にメトロのマップが記載されています。

 

ブイグテレコム

 

スマートフォンを利用するので必要性はかなり低くなってしまいましたが、パリが初めての方や、メトロに慣れていない方には、一目で何となく位置関係が分かると思いますのであると便利です。

 

 

説明書

 

 

ブイグテレコム

 

ブイグテレコムについて詳細に書かれています。

こちらは日本語がありませんが特に気にすることはないと思います。

 

 

Activate 開通方法

 

ブイグテレコム

 

ブイグテレコムのsimカードは、Orange Holiday(Baggage Claim (手荷物受取所)前の売り場で購入した場合)と違い、自分でアクティベーション(開通作業)をしなくてはなりません。

 

しかし特別難しい作業があるわけではないので、どなたでも簡単に作業を行うことが可能です。

パッケージも、Orange Holiday と違い、紙で出来ているだけですので、簡単に手で開けることが可能です。

 

開封後、スマートフォンのsimカードを刺しかえるだけで、すぐに利用することが可能になります。

ご心配な方は、渡仏前に一度、ご自身のスマートフォンのsimカードを取り出しておくと、現地で慌てることはないと思います。

 

ポイント

ブイグテレコムのsimカードは最初のアクティベーションをフランス国内で行う必要がありますので、注意してください。

 

開通後の手続き =重要=

 

simカードを差し込んで開通が問題なく行われると以下のショートメールが届きます。

 

 

ブイグテレコム

まずは今回のsimカードの電話番号が記載されています。

そしてリンク先は、ブイグテレコムのトラベルsimカードの公式ページになります。

英語、またはフランス語で表示されますが、言語選択を日本語にすれば、日本語で書かれたページを見ることが可能です。

 

 

ブイグテレコム

翌日位に上記のようなショートメールが届きます。

これはビジュアルボイスメールを利用出来ますよ、というお知らせの内容です。

リンク先をクリックするとビジュアルボイスメールについての詳しい内容が表示されます。

 

手続きを進めて行くと設定が完了しますので、ご利用予定のある方は先に進んでください。

一般の旅行でご使用になられる方は特に必要がないと思いますので、何も操作をしなくても大丈夫です。

 

ポイント

ビジュアルボイスメールとは、簡単に言うと留守番電話機能の事です。

但し、通常の留守番電話サービスだとダイアルをして内容を確認しなくてはなりませんが、ビジュアルボイスメールだと通信会社の方から留守番電話があった場合に自動的に通知され、ダイヤルすることなく内容を確認することが出来るというものです。

日本でも同様のサービスがありますので、ほぼ同じようなものだと思います。

 

 

利用者登録

 

ブイグテレコム

 

利用開始後、5日前後で最も重要なショートメールが届きます。

それが上記のメールです。

 

引き続きこの回線を利用するには、お客様の情報を登録してください。

そのためには、634番に電話をかけてください。

お客様情報が登録出来ない場合は、回線は終了します。

 

かなり焦る内容のメールです。

 

他の通信会社と同様、simカードを利用するには当然、身分証明書の登録が必要です。

問題はいつまでに登録しなければ、回線が終了するかです。

 

先ほどご紹介させて頂いた利用ガイドには、下の方に小さく、「利用開始後30日以内に本人確認を行わないと回線は無効になる」と書かれています。

日本語の感覚では、29日までは行わなくても良いのかということになりそうですが、きっと違うような気がします。

(登録せずに利用し続けられた方は、ぜひお知らせ頂けると助かります)

 

未然にトラブルを避けるにはやはり早めに本人確認の登録を済ませておくのが良いと思います。

 

なお、634番に電話をして聞かれる内容は経験上、分かっています。

 

  • 名前
  • 住所(ホテル等の滞在先でOK、郵便番号も)
  • 電話番号(同上、聞かれない場合有り)
  • パスポート番号
  • メールアドレス(状況により)
  • クレジットカード番号(状況により)

 

上の4つは必衰ですが、下の2つはケースバイケースだと思います。

 

しかし、聞かれる内容が事前に分かっても上記の内容をフランス語でやり取りするのは、かなりハードルが高いです。

しかも電話で。

と言うかネイティブ並みに話すことが出来ないと不可能だと思います。

 

では一体どうすれば良いのでしょうか?

 

 

利用者登録の解決方法

 

実は、上記の問題を解決する簡単な方法があります。

 

それは、ブイグテレコムのお店に行くことです。

 

 

ブイグテレコムのショップはパリ市内にかなりの数があります。

どこのお店に行っても問題はありませんが、可能であれば旅行者が多く訪れる中心部のお店の方が対応に間違いはないと思います。

 

参考までに私が訪れたお店はこちら。

 

ブイグテレコム

 

 

BOUYGUES TELECOM PARIS HAUSSMANN

 

住所:55 Boulevard Haussmann, 75008 Paris, フランス

営業時間:月曜日~土曜日 10:00~19:30

定休日:日曜日

 

プランタンからすぐの場所にあるHAUSSMANN店はとても綺麗で居心地の良いお店です。

 

ブイグテレコム

 

訪れる時間によっては混雑している場合もありますが、おおむね空いていると思います。

順番が来たら、受信したショートメールの内容をショップスタッフに見せれば、スタッフが634番に電話をしてくれて、すべての手続きを行ってくれます。

 

なお、この時必要なのはパスポートのみで、滞在先の住所等は必要ではありませんでした。

正確には、住所等はこのショップ、HAUSSMANN店の住所を告げていましたので、必衰であることは間違いありません。

 

私の対応をしてくれたスタッフは大変親切で親身になってくれましたが、対応する人によって差があるのもフレンチクオリティです。

念のために、先ほどご紹介した、ホテルの住所等の情報は紙に書いておくか、ホテルの名刺等を見せれるようにしておくと間違いはないと思います。

 

 

開通後の手続き =インターネット利用編=

 

 

上の章でご紹介させて頂いたのは、実際に現地で購入した場合の流れです。

帰国後の調査で、ネット上でも利用者登録が可能であることが分かりました。

 

 

まずは以下のページにアクセスします。

 

ブイグテレコム

bouygues telecom Espace client 

 

こちらにご自身の電話番号を記入して、NEXTを押します。

(言語設定がフランス語か英語か選べますので、お好みで選択してください。)

するとパスコードの記載されたショートメールが届きます。

 

ブイグテレコム

 

次のページで、送られて来たパスコードを入力して、新たなパスワードを登録すると手続きが完了します。

 

無事パスコードとパスワードの登録が終われば、ご自身のアカウントにログインすることが出来ます。

 

ブイグテレコム

 

ご自身の名前と利用可能なデータ量等が表示されています。

このページからトップアップ等の手続きを行うことも出来ますので、滞在中にデータの追加を希望される方は、Refill ボタンをクリックして手続きを進めてください。

 

電話番号の有効期限やデータの有効期限も表示されていますので、様々な情報を確認することが可能です。

 

ポイント

今回、ネットでアカウント登録した際は、すでに店舗での登録を済ませた後でした。

そのため、ログインした時点ですでに名前が表示されていたのですが、店舗登録を済ませていなくてもこのサイトにログインできるのかどうか、確認が出来ていません。

またプロフィール画面にパスポート情報等の欄がないので、店舗や電話での登録前にログイン出来たとしても、やはりその後に詳細情報を直接電話か店舗で登録する必要があるかも知れませんのでご注意ください。

 

 

 

現地でのトラブル解決方法

 

何かしらのトラブルに見舞われた際、まず最初に試して頂きたいのが以下の2点。

 

  • スマートフォンの電源を切る
  • simカードを刺し直す

 

意外とどちらかの方法で解決する場合もありますので、まずは一度お試しください。

 

 

電話のかけ方

 

電話のかけ方も簡単です。

せっかく無料通話がついていますので、日本の家族やお友達に連絡して驚かしてみるのも良いかもしれません。

SNSが発達している最近では驚かないかもしれませんが、、、。

 

ポイントは、日本に電話をかける際は国番号を入力することが必要です。

以下、手順になります。

 

  1. +81(日本の国番号)を入力します。
  2. 電話したい相手の番号の最初の0を外した番号を入力します。

(ex) 03-1234~ にかける場合は、+81 3 1234 という風になります。

 

たったこれだけで日本に電話が掛けられます。

 

テザリングtethering

 

ブイグテレコムのsimカードは他の端末とテザリングすることが可能です。

 

2人以上で旅行する場合、それぞれのスマートフォンにブイグテレコムのsim カードを購入すると80ユーロ程になってしまいます。

1週間くらいの滞在であれば、1人10Gもあれば十分だと思いますので、家族等で複数のsimカードを購入する必要はないかも知れません。

 

但し、快適に利用するには、それぞれにsimカードを利用した方が利便性は高いのでこの辺りはお好みでチョイスしてみてください。

 

なお、当然ご自身のスマートフォン以外のタブレット端末やノートパソコン等に利用することも可能です。

 

実際に現地でテザリングしてみた感じは若干パフォーマンスが落ちる程度で、特に問題は感じませんでした。

但し、i phoneの場合、電池の消耗はかなり早くなりますので注意して利用してください。

 

ポイント

テザリングとは、simカードを刺したスマートフォンをモデムのようにして、他の端末と接続させることです。

 

 

 

 

データ残量の確認方法

 

ブイグテレコムは他の通信会社と違って、残量確認が少し面倒です。

方法は以下の2つ。

 

  • 630へ電話する(フランス語での音声対応)
  • ご自身のアカウントにアクセスして確認する。

 

フランス語が聞き取れる方は、音声案内でも問題ないと思いますが、大半の方には難しいかも知れません。

ご自身のアカウントを開設すればネットにアクセスすれば確認することが可能です。

 

ブイグテレコム

 

アカウントにログインすると、Internet Remaining と言う場所がありますので、こちらの数字をチェックしてください。

画像の場合は残り、16Gと表示されています。

 

 

 

トップアップ データの増量方法

 

トップアップに関しては、ご自身のアカウントから、または店舗でのトップアップが一般的な方法になります。

 

ブイグテレコムの公式サイトで表示されている内容は以下になります。

 

ブイグテレコム

 

bouygues telecom carte prépayée

 

ブイグテレコムのトップアッププランは3通りありますが、利用出来るプランはXLプランのみとなりますので、ご注意ください。

 

内容的にあまり魅力のないものになっています。

最も安いプランの5ユーロですと、延長が3日間、データが500Mしかありません。

最も高いプランの40ユーロでも期間は2か月延長されますが、データは5Gしか追加されません。

 

同一の電話番号を利用出来るということ以外、メリットがないのであまりお勧め出来ない方法です。

 

アカウントからのトップアップの方法は簡単です。

 

先ほどご紹介したトップページにあるRefill のボタンをクリックすると以下の画面が表示されます。

 

ブイグテレコム

 

プランの詳細も表示されますので、ご都合に合ったプランを選択して Continue をクリックします。

 

 

ブイグテレコム

 

選択したプランの確認画面が現れたら、再度Continue をクリックします。

後は、クレジットカード情報を記入すれば、トップアップ終了です。

 

ポイント

どちらの方法でトップアップしても、最初にチャージされている20G分のデータは引き継ぐことが出来ませんので、ご注意ください。

 

日本でも使える?

 

帰国して気が付いたのですが、ブイグテレコムのsimカードは日本でも利用することが出来ます。

もちろん最初のアクティベーションは、フランスで行わなくてはなりません。

 

ドコモとローミングをして通話、4G接続をすることが可能です。

但し、注意して頂きたいのが、日本での利用分が最初にクレジットされている20G、およそ25分の通話に含まれるかどうかはっきりしていません。

 

ブイグテレコム

ブイグテレコムからは、上記のようなショートメールが届きます。

1分間の通話料金が2.3€、受信で1分間1.5€、ショートメールで0.3€、国内関税10.24€などと書かれています。

 

あくまでもご利用される場合は、自己責任でお願いいたします。

 

この件に関して詳しい方がいらっしゃいましたら、お知らせ頂けると大変助かります。

 

 

 

まとめ

 

今回ご紹介させて頂いた、ブイグテレコムのsimカード。

Orange Holidayとほぼ同様の内容でありながら、利用期間が長いのが大きな魅力の一つです。

 

滞在期間が2週間を超え、30日以内の方にはコストパフォーマンスが良いsimカードと言えます。

 

但し、今回ご紹介させて頂いたように、利用者登録の手間等が苦手な方には、若干不向きなsimカードかもしれません。

ご自身の滞在状況に合わせて最適なsimカードを選んでみてください。

 

ぜひ、渡仏の際、チャレンジして頂ける方がいらっしゃいましたら、使用後の感想を頂けると大変助かります。

 

皆様の滞在に合わせた最適なsimカードを選べるように、少しでも参考になっていれば幸いです。

 

以下、他のフランスsimカードに関するご案内です。

基本的な内容は割愛させて頂いている部分もありますので、合わせてご覧頂けるとストレスなくsimカードを利用出来ると思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!

フランスsimカード bouygue テレコム 30日間使える 長期旅行にお勧めのsimカード” に対して1件のコメントがあります。

  1. いしばしたたく より:

    相変わらず丁寧でわかりやすい説明に感動しました。ロワシーバス乗り場まで見れるとは、なんてご親切な…。
    こちらのsimお値段的にはOrangeと変わらない、日数の問題は自分の今回の場合、orange で足りるため、やはりfreeのお値段かorange の利便性で悩むところです。ただ1点、気になるのが、取り出しピン!これ、ポイント高いです、笑。途中の登録はニースにも店があったから大丈夫そうですし、もしかしたら、ピンにつられるかもしれませんが……。
    また検討します、取り急ぎありがとうございました!

    1. tabiparislax より:

      いしばしたたく 様

      いつも嬉しいコメントをありがとうございます。

      この取り出しピン、意外といいですよ。デザインだけでなく使い勝手も悪くありません。
      ただ、日数的にOrange で間に合うようであれば、手間はかからないと思います。

      もう一つのSFR のsimカードの記事もまもなくアップ出来ると思うので、こちらも参考にしてみてください。

      ストライキの方もパリ市内への移動はロワシーバス等も稼働しているので大きなトラブルにはなっていないようです。

  2. いしばしたたく より:

    昨日無事帰国しました。
    bouygueを教えていただいたRELAY で買いました。ところが、新たな発見が。帰路ニースからCDCに着いて、T2Eに向かい、初日パリ入りした到着出口の前に来たのですが、マークス&スペンサーの隣というか到着出口側から言うと奥?に、なんと、RELAY がありました! マークスは出口からすぐ見えるけど、ロワシーバス行きの分かれ道に向かってしまうと、マークスの後ろにある赤い看板は見えないので、初日には気づかなかったのかもしれません。(逆から来て気づいた) simもありました。もしかしたら、私が行った時はやってなかったのかもしれないけど、ちょっとショックでした。ただ、遠い方のお店はお姉さんが可愛くて、相方は喜んでたのでまあよしです(笑)

    あと、相方はレンタカー屋の無料ポケットwifi サービスを予約したにも関わらず、ないと言われ(海外あるあるですね)、仕方なく後日、ニース市内のSFRやbouygueに行ったけど旅行者用simの取り扱いなし。で、ショッピングモールにあったfreeで.やっとゲット、お店のお兄さんが親切で全てやってくれました。もし、次回があれば、車なので直接ここに来るのもいいかもです。(取り替えた自分のsimもなくさないよう、台紙に張り付けてくれました。以前どっかの国でもそういう店あったけど…。

    bouygueのピン気に入ってます。
    登録しなさいメールは、購入した日の翌日から数えて5日目の夕方に来ました。夕方に購入したから夕方にメールでしょうか?   小さい観光地に居たときで、偶然お店があったので、お店でメール見せると、電話かければ英語だから大丈夫と言われました。その場でかけると、フランス語! お兄さんに聞かせてあげたら、そのまま対応してくれた(笑)。すぐ引き下がってはいけません(笑)

    その電話、結構お待たせ時間が長くて、本題までに何回かの工程があり、もし自分で掛けてたら、状況さっぱりわからないです。パスポートナンバー、滞在先、電話番号を聞かれたと思います。
    ネットで登録してみたかったけど、たまたまメール来たときお店をすぐ見つけたから、手間の節約してしまいました。モナコも問題なし、freeもです。建物の中はどちらも不安定な時あり。

    長くなりましたが、ざっと思い付いたこと報告でした。色々お気遣いいただき、ありがとうございました! 心強かったです。

    あ、bouygue、sim差しただけではなぜかネット使えず、(画面上は繋がってるように見えて、検索すると、つながりません、になってしまう) 相方がアナログ?方式で何か入れたら繋がりました。

    1. tabiparislax より:

      いしばしたたく 様

      お帰りなさい。
      無事のご帰国、何よりです。

      沢山の貴重な情報を頂き、本当にありがとうございました。
      これからご利用になられる方への、大変貴重な内容です。

      RELAYの件、マークス&スペンサーの隣、奥ですね。
      完全に記憶の中にありませんでした。
      マークス&スペンサーにかわってしまったことが記憶のすべてになっていました。
      (何回、あの通路を歩いたことか、、)
      遠回りさせてしまってすいませんでした。
      (でも相方様には喜んで頂けたようで、、、)
      次回、渡仏の際は、こちらを利用してみます。
      (こちらの貴重な情報は、早速記事内にも追加させて頂きました。)

      レンタカーの件は、まさに海外ではよくあることですね。
      でも、臨機応変にご対応できたのは流石です。
      慣れていない方だと、かなり慌ててしまうと思います。

      bouygueの件も流石の完璧な対応です。
      お店の人が
      「英語でOK」
      と言うのは、大抵ダメですね。
      街中で若い人は英語を話したがりますが、こう言った契約関連は、まだ基本的にフランス語しかないですね。
      (何かの紙に英語でも大丈夫と書かれていても、実際に電話したらほとんどフランス語になりますね)

      ネットでの登録は基本的には手間がかかるだけですので、通常の利用範囲であればしなくても良いかと思います。
      (私の場合は、記事に載せてみたいので、実際は不必要なことでもすべて試しているだけです)

      最後のbouygueの件、やはり素敵な相方様ですね。
      その何となくな感じ大好きです。
      (私もトラブルになったときは、アナログ方式で対応しています。意外と解決してしまうんですよね)

      今回は、大規模ストライキの中、大変なご旅行だったと思います。
      そんな中でも臨機応変な対応で楽しまれたこと、コメントを読ませて頂いて、何だか自分も旅行に行ったような感じでとても嬉しい気分にさせて頂きました。
      改めて沢山の情報をお知らせ頂きましてありがとうございました。

      次回のフランス旅行にはお時間があるかもしれませんが、またお気軽にお立ち寄りください。
      微力ながら少しでもお役に立てれば幸いです。

  3. いしばしたたく より:

    なぜかお褒めにあずかり、またちょっとでもお役にたてて光栄です。
    その後ふっと思い出したのですが、帰路、T2E、JAL便のチェックインカウンターに向かいました。そのフロアにはエールフランスもありますね。
    到着出口から一番近いエレベーターで、出発階に上がって、ほぼ目の前にエールフランスの常設みたいな大きなカウンタースペースがあって、エレベーター降りてすぐふと左の方を見ると、大きめなRELAY がありました。私は土産物を物色してしまったので、確かな記憶ではないですが、レジ後ろにsimあったような気もします。
    私、初CDGなので感覚の記憶でしかないし、位置関係を把握してないので、その場所がどのくらい便利かどうかわかりかねますが、自分の今後の参考にもしたいので、ご確認いただければ幸いです。

    1. tabiparislax より:

      いしばしたたく 様

      ご連絡ありがとうございます。

      初CDGとは驚きです。
      旅慣れている感じがあったので、すでに経験済みかと思っていました。

      おそらくですが、出発階にあるRELAYのことではないかと思います。
      エールフランス航空カウンターの隣辺りに、大き目の赤いRELAYがあります。
      ここももちろん、simカードを販売しております。

      ご記載通り、到着出口からエレベーターで上がると辿り着くことが可能です。

      便利さで言うと、やはりロワシーバス等を利用する場合は、教えて頂いたマークス&スペンサー脇のRELAYが一番便利で、B線を利用される場合は、今回ご利用になられたRELAYが便利だと思います。

      他にもあると思いますが、やはりこの2つを押さえとけば色んなシチュエーションで対応出来ると思います。

      コメント欄も他の方が目を通しますので、こういった情報も大変貴重なものですのでお知らせ頂きましてありがとうございます。

  4. いしばしたたく より:

    なるほど! 自分の読みすごしでしたが、私が買ったRELAY はB線利用時に便利だったのですね。もしもの次回のために覚えておきます。
    初CDG!ウケられましたね、笑。パリはずっと後回しになってました。当初パリのみで12月上旬を考えていましたが、スト情報により、日程を変えてハワイに変更検討、突然コートダジュールに決定したため、準備期間が少なくなり、石橋を叩く時間が減りましたが、こちらに出会えて随分助かりました。ちなみに相方は現場主義、いざという時は頼りにはなるけど、逆に言うと私は不安で一杯なため、こっそり色々事前に調べています。
    ストライキは相変わらずですね。パリ半日だけ居ましたが、予定変更して本当によかったです。(当初タカをくくっていた相方もよくわかったことでしょう、笑)。

    パリと言えば、しつこく書いて恐縮ですが、もう1つ気になってたことがありました。また、ロワシーバスのところにコメントさせていただきます。

    1. tabiparislax より:

      いしばしたたく 様

      B線乗り場は、今回ご利用になられたRELAYのすぐ先にあります。
      治安に少し問題がありますが、何より北駅まで30分ほどで到着してしまうので、この辺りに宿泊される場合はとても便利です。

      相方様、やはりいいですね。
      いざという時に頼りになるのは本当に頼りになります。
      逆に、二人とも不安になってしまうと、行動が限られてしまいますからね。

      ぜひ、次回はパリ市内を散策してみてください。
      他の都市にはない魅力が見つかると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です