ストラスブール装飾美術館 Musée des Arts décoratifs バロック ロココ様式の部屋 見どころと所要時間

 

ストラスブール装飾美術館

 

ロアン宮殿の1階にある美術館が、ストラスブール装飾美術館

後期バロックやロココ様式の部屋が当時の様子で展示されていて、その豪華さに圧倒されます。

また、展示物も充実していて、ストラスブール大聖堂の旧天文時計のパーツの展示、17世紀~19世紀の陶磁器や、ストラスブールの金細工など多岐に渡ります。

 

今回は、そんなストラスブールの歴史を感じることの出来る装飾美術館をご紹介させて頂きます。

 

 

Musée des Arts décoratifs ストラスブール装飾美術館

 

基本情報

 

Musée des Arts décoratifs strasbourg ストラスブール装飾美術館

 

住所:2 Place du Château, 67000 Strasbourg, フランス

営業時間:水曜日~月曜日 10:00~18:00

定休日:火曜日

 

 

入館料

 

Musée des Arts décoratifs

 

大人:6.5ユーロ

割引:3.5ユーロ(25歳までの学生、60歳以上の方など)

 

複数の美術館を見て周る場合は1日券が割安です。

大人:12ユーロ

割引:7ユーロ

(ストラスブールに数日滞在予定の方は、3日間のパスもあります)

 

所要時間

 

見どころは沢山ありますが、それほど広いわけではないので、足早に見て周ると30~40分位で何とか見て周れると思います。

少しゆっくり見たい方は1時間位あれば十分だと思います。

 

歴史

 

1890年に設立され、1898年にロアン宮殿に移されました。

陶器や金細工、タペストリーなどを中心に展示されています。

 

外観

 

ロアン宮殿

 

外観はロアン宮殿になりますので、見ごたえのある建物です。

正面から入って一番奥、左側に入り口があります。

少し分かりにくい場所になっています。

 

なお、装飾美術館ストラスブール美術館考古学博物館の3つの美術館は同じ入り口になっています。

 

館内マップ

 

ストラスブール装飾美術館

 

先ほどの写真の左側にあたるのが、こちらのマップの入り口部分です。

入ってすぐ左手にチケット売り場があります。

装飾美術館の入り口は階段の脇にある扉の奥になります。

とてもわかりにくいので地図を参考にしてください。

 

ストラスブール装飾美術館

Salle du Synode

奥の扉の所が出入口になります。

 

Les appartements du palais Rohan

 

ストラスブール装飾美術館

Salle du Synode

エントランスとダイニングエリアとして使用されていた場所です。

 

ストラスブール装飾美術館

Salon des évêques

司教のラウンジと呼ばれています。

 

ストラスブール装飾美術館

Salon des évêques

壁にはもともと司教の画が飾られていたそうです。

 

ストラスブール装飾美術館

Chambre du roi

王の寝室と呼ばれています。

窓からはイル川を望むことが出来ます。

 

ストラスブール装飾美術館

Salon d’Assemblée

アッセンブリーホール。

タペストリーが印象的です。

 

ストラスブール装飾美術館

Salon d’Assemblée

 

ストラスブール装飾美術館

Bibliothèque

図書館です。

 

ストラスブール装飾美術館

Bibliothèque

Buste du cardinal de Rohan(中央の胸像)

 

ストラスブール装飾美術館

Bibliothèque

マホガニーの本棚です。

 

ストラスブール装飾美術館

Autel de la chapelle

チャペルになります。

カーペットは1743年のものだそうです。

 

ストラスブール装飾美術館

Chambre de Napoléon Ier

ナポレオン1世の寝室です。

 

ストラスブール装飾美術館

Chambre de Napoléon Ier

 

ストラスブール装飾美術館

Chambre de Napoléon Ier

 

ストラスブール装飾美術館

Chambre à coucher des princes-évêques

 

ストラスブール装飾美術館

Chambre à coucher des princes-évêques

 

Faïence de Strasbourg

 

ハノン家、3代に渡り経営された、磁器メーカー。

初代である、Charles-François Hannongがオランダからストラスブールへ移住します。

ストーブの生産で成功を収める。

長男のPaul Hannongが多色使いの作品を生産します。

1780年に会社は破産しています。

 

美術館には沢山の陶磁器が展示されています。

 

ストラスブール装飾美術館

 

 

ストラスブール装飾美術館

Poêle-cheminée à deux corps superposés, en faïence et en fonte

(陶器と鋳鉄からなるストーブ)

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

Porcelaine et bronze Manufacture de Fürstenberg, 1893

(磁器とブロンズで出来たポット)

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

TERRINE EN FORME DE HURE DE SANGLIER(イノシシ)

TERRINE EN FORME DE DINDON(クジャク)

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

 

L’HORLOGERIE

 

14世紀から18世紀までの作品が展示されています。

ストラスブール大聖堂の天文時計の初代、2代目のものがそのまま展示されています。

現在大聖堂に置かれている天文時計と比較しながら見学すると面白いと思います。

 

ストラスブール装飾美術館

COQ AUTOMATE(雄鶏)左側

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

ORFÈVRERIE STRASBOURGEOISE

 

ストラスブールの金細工を中心に展示されています。

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

 

ストラスブール装飾美術館

MIROIR DE TOILETTE

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

ヨーロッパらしい豪華な部屋には、やはり感嘆させられます。

それぞれの部屋の様子が違うので、見ていて飽きることはないと思います。

 

陶磁器類は圧巻の量があり、他の美術館にはない個性があるので、こちらも存分に楽しめると思います。

さらに、天文時計に関しては、ストラスブール大聖堂を見た後であれば、より楽しめると思います。

 

美術館自体は、コンパクトな大きさですが、見どころが沢山ありますので、ぜひストラスブール観光の際は立ち寄ってみてください。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

パリから日帰りストラスブールの旅はこちらで詳しくご紹介させて頂いております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です