西洋絵画史 象徴主義 人物相関図 真実を象徴的に表現する画家たちの登場

象徴主義 モロー西洋絵画史

象徴主義を代表する画家であり、先駆者的な存在の画家が、ギュスターヴ・モローピエール・ピュヴィ・ド・シャヴァンヌの2人です。

画風は全く違いますが、2人とも1898年に亡くなるという不思議な縁を持っています。

フランスで始まった象徴主義ですが、その後ドイツを始めとするヨーロッパにも広がりを見せました。

少しつかみどころのない部分もある象徴主義ですが、一体どんな画家が活躍していたのか、早速ご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

象徴主義とは

象徴主義

象徴主義とは、1886年に、フランスの詩人 Jean Moréas(ジャン・モレアス 1856-1910)によってUn Manifeste littéraireの中で Le Symbolisme(象徴主義宣言)を発表したことによるものです。

Symbol(象徴)とはラテン語の「記号」に由来します。

但し、文学的な側面からは、ボードレールが1857年に発表した、Les Fleurs du malが始まりと言われています。

ボードレールが翻訳したEdgar Allan Poe(エドガー・アラン・ポー)の作品も大きな影響力を持っていました。

またマラルメの作品も影響を与えました。

絵画の世界では、夢と神話をテーマに描いたものが多く見受けられます。

リアリズム、自然主義への反動であり、観念や感覚など人間の内面を様々な象徴を描いて、キャンパスの上で表現することを目指していました。

象徴主義者の多くは、1850年~1900年の間に生まれています。

出典:ウィキペディア Symbolism (arts) より引用

活動期間

1886年から20世紀初頭まで。

スポンサーリンク

年表

1864年、モローOedipus and the Sphinxをサロンで発表

1870年、フランス第三共和政

1876年、モローThe Apparitionを始めとする作品をサロンに出品。

1876年、エミール・ゾラがサロンでモローの作品を「象徴主義」と非難する。

1886年、ジャン・モレアス象徴主義宣言を発表。

1887年、エッフェル塔の建設が始まる

1889年、エッフェル塔、一般公開

1898年、モロー死去

1898年、シャバンヌ死去

代表画家

ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau, 1826-1898)

ピエール・ピュヴィ・ド・シャヴァンヌ(Pierre Puvis de Chavannes, 1824-1898)

アルフォンス・オスバート(Alphonse Osbert, 1857-1939)

エドガード・マクセンス(Edgard Maxence, 1871-1954)

オディロン・ルドン(Odilon Redon, 1840-1916)

アレクサンドル・セオン(Alexandre Séon, 1855-1917)

フェルナン・クノップフ(Fernand Khnopff, 1858-1921)

ジョヴァンニ・セガンティーニ(Giovanni Segantini, 1858-1899)

ジャン・デルヴィル(Jean Delville, 1867-1953)

コンスタン・モンタルド(Constant Montald, 1862-1944)

オーブリー・ビアズリー(Aubrey Vincent Beardsley, 1872-1898)

レオン・フレデリック(Léon Frédéric, 1856-1940)

ウジェーヌ・カリエール(Eugène Carrière, 1849-1906)

シャルル・マリー・デュラック(Charles-Marie Dulac, 1866-1898)

アンリ・シェフェール(Henry Scheffer, 1798-1862)

スタニスラス・ゴラン(Stanislas Gorin, 1824-1874)

ロドルフ・ブレダン(Rodolphe Bresdin, 1822-1885)

ジュール・ジョゼフ・ルフェーブル(Jules Joseph Lefebvre, 1836-1911)

フェリシアン・ロップス(Félicien Rops, 1833-1898)

バルテレミー・メン(Barthélemy Menn, 1815-1893)

ヨハン・ヴィルヘルム・シルマー(Johann Wilhelm Schirmer, 1807-1863)

テオドール・ヒルデブラント(Theodor Hildebrandt, 1804-1874)

ルドルフ・ヴィークマン(Heinrich Ernst Gottfried Rudolf Wiegmann, 1804-1865)

カール・グッソー(Karl Gussow, 1843-1907)

フェルディナント・ホドラー(Ferdinand Hodler, 1853-1918)

アルノルト・ベックリン(Arnold Böcklin, 1827-1901)

フランツ・フォン・シュトゥック(Franz von Stuck,1863-1928)

マックス・クリンガー(Max Klinger, 1857-1920)

クーノ・アミエ(Cuno Amiet, 1868-1961)

ジョヴァンニ・ジャコメッティ(Giovanni Giacometti, 1868-1933)

エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch, 1863-1944)

グスタフ・クリムト(Gustav Klimt, 1862-1918)

※ 分類が違う場合もあります。

象徴主義以外の画家が多く含まれています。

カタカナ表記に関して実際の発音と異なる場合もあります。

人物相関図

西洋絵画史 象徴主義 人物相関図

★ご利用の注意点★

上の代表画家の相関図です。

青い矢印は師弟関係を表していますが、実際はその関係がはっきりしていなかったり、ワークショップで働いたことがあるだけであったりします。

情報は英語版、フランス語版ウィキペディアを参考に製作しています。

まとめ

かなり簡単な説明となりました。

ご紹介させて頂いた画家たちも、象徴主義に分類される一部の代表的な画家のみとなっております。

象徴主義に限ったことではないのですが、19世紀以降の画家たちを分類するのはとても難しいので、若干おかしい所もあると思いますが、何卒ご容赦ください。

また、皆様の中で、この画家は入れておいた方が良いのではないかと思われる画家がおりましたら、象徴主義に関わらず、お知らせ頂けると幸いです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました