西洋絵画史 19世紀のオランダ ベルギー アムステルダム印象派 ポスト印象派 人物相関図 ゴッホの活躍まで

スポンサーリンク
オランダ、ベルギー ポスト印象派西洋絵画史

19世紀のオランダ絵画を代表する画家と言えば、何と言っても、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ (Vincent van Gogh)になるでしょう。

ゴッホが有名過ぎて、なかなか他の画家を知る機会がありませんが、19世紀のオランダ絵画は、アムステルダム印象派を始めとして、多くの優れた画家が誕生しています。

また隣国ベルギーでも、フランスの画家たちの影響を受けた多くの優れた画家たちが誕生しています。

そこで今回は、19世紀のオランダ、ベルギーの画家たちの人物相関図についてご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

19世紀半ばのオランダ・ベルギー絵画

19世紀半ばのオランダでは、August Allebéの影響、または指導を受けた画家たちが中心となり、印象派として活躍していました。

芸術の中心地はアムステルダムになっていて、この時代の画家たちをアムステルダム印象派とも呼ぶことがあります。

19世紀後半には、19世紀を代表する画家、ゴッホがポスト印象派として活躍します。

ベルギーの画家は、フランス印象派に大きな影響を受けた、エミール・クラウスが有名です。

新印象、ポスト印象派に影響を受けた画家たちも、ヨーロッパで活躍するようになって行きます。

スポンサーリンク

印象派・ポスト印象派とは

印象派、ポスト印象派については、こちらで詳しく解説しております。

合わせてご覧ください。

西洋絵画史 フランス 印象派 人物相関図 モネ ルノワール シスレー 時代を代表する画家たち
今回は日本でも最も人気の高い印象派の人物相関図のご紹介です。あまり絵画に詳しくない方でも、一度は耳にしたことのある、モネやシスレー、ルノワールなどの有名画家が多数出てきます。現代でこそ非常に評価の高い印象派...
西洋絵画史 フランス 新印象派 ポスト印象派 人物相関図 ゴーギャンを中心とする新時代
今回は、新印象派、ポスト印象派の人物相関図についてご紹介させて頂きます。印象派は良く知っているけど、新印象派って何?ポスト印象派ってゴッホのこと?などとよく聞かれたりします。何だかよく知っているよう...

年表

1830年、ベルギー革命

1840年、オランダ、ウィリアム2世就任。

1848年、オランダ、議会制民主主義への移行。

1849年、オランダ、ウィリアム3世就任。

1886年、ゴッホ、パリへ移住。

1888年、ゴッホアルルに移住、ゴーギャンとの共同生活。

1890年、ゴッホ死去。

代表画家

アウグスト・アレベ(August Allebé, 1838-1927)

ジェームズ・マクニール・ホイッスラー(James Abbott McNeill Whistler, 1834-1903)

ヤン・トーロップ(Jan Toorop, 1858-1928)

ヤコブ・マリス(Jacob Maris, 1837-1899)

ジョージ・ヘンドリック・ブライトナー(George Hendrik Breitner, 1857-1923)

イサーク・イスラエルス(Isaac Israëls, 1865-1934)

ウィレム・バスティアーン・ソレン(Willem Bastiaan Tholen, 1860-1931)

フロリス・ヴェルスター(Floris Verster, 1861-1924)

ウィレム・デ・ズワート(Willem de Zwart, 1862-1931)

ウィレム・ウィッセン(Willem Witsen, 1860-1923)

コンスタント・コルネリス・ホイスマン(Constant Cornelis Huijsmans, 1810-1886)

アントン・モーヴ(Anton Mauve, 1838-1888)

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ (Vincent van Gogh, 1853-1890)

ウジェーヌ・ボッシュ(Eugène Boch, 1855-1941)

アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデ(Henry van de Velde,1863-1957)

アルフレッド・フィンチ (Alfred William Finch, 1854-1930)

エミール・クラウス(Emile Claus 1849-1924)

ジョルジュ・モレン(George Morren, 1868-1941)

ジャン・フランソワ・ポルテール(Jean-François Portaels, 1818-1895)

テオ・ファン・レイセルベルヘ(Théo van Rysselberghe, 1862-1926)

ジョルジュ・レメン(Georges Lemmen, 1865-1916)

※ 分類が違う場合もあります。

新印象派、ポスト印象派以外の画家が多く含まれています。

カタカナ表記に関して実際の発音と異なる場合もあります。

人物相関図

西洋絵画史 19世紀のオランダ ベルギー アムステルダム印象派 ポスト印象派 人物相関図

★ご利用の注意点★

上の代表画家の相関図です。

青い矢印は師弟関係を表していますが、実際はその関係がはっきりしていなかったり、ワークショップで働いたことがあるだけであったりします。

情報は英語版、フランス語版ウィキペディアを参考に製作しています。

まとめ

一般的には、ゴッホ以外、馴染のない画家が多いと思いますが、どの画家も大変素晴らしい作品を残しています。

どの美術館でも展示されているわけではないので、中々目にすることは少ないかもしれませんが、ぜひ見かけた際は、画家のつながりを思い浮かべて見てください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました