フォンダシオン ルイ・ヴィトン パリの新名所でトートバックや限定グッズを手に入れよう

 

Fondation Louis Vuitton

 

2014年にオープンした、パリの外れにある美術館、それがフォンダシオン・ルイヴィトン。

ルイヴィトンの名を冠していますが、ルイヴィトンの商品が多数展示されているわけではなく、様々なアート作品が展示されています。

また期間限定で開催される企画展は、非常に評判が高く、クオリティの高い内容で行われています。

 

そしてフォンダシオン・ルイヴィトンのもう一つの魅力が、限定のオリジナルグッズを購入出来ることです。

人気のトートバックはもちろん、多数の雑貨が販売されていますので、ぜひ忘れずに購入することをお勧めします。

お土産にも最適ですよ。

 

 

 

Fondation Louis Vuitton フォンダシオン ルイ・ヴィトン

 

基本情報

 

Fondation Louis Vuitton フォンダシオン ルイ・ヴィトン

 

住所:8 Avenue du Mahatma Gandhi, 75116 Paris, フランス

営業時間:月曜日~日曜日 10:00 or 11:00 ~20:00 or 21:00(金曜日のみ)

休業日:火曜日 (臨時営業あり)

最寄り駅:Les Sablons 1号線

入場料:大人16ユーロ 26歳以下10ユーロ 18歳以下 5ユーロ (展示内容等によって変わる場合があります。)

 

 

 

 

歴史と特徴

 

fondation

 

歴史

 

2014年 パリ16区、ブローニュの森に、Frank Gehry (フランクゲーリー)の設計による、壮大な船のような建物に、Fondation Louis Vuitton(ルイヴィトン財団美術館)がオープン。

 

パリに、21世紀の象徴として、芸術と文化のための建物が完成した。

 

フランクゲーリーは、この建物をデザインするにあたって、以下のようにコメントしています。

 

To reflect our constantly changing world, we wanted to create a building that would evolve according to the time and the light in order to give the impression of something ephemeral and continually changing.

Frank Gehry

~Fondation Louis Vutton 公式ページより引用~

 

 

 

メトロ 1号線で行く方法

 

フォンダシオン ルイ・ヴィトンへ行くにはメトロか専用のバスを利用するのが一般的な移動方法です。

それぞれメリットとデメリットがありますが、個人的にはメトロを利用して訪れるのが良いと思います。

 

Les Sablons

 

メトロ1号線でパリ中央部からフォンダシオン ルイ・ヴィトンに行くには、Les Sablonsで下車します。

 

Les Sablons

 

地上に出たら、シャルルドゴール通りを凱旋門方面へ歩き、最初の角を右に曲がります。

写真の赤いひさしのあるお店の所です。

この道がサブロン通りになりますので、後は基本的にこの道を道なりに歩けば、フォンダシオン ルイ・ヴィトンに到着します。

 

fondation

 

サブロン通りを少し歩くと、Fondation Louis Vuittonへの看板がすぐに見つかります。

 

Fondation Louis Vuitton

 

高級アパートが立ち並ぶ住宅街を抜けて行きます。

 

fondation

 

アクリマタシオン庭園に入ると、PETIT TRAIN が走っています。

 

fondation

 

運よく出くわすとこんな感じ。

子供がメインですが、思わず乗りたくなりますね。

 

fondation

 

 

右手に見えてくるのが、アクリマタシオン庭園入り口です。

ここではありませんので、間違えないようにしてください。

 

 

fondation

 

アクアマリン庭園を過ぎると、もうすぐです。

通常の時間帯であれば、フォンダシオン ルイ・ヴィトンに向かう人々がいますので、間違うことはないと思います。

 

フォンダシオン ルイ・ヴィトン

 

しばらく歩くと、少しずつ、建物が見えてきます。

 

フォンダシオン ルイ・ヴィトン

 

ここからもう少し歩きますが、右手にフォンダシオン ルイ・ヴィトンの壮大な建物の全容が見えてきます。

 

フォンダシオン

 

フォンダシオンルイヴィトン入り口の文字が見えてきます。

 

 

フォンダシオン ルイ・ヴィトン

 

無事到着です。

Les Sablonsの駅から、およそ15分前後で到着すると思います。

歩いてみた感じはそれほど遠くは感じませんでした。

雨さえ降っていなければ、まったく問題ない距離です。

 

 

FONDATION’S SHUTTLES 専用シャトルで行く

 

パリ市内から、フォンダシオン ルイ・ヴィトンへ行くもう一つの方法が、美術館の専用シャトル、FONDATION’S SHUTTLESで行く方法です。

エコなミニバスですので、時間帯によっては座って移動することが出来ない場合があります。

フォンダシオン ルイ・ヴィトン利用者のみが利用可能。

 

基本情報

 

運行時間:フォンダシオン ルイ・ヴィトン営業時間中、15分~20分間隔

運行休業日:火曜日(フォンダシオン ルイ・ヴィトン営業日は運行)

料金:2ユーロ(事前の予約が必要です)

出発場所:Paris-8E-Arrondissement, 44 Avenue de Friedland, 75008 Paris, フランス

所要時間:15分

 

 

 

 

チケット予約方法

 

FONDATION’S SHUTTLESの予約は、事前にインターネットで済ませておく必要があります。

 

まずは以下のサイトにアクセスしてください。

 

fondation

FONDATION LOUIS VUTTON TICKET

 

こちらは、すべてのチケットの予約ページになります。

このページの一番上にある FONDATION’S SHUTTLES の BOOK をクリック

 

fondation

 

再度シャトル予約画面になりますので、BOOK をクリック。

 

fondation

 

次の画面で曜日を選択したら、時間をクリックして、人数を選んで、Confirm をクリックします。

 

POINT

予約の際、時間が表示されていますが、これはバスに乗る時間を指定しているわけではありません。

日本人の感覚だと、10時発のバスの予約かと思ってしまいますが、実際は違います。

この時間は選択した日の美術館のオープン時刻です。

バスは一定の間隔で運行されていますので、ご自身の予定でバス乗り場に向かってくださいね。

 

 

fondation

 

先ほどのConfirm をクリックするとこのような画面が表示されますので、まだ美術館のチケットを購入していない方は、同時に購入すると良いでしょう。

 

右上にある Order をクリックすれば、確認のため、メールアドレスを入力する画面になりますので、あとはクレジットカードを用意して指示通りに進めば、無事予約完了です。

 

チケット購入方法

 

Fondation Louis Vuitton

 

Fondation Louis Vuittonのチケット購入方法は以下の通りです。

 

  • インターネットで事前に購入
  • 当日、現地で購入

 

基本的にこの2通りになると思います。

 

滞在中の予定が立つ方は、事前にインターネットを利用してチケットを購入することをお勧めします。

私は、滞在中の予定が全く立てられないので、当日券を購入しました。

展示会の内容や、日程、時間帯によっては1時間ほど並ばなくてはならないので、どうしてもスケジュールが立てられない方以外は、やはり事前に予約しておくとスムーズに館内に入ることが出来ます。

 

インターネット チケット購入方法

 

基本的には、先ほどご紹介した、シャトルバスの予約方法と同じです。

 

fondation

FONDATION LOUIS VUTTON TICKET

 

こちらの画面から、EXHIBITIONS を選択します。

 

fondation

 

予約する時期によって、若干表示内容が違いますが、普通に訪れるときは、一番上のBOOK をクリックします。

 

fondation

 

次に、シャトルバスの時と同じように、日付を選ぶ画面が表示されます。

先ほどと大きく違うのは、今度は、時間が30分おきに表示されているということです。

ご都合に合わせて時間を選択してください。

 

fondation

 

画面下に選択の詳細が表示されますので、人数を選択すると合計金額が表示されます。

この時期の入場料は、大人16ユーロになります。

 

お子様づれの方は、ファミリーチケットを購入すると、お得に入場出来るようです。

 

最後に Confirm をクリックするとカートに入りますので、シャトルバスで行かれる方は、同時に購入すると手間が省けます。

 

 

フォンダシオンルイヴィトン

 

実際のチケットはこんな感じです。

パソコンで予約された方は、プリントアウトして持って行っても大丈夫ですし、スマートフォンであれば画像のようなチケットが出てきますので、これを入り口で見せれば大丈夫です。

 

なお、今回は13時の予約でしたが、12時半過ぎに到着してもすぐに入れてくれました。

やはりネットで予約した方が列に並ばずに済みますので断然楽です。

 

POINT

フォンダシオン・ルイヴィトンのチケットをスマートフォンで予約する際は、チケットの枚数に注意してください。

購入ボタンを続けて押したり、手続きの途中で再度戻って購入し直したりすると2枚注文するつもりがカートに4枚入っていたりする場合があります。

クレジットカードで決済する時は、必ずカートの枚数を確認するようにしてください。

 

 

 

館内

 

Fondation Louis Vuitton

 

それでは、Fondation Louis Vuittonの館内を簡単に見てみましょう。

こちらは、出口から撮影した写真です。

 

奥に見えるのが、当日のチケット売り場。

この奥に行列が出来ています。

 

fondation

 

入り口は建物の奥。

建物に沿って、並びます。

 

 

fondation

 

列の並び方が少し分かりにくいので、注意が必要です。

間違った場所に並んでしまうと、再度並びなおさなくてはならないので、注意してくださいね。

 

  • 左の列が、当日券を購入する方。
  • 真ん中の列が、毎時30分の予約の方。
  • 右側の列が、毎時00分の方。

 

こう書いても少し分かりにくいのですが、毎時30分というのは、10時30分、11時30分のように、30分が付く時間に予約された方になります。

同様に、毎時00分は、10時、11時など丁度の時間に予約された方の列になります。

 

 

無事、ここを過ぎると、テントの中でセキュリティチェックがあり、そこを抜けるとようやく館内に入ることが出来ます。

 

fondation

 

館内入り口付近の様子。

写真は2階から撮影しています。

カウンターがインフォメーションになりますので、オーディオガイド等をご希望の方は、こちらのカウンターで借りてください。

 

フォンダシオン

 

こちらの写真は入ってすぐの様子。

右手が受付カウンター、奥にレストランがあります。

 

 

fondation

 

 

壁際にはヴィトンのトランクが飾られています。

使うことはまずないのですが、何故か欲しくなりますね。

館内の所々にヴィトンらしさが出ています。

 

fondation

 

館内に入ってすぐの所に、ギフトショップがあります。

展示されている作品や、今まで展示された作品にまつわる書籍などが販売されています。

 

 

fondation

 

そして何と言っても、Fondation Louis Vuitton ギフトショップの絶対お勧めしたい商品がこちら。

ここでしか購入できない、トートバッグ。

ルイヴィトンファンならずとも絶対に手に入れたい商品です。

 

 

Fondation Louis Vuitton

 

2019年時点では、カラーは2色。

この日は、運よく2色とも在庫がありましたが、完売していることが多いです。

 

訪れた際に見かけたら、迷わず購入しましょう。

 

その他にもポーチや傘、i phone カバーなど、色んな限定アイテムが販売されていますので気になる商品はぜひ購入してくださいね。

 

なお、こちらのアイテムを購入するには、入場料を払って美術館に入らなくてはならないので、忘れずに購入しておくことをお勧めします。

 

Fondation Louis Vuitton

 

館内は、地下から上に順番に上がって行くようになっています。

その時期の展示会から、常設展まで、まんべんなく鑑賞出来るようになっていますので、順路通りに見て周ることをお勧めします。

 

一通り見て周ると屋上階に出ることが出来ます。

 

Fondation Louis Vuitton

 

公園や、街並みを見渡すことが出来ます。

 

Fondation Louis Vuitton

 

様々な角度からパリの街並みを見ることが出来るので、ぜひ屋上まで訪れてください。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

いろいろ騒がれていたFondation Louis Vuitton。

正直、最初は、行くべきかどうか迷っていました。

何も最新の美術館に来なくても、パリには沢山の美術館があります。

そちらに行けば良いだろうと考えていました。

場所も中心地から少し距離がありますし、、、。

 

しかし実際に訪れて見ると、いい意味で予想を裏切る素晴らしさでした。

 

建物の外観、内観もさることながら、展示されている作品も素晴らしかった。

それに、ルイヴィトン美術館オリジナルグッズを購入出来るのも嬉しいですし、、。

 

展示されている作品はその時々で、様々なテーマで開催されているので、次回もぜひ訪れようと思っています。

なお、私は時間の都合上、レストランで食事をすることは出来ないのですが、お時間のある方は、Le Frank(ル・フランク)でランチを楽しむのを良いかも知れません。

星付きシェフの美味しい料理がお手頃価格で楽しめます。

 

fondation

Le Frank(ル・フランク)

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です