ストラスブール近現代美術館コレクション ピカソ カンディンスキーなど19世紀から現代まで

Femme à la guitare

 

今回はストラスブール近現代美術館コレクションのご紹介です。

19世紀前半から現代に至るまで、様々なアーティストが展示されています。

皆さんお馴染みの画家から、現在も活躍しているアーティストまで、幅広い分野で楽しめますので、ぜひ美術館を訪れる際の参考にしてみてください。

 

Contents

Théodore Deck (1823-1891)

 

Théodore Deck

フランスの陶芸家です。

 

Gustave Doré (1832-1883)

 

Le Christ quittant le prétoire

Le Christ quittant le prétoire(1867-72)

フランス、画家、イラストレーター、ストラスブール生まれです。

挿絵画家としても名を馳せました。

この作品は部屋一面、高さ6m、幅9mあるとても大きな作品です。

 

Le Mont Sainte-Odile avec le mur païen

Le Mont Sainte-Odile avec le mur païen (1869)

 

Le Calvaire

Le Calvaire (1877)

 

Les Martyrs Chrétiens

Les Martyrs Chrétiens (1871)

 

Loch Leven

Loch Leven (1878)

 

Soir en Alsace

Soir en Alsace (1869)

 

Alfred Sisley (1839-1899)

 

Alfred Sisley

Bords de Seine ou du Loing (1878/79)

印象派を代表する画家です。

 

Les coteaux de La Celle vus de Saint-Mammès

Les coteaux de La Celle vus de Saint-Mammès, après-midi de septembre (1884)

 

Eugène Samuel GRASSET (1845-1917)

 

La Valkyrie

La Valkyrie (1893)

 

Affiche Le tréteau de Tabarin

Affiche Le tréteau de Tabarin (1898)

スイスの画家、フランスで活動していました。

アールヌーボーの先駆者的な存在です。

 

Émile Gallé (1846-1904)

 

Émile Gallé

Vase aux orchidées (1897-98) Émile Gallé 左から

Coupe à décor de plantes aquatiques (avant 1900) Émile Gallé 

Vase vigne et escargots (1904) Antonin Daum

Vase pluie (1904) Antonin Daum

Coupe à pied a décor de cigales (1903) Émile Gallé 

アールヌーボーの代表的なガラス工芸家。

Antonin Daumもアールヌーボーのガラス工芸家です。

詳しくは、ナンシー派美術館、ナンシー美術館をご覧ください。

 

Frits Thaulow (1847-1906)

 

Frits Thaulow

Paysage (1903) 

ノルウェー、写実主義の画家です。

 

Lothar von SEEBACH (1853-1930)

 

Nu devant la glace

Nu devant la glace (1905)

ドイツ生まれ、主にストラスブールで活動していました。

 

Antoine BOURDELLE (1861-1929)

 

Antoine BOURDELLE

Buste de Ludwig van Beethoven (1903)

20世紀を代表する彫刻家です。

 

Jacques-Emile BLANCHE (1861-1942)

 

Jacques-Emile BLANCHE

Jacques-Emile BLANCHE (1912)

フランス、肖像画家として名を馳せました。

 

Le Concert

Le Concert (1910)

 

Charles Spindler (1865-1938)

 

Charles Spindler

Sainte Odile sur son lit de mort (1900) 寄木細工

フランスの工芸家です。

 

Vassily Kandinsky (1866-1944)

 

Vassily Kandinsky

Automne en Bavière (1906)

ロシア生まれの画家。

表現主義から抽象主義へと移行していきます。

抽象主義の先駆者的な画家です。

 

Portrait de Verlaine

Portrait de Verlaine (1909)

 

Auf hellem Grund

Auf hellem Grund (1916)

 

Maquette pour le Salon de musique réalisé pour l'exposition d'architecture allemande de Berlin 1931

Maquette pour le Salon de musique réalisé pour l’exposition d’architecture allemande de Berlin (1931)

 

Le Salon de musique du Bauhaus

Le Salon de musique du Bauhaus (1931)

 

Drei Elemente

Drei Elemente (1925)

 

 

 

František KUPKA (1871-1957)

 

František KUPKA

Le Rouge à lèvres n° II (1908)

Petite Fille au ballon

Petite Fille au ballon (1908)

チェコ、キュピズム、抽象主義の画家です。

 

Espaces animés

Espaces animés (1922)

 

Fleurs en broderie

Fleurs en broderie (1925)

 

Crépuscule et lumière

Crépuscule et lumière (1925)

 

Facture robuste

Facture robuste (1914-22)

 

Emile SCHNEIDER (1873-1947)

 

Autoportrait

Autoportrait (1924)

ストラスブールを中心に活動した画家です。

 

Pablo PICASSO (1881-1973)

 

Buste de femme

Buste de femme (1926)

スペイン、マラガで生まれ、主な活動はフランスが中心でした。

キュピズムの創設者として有名ですが、年代によって様々なスタイルで描かれています。

 

Personnages debout

Personnages debout (1958)

 

Mikhail Larionov (1881-1964)

 

Arbres au soleil

 Arbres au soleil (1905)

ロシアの画家、活動は主にパリ。

印象派からポスト印象派、ネオプリミティヴィスムへと移行していきます。

 

Mikhail Larionov

Nature morte aux soucis et plante grasse (1909)

 

Natalia Goncharova (1881-1962)

 

Natalia Goncharova

Basse-cour (1908)

ロシアの画家であり、ネオプリミティヴィスムへと移行していきます。

ラリオーノフと共に活動しました。

 

Louis-Philippe Kamm (1881-1959)

 

Sans titre (Bow-window)

Sans titre (Bow-window) (1924)

ストラスブールの画家、イラストレーターです。

 

Frédéric Fiebig (1885-1953)

 

platanes

Patanes (1908-11)

ラトビアで生まれ、フランスで活動していました。

ポスト印象派から表現主義まで、幅広いスタイルで活動していました。

また、世界大戦等の時代に翻弄された画家です。

 

Lou Albert-Lasard (1885-1969)

 

Lou Albert-Lasard

La Loge (1919)

フランス、表現主義の画家です。

 

Christ au jardin des oliviers

Christ au jardin des oliviers

 

Jacques GACHOT (1885-1954)

 

Autoportrait

Autoportrait (1913)

 

フランス、ストラスブールの画家です。

 

Jean ARP (1886-1966)

 

Le Crucifié

Le Crucifié (1914-15)

ストラスブールの画家、彫刻家。

ダダイズムからシュールレアリスムに属します。

 

La Petite Déméter

La Petite Déméter (1960) 左から

Torse-Profil (1959)

Figure recueillie (1956)

 

Luc HUEBER (1888-1974)

 

Nu

Nu (1926)

フランスの画家です。

 

Heinrich Campendonk (1889-1957)

 

Der Wald

Der Wald (1919)

ドイツ、表現主義の画家です。

 

Wirtshausszene

Wirtshausszene (1919)

 

Frans MASEREEL (1889-1972)

 

Frans MASEREEL

Montmartre (1926)

主にフランスで活動していた、グラフィックアーティストです。

 

Willi BAUMEISTER (1889-1955)

 

Schwarze Drachen und Blau

Schwarze Drachen und Blau (1950)

ドイツの画家、イラストレーター。

 

Jacques LIPCHITZ (1891-1973)

 

Jacques LIPCHITZ

Nature morte aux instruments de musique (1918)

リトアニアで生まれ、フランスで活躍、その後アメリカに渡りました。

キュピズムの彫刻家です。

 

Max ERNST (1891-1976)

 

Les Poissons noctambules

Les Poissons noctambules (1972)

ドイツ生まれ、フランス、アメリカで活動しました。

ダダイズムからシュールレアリスムを代表する画家です。

 

Après moi le sommeil

Après moi le sommeil (1958)

 

Joan MIRÓ (1893-1983)

 

Peinture

Peinture (1927)

スペインの画家、独自の世界観を築きました。

 

Marcel JANCO (1895-1984)

 

Marcel JANCO

Blanc sur blanc (1917)

ルーマニアの画家、建築家。

ダダイズムから表現主義など、様々な要素を組み込んでいるようです。

 

César DOMELA (1900-1992)

 

Relief 10

Relief 10 (1981)

オランダ、キュピズムから抽象主義の画家です。

 

Victor BRAUNER (1903-1966)

 

Strigoï, La Somnambule

Strigoï, La Somnambule (1946)

ルーマニアで生まれ、フランスで活動しました。

シュールレアリスムの画家です。

 

L'Animal moderne solidifiant l'autre temps

L’Animal moderne solidifiant l’autre temps (1942)

 

Rencontre avec moi-même aux quatre chats du monde

Rencontre avec moi-même aux quatre chats du monde (1948)

 

La Parole

La Parole (1938)

 

Logos et les trois matières

Logos et les trois matières (1962)

 

Roberto Matta (1911-2002)

 

Composition

Composition (1970)

チリで最も有名な画家の一人。

フランス、アメリカで活動しました。

抽象表現主義、シュールレアリスムになります。

 

Asger Jorn (1914-1973)

 

Détournement de Paysage

Détournement de Paysage (1959)

デンマークの画家であり、COBRA運動の中心的人物です。

 

Judit REIGL (1923- )

 

Torse

Torse (1967)

ハンガリーの画家、パリで活動しています。

 

Mario MERZ (1925-2003)

 

Mulino di Lanzo

Mulino di Lanzo (1982)

イタリアの芸術運動、Arte Povera(貧しい芸術)を代表するアーティストです。

 

Raymond HAINS (1926-2005)

 

Dubuffet au Grand Palais

Dubuffet au Grand Palais (1973)

フランス、ヌーヴォー・レアリスムの創設者です。

 

Vincent BIOULÈS (1938- )

 

Vincent BIOULÈS

La Nuit (1979)

フランスのアーティストです。

 

l'hiver

L’hiver (1985)

 

Max G. Kaminski (1938-2019)

 

Chien avec trois têtes

Chien avec trois têtes (1985)

ドイツの画家です。

 

Georg BASELITZ (1938- )

 

Drei Köpfe mit Schnecke

Drei Köpfe mit Schnecke (1966)

ドイツのアーティストです。

 

Per KIRKEBY (1938-2018)

 

Sans titre, N° 133/R

Sans titre, N° 133/R (1981)

デンマーク、新表現主義のアーティストです。

 

A.R. PENCK (1939-2017)

 

Vor dem Ausschuss

Vor dem Ausschuss (1989)

ドイツのアーティストです。

 

Alighiero BOETTI (1940-1994)

 

Seguire il filo del discorsoSeguire il filo del discorso

Seguire il filo del discorsoSeguire il filo del discorso (1977)

イタリアの芸術運動、Arte Povera(貧しい芸術)のメンバーとみなされています。

 

Markus LÜPERTZ (1941- )

 

Feigling (Dithyrambisch)

Feigling (Dithyrambisch) (1964)

ドイツ新表現主義の代表的なアーティストです。

 

Bertrand Lavier (1949- )

 

Bertrand Lavier

Pleyel (1998)

 

Marlene DUMAS (1953- )

 

The Ritual

The Ritual (1988-91)

南アフリカで生まれ、現在はオランダを中心に活動しています。

 

Helmut MIDDENDORF (1953- )

 

Stage

Stage (1981)

ドイツのアーティストです。

 

Albert OEHLEN (1954- )

 

Ziggy

Ziggy (2001)

ドイツのアーティストです。

 

Alain SÉCHAS (1955- )

 

Alain SÉCHAS

 

Alain SÉCHAS

 

Alain SÉCHAS

 

フランスのアーティストです。

かなり広いスペースで展示されていました。

 

Vincent CORPET (1958- )

 

3812 S

3812 S (2016)

フランス、パリで活躍する画家です。

 

Marc DESGRANDCHAMPS (1960- )

 

Sans titre

Sans titre (2000)

フランス、リヨンの画家です。

 

Daniel RICHTER (1962- )

 

Der ewige Tagtraum der drei Irren vom Berg

Der ewige Tagtraum der drei Irren vom Berg (2000)

ドイツの画家です。

 

Jan VAN IMSCHOOT (1963- )

 

Le Mot maternel

Le Mot maternel (2000)

ベルギーのアーティストです。

 

Yannick DEMMERLE (1969- )

 

Yannick DEMMERLE

Sans titre (2001)

 

Damien DEROUBAIX (1972- )

 

Damien DEROUBAIX

Wunder der Natur (2017-18)

フランス、リール出身の画家です。

 

Raphaël ZARKA (1977- )

 

Monte oliveto n° 15 (Sud)

Monte oliveto n° 15 et n° 16 (Sud) (2016)

フランスのアーティスト、スケートボードに強い関心を持っています。

 

まとめ

 

かなりの量になりましたが、もちろん、ほんの一部の作品のご紹介です。

 

実は、私がストラスブール近現代美術館を訪れた時、日本でストラスブール近現代美術館展なるものを行っていたために、作品によっては貸し出し中になっていました。

 

訪れる時期によってはさらに楽しめるコレクションが展示されていると思います。

ぜひストラスブール観光のスケジュールに組み合わせて訪れてみてください。

 

なお、ストラスブール近現代美術館については、こちらで詳しくご紹介させて頂いております。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です