ストラスブール観光 CTS トラムチケットの購入方法と利用方法 世界遺産の街並みをトラムから眺めよう

Compagnie des Transports Strasbourgeoisストラスブール

 

 

ストラスブール観光で利用すると便利なのがトラムです。

ストラスブールの観光スポットはコンパクトに集まっていてその気になれば徒歩で見て周ることも出来るのですが、トラムを利用するとさらに効率良く見て回ることが出来ます。

またトラムから眺める街の景色も徒歩で見る景色とはまた違ってとても楽しいです。

 

但しフランスの場合どこの地方都市でも同じなのですが、チケットの購入方法がそれぞれ違います。

最初は戸惑いますが、慣れてしまうと問題なく利用出来るようになりますので、当サイトを参考にぜひ現地を訪れる際は、トラムやバスを利用して見てください。

 

それでは早速ご紹介させて頂きます。

 

 

CTS

 

CTSとは、Compagnie des Transports Strasbourgeoisの略語です。

日本語に訳すとストラスブール輸送会社みたいな感じになると思います。

 

1877年に設立され、現在6つのトラムと、バスのネットワークを運営しています。

 

チケットの種類

 

実は券売機の利用方法より、チケットの種類を選択する方が難しいかもしれません。

以下に旅行者が利用する主なチケットの種類を挙げさせて頂きます。

まとめ記事も参考に、旅程、観光コースに合わせてお選びください。

 

1回券

 バス(車内購入)初回購入リチャージ時
SINGLE21.81.7
SINGLE×2(1名のみ)なし3.53.4
SINGLE×10(1名のみ)なし14.113.2

 

同一チケットで乗り換えは出来ません。

 

1回券 割引券

 初回購入リチャージ時
12歳以下、または65歳以上10.39.6

 

乗り放題券

 売り切り
24H SOLO(一人)4.6
24H TRIO(2人から3人)6.9

 

初回の利用時から24時間有効、延長不可。

 

滞在中にストラスブール近郊へ移動の予定のある方は、上記以外のチケットがありますので、詳しくはこちらをご覧ください。

CTS Ticket

 

チケットの購入方法

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

まずは券売機に向かいます。

写真はストラスブール駅から地下にあるトラムの駅、Gare  Centrale へ向かう途中にあるものです。

あまり並ぶようなことはないと思います。

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

中央の液晶部分が操作画面、右側の電卓のような場所がクレジットカード等の支払い部分です。

中央の丸いダイヤルで画面の操作をします。

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

CTSのロゴが全画面に表示されている場合は、右下のダイヤルを回したり押したりすればこの画面に切り替わります。

日本語はありませんが、言語選択をすることが可能です。

英語でもフランス語でもあまり差はないと思いますが、今回は英語を選択しました。

 

最初に、左か右を選択しますが、初めて購入する場合は、右側を選択します。

 

ポイント

CTSのチケットは再利用出来る仕様になっています。

そのため、2回目の購入時などは、左側のRechargement を選択して、すでに持っているチケットに再度チャージすることになります。

その際は若干の割引料金になりますので、チケットは最後までなくさないように持っておきましょう。

チャージするときはダイヤルの下にあるボックスにチケットを置いてください。

 

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

ダイヤルを回して購入画面に進みます。

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

URBAN TICKET を選択します。

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

次に問題のチケットの選択画面が表示されます。

とにかく種類が沢山あるので、どのチケットを購入すべきか迷います。

先ほどご紹介させて頂いた、チケットの種類を参考に選んでください。

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

今回は2人利用ですが、TRIOを選択します。

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

次にチケットの枚数を選択します。

2人利用なので、思わず2を選択してしまいそうになりますが、1を選択。

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

支払い内容の確認です。

間違いがなければ、支払いに進みます。

なお、支払い方法は、コイン、またはクレジットカードのみになります。

お札は利用出来ないので注意してください。

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

グリーンの部分にクレジットカードを差し込んで支払いをします。

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

クレジットカードを差し込んだら、右側にあるピンパッド暗証番号を入力してください。

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

レシートは出ないとのことです。

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

券売機の下にチケットが出てきますので、忘れずに持っていきましょう。

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

今回購入したチケットがこちら。

TRIOになります。

購入した内容によって表示されている部分は変わります。

チケットにも記載されていますが、リチャージが出来ると書いてあります。

 

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

なおチケットは基本的にどこのトラムの駅でも購入することが可能です。

多少機械の見た目は違いますが、操作方法は全く一緒ですので、ご紹介させて頂いた通りに操作してください。

 

チケットの利用方法

 

Compagnie des Transports Strasbourgeois

 

チケットの利用方法はとても簡単です。

トラムのホームにこのような機械が設置してありますので、かざせばOKです。

必ず音がするのを確認してください。

キチンと読み込ませないと無賃乗車になってしまうので、注意してください。

 

バス 10番線

 

バスの場合はこのように車内に赤いボックスがありますので、こちらにタッチして利用してください。

バスの車内でチケットを購入することも出来ますが、1回2ユーロと割高になりますので、ご注意ください。

 

ポイント

チケットのかざし忘れにだけは注意してください。

もしきちんと読み取られずに、そのまま乗車してしまい、検札に引っかかってしまうと高額な罰金を課せられます。

旅行者だからとかの理由で免除されることは絶対にありませんので、必ず音がなったことを確認することを忘れないようにしてください。

 

まとめ

 

今回2人の旅行でしたが、チケットはTRIOを購入しました。

 

ストラスブール観光でトラムとバスを合わせて3回利用する予定だったために総合的にみてこのチケットを選択しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

パリから日帰り ストラスブール 大聖堂からプティトフランス地区まで 世界遺産 Grande Île de Strasbourgを満喫しよう
パリからTGVで2時間、フランス北東部に位置する人気の観光都市ストラスブール。 長い歴史の中で、色々な国の文化が入り混じっている魅力あふれる街です。 一般的な観光地はイル川の中州であり、世界遺産にも登録されている、Grand...

 

通常の1回チケットは1.8ユーロなので、リチャージ分を割り引いて、トータルで一人5.2ユーロ

2人だと10.4ユーロになります。

 

24時間チケットの場合は、一人、4.6ユーロ

2人だと9.2ユーロになります。

 

TRIOは6.9ユーロなので、2人から3人で利用する場合は、最もコストが安くなりますので、こちらを購入しました。

 

なお、ストラスブールで宿泊される方で2日以上かけて観光される方は注意が必要です。

チケットは利用開始後24時間有効ですので、何時から利用して何時まで利用出来るのかをよく考えて選んでくださいね。

 

ぜひCTSをご利用予定の方は参考にしてみてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました