ナンシー美術館 ルーベンス カラヴァッジョ ドラクロワから印象派 現代美術までフランス最古の美術館へ行こう

スポンサーリンク
ナンシー美術館パリから日帰り旅行

ナンシーの中心部、スタニスラス広場の一角にあるのが、ナンシー美術館

ナポレオンの命により造られた美術館は、地方都市にある美術館の中でも、とても充実したコレクションを展示しています。

ルーベンスカラヴァッジョを始め、印象派、現代美術、そして他では見ることの出来ないドーム兄弟の圧巻のガラス作品のコレクションがあるのもナンシー美術館の魅力です。

それでは早速、ナンシー美術館について詳しくご紹介させて頂きます。

ナンシー美術館 Musée des Beaux-Arts de Nancy

基本情報

Musée des Beaux-Arts de Nancy ナンシー美術館

住所:3 Place Stanislas, 54000 Nancy, フランス

営業時間:水曜日~月曜日 10:00~18:00

定休日:火曜日

入場料

ナンシー美術館 チケット

一般価格:7ユーロ

割引価格:4.5ユーロ

割引対象者:12歳~25歳、65歳以上の方、10人以上のグループなど。

オーディオガイド:3ユーロ(身分証明書も必要)

歴史

フランス革命期に貴族や教会から没収された作品がコレクションの中核をなしています。

1801年、ナポレオンの意向により、ルーブル美術館から30点の作品が持ち込まれます。

美術館は18世紀半ばに、スタニスラウス王、ロレーヌ公爵、ポーランド国王のために、建築家Emmanuel Héréが設計したパビリオンが使用されています。

1936年、Jacques と Michel Andréにより、拡張されています。

1999年には2回目の大規模拡張工事が行われ、それまでの2倍の大きさに拡張されました。

所要時間

外観はコンパクトに見えますが、館内は広いです。

展示されている作品も多岐にわたりますので、余裕を持って訪れたい美術館です。

足早に見れば、1時間30分、出来れば2時間位欲しいところです。

宗教画やガラス製品に興味のある方はさらに時間がかかる場合もあります。

外観

ナンシー美術館

スタニスラス広場に佇む建物は、細部に至るまで丁寧に造られていてます。

左右にある門も見どころの一つです。

詳しくはスタニスラス広場についての記事をご参照ください。

世界遺産に登録されたフランス スタニスラス広場 世界で4番目に美しい広場を見に行こう
フランスで最も美しいと言われるスタニスラス広場。その美しさはフランス国内だけにとどまらず、世界でも屈指の美しさと言われています。今回はそんな魅力溢れる広場をご紹介させて頂きたいと思います。Place...

館内

ナンシー美術館 

館内の造りが美しいのもナンシー美術館の特徴です。

管理もきちんとしているので、清潔で気持ちの良い空間です。

写真はペリスタイルの広間です。

ナンシー美術館

螺旋階段も見どころの一つです。

ジャン・ラムールにより製作された手すりもスタニスラス広場の門とイメージが通じています。

ナンシー美術館

こちらは上階から撮影。

見るのはとても美しいですが、昇り降りは大変です。

ナンシー美術館

展示ルームも余裕を持って飾られています。

また人が少ないので、ゆっくりと鑑賞することが出来るのも魅力です。

ナンシー美術館

作品の展示にもこだわりが見られ、きちんと管理されているのが分かります。

他の地方の美術館に比べても綺麗さで言えば、かなり上位に入ると思います。

館内マップ

ナンシー美術館 館内マップ

地上階(日本式1階)のフロアマップです。

左下が入り口で、スタニスラス広場に通じます。

鑑賞は左手の階段を上がって、2階(日本式3階)からになります。

ナンシー美術館 館内マップ

こちらは1階(日本式2階)のフロアマップになります。

17世紀~18世紀が中央になります。

番号10番から12番にはオリエンタルやアジアのコレクションが展示されています。

ナンシー美術館 館内マップ

最上階、2階(日本式3階)のフロアマップになります。

14世紀から16世紀、そしてルーベンスのコレクションが展示されています。

ナンシー美術館 館内マップ

こちらは地下1階のフロアマップになります。

最後に鑑賞することになると思いますが、かなり圧巻の展示量です。

ガラス製品がこれだけ沢山展示されているのも珍しいと思います。

見どころ コレクション

Peter Paul Rubens (1577-1640)

La Transfiguration

La Transfiguration (1605)

バロック様式に最も影響を与えたと言われているルーベンス。

キリスト教や古典文学に深い造詣があったことが作品からもみて取れると思います。

Michelangelo Merisi da Caravaggio (1571-1610)

Michelangelo Merisi da Caravaggio

L’Annonciation (1607-1610)

近代絵画の基となる作品を生み出したカラヴァッジョ

L’Annonciation(受胎告知)は彼の後期の作品です。

Claude Gellée dit Le Lorrain (1600?-1682)

Bataille près d’une forteresse

Bataille près d’une forteresse (1638)

ロレーヌ出身の画家であり、後世の画家たちに多大な影響を与えた一人です。

ロダンも彼の像を制作しています。

この作品は戦争のワンシーンを描いた作品ですが、家族が敵から逃げて森に隠れようとしている場面を描いています。

他の作家にはない独特の視点で描かれています。

Ferdinand Victor Eugène Delacroix (1798-1863)

La Bataille de Nancy

La Bataille de Nancy (1831)

ルノワールやゴッホに多大な影響を与えたドラクロワ。

19世紀のロマン主義を代表する画家です。

「ナンシーの戦い」は発表当時、色々と物議をかもした作品です。

Émile Friant (1863-1932)

Émile Friant

Toussaint (1888)

自然主義、肖像画家として有名なエミール・フリアン

Toussaintは墓地のシーンを描いた1枚です。

Daum Frères ドーム兄弟

Daum Frères

AugusteAntoninの兄弟からなる、Daum Frères(ドーム兄弟)の作品群。

ナンシー美術館のその他の膨大なコレクションの一部は、こちらで詳しくご紹介させて頂いております。

ナンシー美術館コレクション ルネサンスからバロックまで ペルジーノやルーベンスなど51人をご紹介
ナンシー美術館コレクション第1弾。今回は、主にルネサンスからバロックまでの画家を中心にご紹介させて頂きます。宗教画があまり得意でない方もいらっしゃると思いますが、ペルジーノからダビンチやミケランジェロの弟子たち、ル...
ナンシー美術館コレクション ロココから現代美術まで ラフォッセからプルべ マティスなど47人をご紹介
ナンシー美術館コレクション第2弾。今回は、17世紀から現代までの47人の画家をご紹介させて頂きます。あまり西洋絵画にご興味のない方も、聞いたことのある名前が沢山出てきますので、ぜひ楽しんでご覧になってみてください。...
ナンシー美術館コレクション ドーム Daum Frères 地下にある壮大なガラス作品
ナンシー美術館コレクション第3弾は、美術館の地下にあるドーム兄弟のガラス作品を中心にご紹介させて頂きます。またガラス作品だけでなく、展示室も、15世紀~17世紀の街の要塞の一部が残っているので、独特の雰囲気のある場所になっ...

まとめ

とにかく見どころが沢山あるナンシー美術館

ナンシー観光の際は、外せないスポットの一つです。

館内はそれほど広くないのですが、一つ一つ鑑賞していると意外と時間がかかります。

観光ルートに上手く組み合わせて訪れて見てくださいね。

なお、鑑賞の際に注意事項が一つあります。

それは、リュック等の大き目のバックを持っている場合は、背中等に背負うことが出来ないことです。

そのため、前に背負う感じで持っていてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました