ストラスブール 近現代美術館 ロダンから現在活躍するアーティストまで 所要時間と見どころをご紹介

ストラスブール 近現代美術館ストラスブール

 

ストラスブール近現代美術館は、観光の中心地である、Grande Île de Strasbourgから少し離れた、イル川の少し外側にあります。

地図で見ると観光コースに組み込むのをためらうかもしれませんが、バスやトラムを利用すると、中心地より10分ほどで到着しますので、ぜひ訪れて欲しいと思います。

 

展示されている作品は、美術館の名前通り、近現代に絞った展示となっています。

誰もが知っているロダンやシスレーから、現在も活躍する最新のアーティストまで展示されているので、どなたでも十分に楽しんで頂けると思います。

 

それでは早速ご紹介させて頂きます。

 

 

ストラスブール 近現代美術館 Musée d’Art Moderne et Contemporain de Strasbourg

 

Musée d’Art Moderne et Contemporain de Strasbourg ストラスブール 近現代美術館

 

住所:1 Place Hans-Jean-Arp, 67000 Strasbourg, フランス

営業時間:火曜日~日曜日 10:00~18:00

定休日:月曜日

 

 

入場料

 

ストラスブール近現代美術館

 

一般価格:7ユーロ

割引価格:3.5ユーロ

割引対象者:18歳以下、他に対象者あり

 

歴史

 

1960年代に美術館の計画が始まる。

1973年、ロアン宮殿に最初の美術館が開館。

1998年11月、建築家Adrien Fainsilberにより建設された現在の建物にオープン。

 

1870年頃の印象派の作品から現在に至るまでの絵画や彫刻、写真、その他のアート作品が収集、展示されています。

 

所要時間

 

美術館は中規模の大きさです。

下にある館内マップを見て頂くとわかるのですが、通路を挟んで左右に展示室があります。

また、2階にも展示室があるので、足早に見ても1時間は必要だと思います。

ゆっくり鑑賞されたい方は、2時間ほどあれば十分ではないかと思います。

 

外観

 

ストラスブール 近現代美術館

 

独特の雰囲気を持つ建物です。

訪問時は、誰かのペイントがされていたので、かなり存在感がありました。

入り口前のスペースにも何かの像が立っています。

 

ストラスブール 近現代美術館

 

こちらが美術館への入り口です。

かなり性能の悪い自動ドアなので、焦らずに使うようにしてください。

出る人と、入る人が重なると、すぐにドアが開かなくなります。

 

ストラスブール 近現代美術館

 

モルスハイム通りから来ると、入り口が分かりにくいので注意してください。

 

館内マップ

 

ストラスブール現代美術館 マップ

Plan Musée d’Art Moderne 

 

右側にある丸い緑の部分が、先ほどの画像にもある入り口です。

入り口を入ると正面にギフトショップ、左側に受付があります。

 

ストラスブール観光の1日券を購入されている方は、この受付でチケットを見せると、近現代美術館専用のチケットをもらうことが出来ます。

 

ストラスブール近現代美術館

 

真ん中の通路はこんな感じです。

一番奥が入り口になります。

 

見どころ コレクション

 

Auguste Rodin (1840-1917)

 

Auguste Rodin

Le Penseur (1904)

近代彫刻の父と呼ばれるロダン。

ロダンについては、こちらで詳しくご紹介させて頂いております。

ロダン美術館 パリ 美しい庭園と地獄の門を見に行こう 見どころと所要時間 マップ付きで詳しくご紹介
ロダンの考える人、知らない人はまずいないと言っても過言ではないと思います。 そんな世界的な彫刻を創り出したロダンの美術館がパリの中心地にあります。 ルーブル美術館をはじめとする有名な美術館も良いですが、どうしても沢山の観...

 

Félix VALLOTTON (1865-1925)

 

Femme nue dormant au bord de l'eau

Femme nue dormant au bord de l’eau (1921)

スイスの画家で、ナビ派の重要なメンバーの一人です。

現代木版画の発展の重要な人物です。

 

Pablo PICASSO (1881-1973)

 

Femme à la guitare

Femme à la guitare (1924)

スペイン、マラガで生まれ、主な活動はフランスが中心でした。

こちらの作品は、キュピズム時代を代表する作品です。

 

Heinrich Campendonk (1889-1957)

 

Der Wald

Der Wald (1919)

ドイツ、表現主義の画家です。

 

その他の膨大なコレクションの一部は、こちらで詳しくご紹介させて頂いております。

ストラスブール近現代美術館コレクション ピカソ カンディンスキーなど19世紀から現代まで
今回はストラスブール近現代美術館コレクションのご紹介です。 19世紀前半から現代に至るまで、様々なアーティストが展示されています。 皆さんお馴染みの画家から、現在も活躍しているアーティストまで、幅広い分野で楽しめますので、ぜひ美術館...

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

館内の様子はもう一つお伝え出来ていないと思いますが、実際に訪れて見ると本当に色んな作品が展示されています。

絵画や、彫刻だけでなく、正直何だかよく分からないようなものまでが展示されています。

 

現代美術の楽しみ方の一つとして、自分では何だかよく分からないものを、色々と調べて、アーティストの意図しているものを探ってみるのもお勧めの方法です。

 

限られた観光の中で、なかなか時間を割きにくいと思いますが、ぜひストラスブールに訪れた際は、立ち寄って頂きたい観光スポットです。

 

なお、ストラスブール近現代美術館へ行き方はこちらで詳しくご紹介させて頂いております。

パリから日帰り ストラスブール 大聖堂からプティトフランス地区まで 世界遺産 Grande Île de Strasbourgを満喫しよう
パリからTGVで2時間、フランス北東部に位置する人気の観光都市ストラスブール。 長い歴史の中で、色々な国の文化が入り混じっている魅力あふれる街です。 一般的な観光地はイル川の中州であり、世界遺産にも登録されている、Grand...

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました