西洋絵画史 イギリス ロココから新古典主義 人物相関図 イギリス絵画の開眼

スポンサーリンク
18世紀 イギリス西洋絵画史

今回はイギリス、ロココから新古典主義を中心にご紹介させて頂きます。

イギリスの絵画は、宗教改革の影響もあり、有名な画家が登場するのは、18世紀に入ってからになります。

そして19世紀に入るとイギリス絵画が最盛期を迎えます。

その最盛期を生み出す原動力になるのが、今回ご紹介させて頂く時代になります。

一体どんな画家たちが現れるのか、ロココから新古典主義の人物相関図と共に詳しくご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

イギリス ロココ~新古典主義とは

18世紀のイギリス絵画は、1707年合同法の制定以降、肖像画を中心に発展します。

初期には、トマス・ハドソンアラン・ラムジーのライバル関係にある2人が中心となって発展させます。(肖像画が中心)

18世紀の後半にかけて、ジョシュア・レイノルズトマス・ゲインズバラといったロココの画家が活躍するようになります。
(後半は新古典主義になります)

19世紀にはロマン主義が強くなってくるので、イギリスでの新古典主義の時代は短いものになります。

スポンサーリンク

特徴

ジョシュア・レイノルズも晩年は新古典主義の作品を描きますが、人気があったのは、アメリカからイギリスに来た画家たちになります。

特に、ベンジャミン・ウェストジョン・シングルトン・コプリーギルバート・ステュワートなどが有名です。

時代背景

産業革命

1760年代から1830年代にかけて、それまでの重商主義政策に加え、産業革命が起きる。

農業や、製鉄技術の発展、蒸気機関の発明などが挙げられる。

年表

1707年、1707年合同法の制定、グレートブリテン王国の誕生、スコットランド王国との合併

1765年、ジェームズ・ワットによる蒸気機関の発明

1768年、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ王立芸術院)の設立

1775年~1783年、アメリカ独立戦争

1798年~1814年、ナポレオン戦争

1801年、1800年合同法の制定、アイルランド王国との合併

代表画家

ジェラール・ゾースト(Gerard Soest, 1600-1681) 肖像画

ジョン・ライリー(John Riley, 1646-1691) 肖像画

ジョナサン・リチャードソン(1667-1745) 肖像画

トマス・ハドソン(Thomas Hudson、1701-1779) 肖像画

ハンス・ハイシング(Hans Huyssing, 1678-1752)

フランチェスコソリメーナ(Francesco Solimena, 1657-1747) イタリア バロック

フランチェスコ・フェルナンディ (Francesco Fernandi, 1679–1740) イタリア バロック ロココ

アラン・ラムジー(Allan Ramsay, 1713-1784)

ジョセフファンアーケン(Joseph van Aken, 1699–1749)

デビッド・マーティン(David Martin, 1737–1797)

フィリップ・レイナグル(Philip Reinagle, 1749–1833)

ユベール=フランソワ・グラヴロ(Hubert-FrançoisGravelot,1699-1773)

ジョシュア・レイノルズ(Sir Joshua Reynolds, 1723-1792)

トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough, 1727-1788)

アンゲリカ・カウフマン(Maria Anna Angelika Katharina Kauffmann, 1741-1807) 女性画家

ベンジャミン・ウェスト(Benjamin West, 1738-1820) アメリカ人画家

ギルバート・ステュワート(Gilbert Charles Stuart, 1755-1828) アメリカ人画家

ジョン・シングルトン・コプリー(John Singleton Copley, 1738-1815) アメリカ人画家

ジョージ・スタッブス(George Stubbs, 1724-1806)

ジョセフ・カール・スティーラー (Joseph Karl Stieler, 1781-1858)

フランツ・ヴィンターハルター(Franz Xaver Winterhalter, 1805-1873) ドイツ人画家

アントン・ラファエル・メングス(Anton Raphael Mengs, 1728-1779) ドイツ人画家

フランシスコ・デ・ゴヤ(Francisco Jose de Goya y Lucientes, 1746-1828) スペインの巨匠 ロマン主義

※ 分類が違う場合もあります。

新古典主義以外の画家が多く含まれています。

カタカナ表記に関して実際の発音と異なる場合もあります。

人物相関図

西洋絵画史 イギリス ロココから新古典主義 人物相関図

★ご利用の注意点★

上の代表画家の相関図です。

青い矢印は師弟関係を表していますが、実際はその関係がはっきりしていなかったり、ワークショップで働いたことがあるだけであったりします。

情報は英語版、フランス語版ウィキペディアを参考に製作しています。

まとめ

産業革命という大きな時代の転換期にあたるこの時期は、様々な作品が生み出されて行きました。

肖像画を中心に始まった18世紀のイギリス絵画も19世紀初頭には、風景画、日常の生活画、空想的な作品などが次々と製作されて行きます。

次回は、イギリス絵画の絶頂期でもある19世紀についてご紹介させて頂きます。

ヨーロッパ各地に大きな影響を与えた時期であり、皆様よくご存知の画家や、有名画家とのつながりなど色んな景色が見えてきます。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました