パリ 治安 地区別マップ 昼夜立ち入り禁止の3つの区から安全な地区まで 実際の被害状況を参考に安全に過ごす方法

シャンゼリゼパリ

 

今回は治安についてより詳しく見ていきましょう。

パリはとても素敵な街ですが、残念ながら日本と比べると治安があまり良くありません。

置き引き、スリ、ひったくりなどが多発しています。

しかし、治安について少しだけ意識してパリを散策すれば、そんなトラブルに巻き込まれる確率はかなり低くなります。

 

パリ旅行を楽しく、そしてまた何度も訪れたくなるには、治安について、きちんと理解しておくことが大切です。

今回は地図を見ながら、パリ全体をイメージして、地域ごとの雰囲気を頭の中に入れておきましょう。

 

パリの基本情報  ~治安区別マップ~

 

 

まずは、上記の地図をよくみてください。

上手く表示されない場合はこちらをクリックしてください。

パリ治安マップ

 

パリは地域によって、「区」ごとに分けられています。

日本で言えば東京23区 のような区切りだとイメージしてもらうのが良いかと思います。

(但し、パリ市内は山手線の内側分くらいの広さですので、それぞれの区はとても小さいです。)

 

パリは20からなる「区」ごとに分けられています。

ルーブル美術館やチュイルリー公園がある地域を1区として、時計回りに20区まで分けられています。

地図上の太い線が、それぞれの区を表しています。

 

東京でも区によって、住宅価格に大きな違いがあるように、当然パリにも区によって大きな違いがあります。

ただ、東京とちがうのは、東京では区によって治安に大きな違いはありませんが、パリは区によって、とても大きな違いがあるのです。

「大きな違い」と書いても、これから海外に行こうとする人にはピンと来ないかもしれませんが、ここで言う「大きな違い」とは、旅行者は立ち入ってはいけないということです。

 

もちろん、危険な区であっても、観光名所がある場合もありますので、その際は、なるべく安全なルートを通って行ってください。

それでは、区ごとの特徴を見て行きましょう。

 

1区~4区 の治安情報

 

ルーブル美術館

 

1区~4区はパリの中心地にあたります。

地図上では緑のラインに囲まれた地域になります。

数々の観光名所がありますので、たくさんの方が訪れる地域になります。

この地域の主な観光名所は以下になります。

 

1区

 

  • ルーブル美術館
  • チュイルリー公園
  • サントノーレ通り(ブランド街)
  • ポンヌフ
  • シャトレ
  • シテ島

 

2区

 

  • オペラ通り
  • ブルス(金融街)

 

3区

 

  • ピカソ美術館
  • パリ工芸博物館
  • カルナヴァレ美術館

 

4区

 

  • シテ島
  • ノートルダム大聖堂
  • ヴォージュ広場
  • マレ地区

 

一度は聞いたことがある場所ばかりですね。

この地域は比較的安全な地域です。

 

但し、観光名所が多い分、観光客を狙ったスリやひったくりが多いのもこの地域です。

スマホで撮影するときや、メトロに乗るときなどは十分な注意が必要です。

また、観光名所には沢山のジプシーが多いので注意が必要です。

5区~7区 の治安情報

 

リュクサンブール公園

 

この地域はパリの若者が沢山集まる地域になります。

地図上ではブルーのラインに囲まれた地域になります。

観光名所もありますが、どちらかというと街自体を見て回るという感じになります。

それぞれの区の特徴を見てみましょう。

 

5区

 

  • パリ植物園&動物園
  • 国立自然史博物館
  • 国立中世美術館

 

6区

 

  • リュクサンブール公園
  • サンジェルマンデプレ

 

7区

 

  • ボンマルシェ百貨店
  • ロダン美術館
  • オルセー美術館
  • 不思議のメダイの聖母の聖堂
  • ブルボン宮殿
  • ケ・ブランリ美術館
  • アンヴァリッド廃兵院
  • エッフェル塔

 

5区はあまり行くことがないかも知れません。

6区は街を散策する感じになるかと思います。

7区はエッフェル塔を中心に見どころが満載ですので、ここだけで1日が終わってしまうかもしれません。

 

この地域は、基本的には安全な地域になります。

観光名所が多い分、観光客を狙ったスリ等はいますが、エッフェル塔周辺以外はそれほど多くはいません。

この地域から住宅地も増えてきますので、パリ生活の雰囲気が少し味わえる地区になります。

 

8区 の治安情報

 

シャンゼリゼ

 

地図上では緑のラインに囲まれた地域になります。

シャンゼリゼを中心とした観光地域になります。

 

8区

 

  • シャンゼリゼ
  • グラン・パレ
  • プティ・パレ
  • コンコルド広場
  • マドレーヌ寺院
  • モンソー公園

 

とても有名な観光名所が集まっている地域になります。

比較的安全な地域になります。

1区~4区、同様、観光名所、メトロは十分な注意が必要です。

特にシャンゼリゼ周辺、シャンゼリゼ通りはすり、ひったくりに注意です。

 

9区~12区 の治安情報

 

プランタン

 

この地域は黄色のラインに囲まれた地域になります。

百貨店や観光名所もありますが、少し注意が必要な地域になります。

 

9区

 

  • プランタン
  • ギャラリーラファイエット
  • オペラ座

 

10区

 

  • 北駅
  • 東駅

 

11区&12区

 

  • ヴァンセンヌの森

 

通常の観光では9区がメインになるかと思います。

百貨店がある地域ですので、お土産やファッションなどのショッピングに利用されると思います。

沢山の人が集まるので、当然スリやひったくりが集まってくる地域になります。

ただ百貨店周辺は警察の見回りも強化されているので、すこし安心出来る場所でもあります。

 

10区は2つの駅がメインになります。

北駅と東駅になります。

電車で旅行に行かれない場合は特に利用することはないと思いますが、駅周辺はとても危険です。

訪れる際は、いつも以上の注意が必要です。

 

11区&12区は特に観光する場所はないと思います。

特別なお店等をめぐる場合は、十分な注意が必要です。

 

13区~17区 の治安情報

 

トロカデロ

 

地図上ブルーのラインに囲まれた地域になります。

パリの中では基本的に、最も安全な地域になります。

沢山のパリジャンがこの地域に住んでいます。

住宅地が多いので、観光することはあまりない場所になると思います。

実際にこの地域に住むと、住宅価格はとても高いので一般の人はなかなか住めない地域になっています。

日本の駐在員の方が住む地域でもあります。

 

なお、17区はグリーンのラインに囲まれた地域になりますので、少し注意が必要な地域になります。

ただ、観光名所はないので、訪れることもないと思います。

 

13区~15区

 

  • カルティエ財団現代美術館
  • ブールデル美術館

 

16区~17区

 

  • トロカデロ庭園
  • マルモッタン・モネ美術館
  • ブローニュの森

 

あまり有名な観光スポットはない地域です。

かなりの回数パリに来ないと訪れない地域です。

その分、観光客が少ないので、安全な地域になっています。

 

18区~20区 の治安情報

 

サクレクール

 

地図上赤いラインに囲まれた地域になります。

今回ご紹介する中では最も注意が必要な地域です。

 

この地域はパリで最も危険な地域になります。

移民等が多く集まる地域になります。

パリジャンでもよほどの用事がない限り訪れない地域になっています。

 

但し、この地域にはサクレクール寺院がありますので、観光では一度は訪れなくてはならない地域になります。

 

18区~20区

 

  • サクレクール寺院

 

この地域はサクレクール寺院以外には絶対に行かないようにして下さい。

サクレクール寺院周辺は観光スポットですので、警察官も多数見回りをしていますが、それでもスリやひったくりの絶えない地域です。

サクレクール寺院に行くときは十二分な注意が必要です。

 

シャルルドゴール空港からパリに入るとき、バス等を利用するとこの地域を通ってくることになります。

車窓から外の景色を十分に見ておいてほしいのですが、落書きやごみが散乱しています。

路上でも特に何もすることがない人たちで溢れていますので、間違ってもこの地域に入り込まないようにしましょう。

面白半分や怖いもの見たさでも絶対に立ち寄らないようようにしてください。

 

サクレクール寺院について詳しくはこちらでご紹介させて頂いております。

 

パリ 観光 サクレクール寺院 治安情報 モンマルトルの丘でパリを一望
モンマルトルの丘に建つ、白亜のサクレクール寺院。 パリを一望できるその場所に建つ寺院はパリでも特別の存在感です。 天井に描かれている、キリストのモザイク画は、世界最大のモザイク画の一つと言われているもので圧巻の見応えです。 パ...

 

現地での被害状況

 

残念ながら、気を付けていても被害にあってしまう場合があります。

上記のマップの中の比較的安全な地域でも起こることがあります。

 

また、スリ等はこちらのスキを伺っているので、疲れがたまって集中力が落ちた時に狙われることもあります。

事件に巻き込まれるかどうかは、旅慣れしているかどうかには関係なく、ちょっとした瞬間で被害にあう場合もあります。

私も実際、何度か狙われたこともありますし、現地のフランス人が被害にあっているのを何度も見ています。

 

しかし出来ることなら、せっかくの旅行を楽しく過ごしたいものですよね。

以下では残念ながら、実際に被害に遭遇してしまった方からの貴重な情報を記載させて頂いております。

貴重な情報を頂いた方々の事例を参考に、少しでもおかしいなと思った場合は速やかにその場を立ち去るようにしましょう。

 

ルーブル美術館からオルセー美術館での被害

 

情報を頂きました、concerto様、誠にありがとうございました。

コメント欄に記載頂きましたが、簡潔にこちらでもご紹介させて頂いております。

 

ルーブル美術館からオルセー美術館への途中、道を尋ねる感じで話しかけられ、無視して通り過ぎた後に、同行者の方が、その仲間に囲まれ、もみくちゃにされてしまいました。

その最中にウエストポーチからお財布が盗まれてしまったという事件です。

 

こちらの事件から考えますと、手口は以下の感じになります。

  1. 地図を広げて道を尋ねてくる。
  2. または、何かしらの署名活動を口実に近づいてくる。
  3. 相手を立ち止まらせ、大勢で取り囲む。
  4. もみくちゃにしている最中に、バックから財布等貴重品を盗む。

 

こういった手口での被害を防ぐために、幾つかのポイントがあります。

 

地図を広げながら道を尋ねられても基本的に無視する。

 

ここでのポイントは、若い女性がこの手口で近寄ってくる時は間違いなく無視して先に行くことです。

最近はスマートフォンがありますので、若い人で道が分からないということはまずありません。

 

署名活動は無視する、また署名もしない。

 

署名をしているときだけでなく、署名をしたら署名料を求めてくる場合もあるようです。

日本にいる時の感覚で、つい立ち止まってしまいそうになりますが、署名活動は100%無視して問題ありません。

 

途中で気が付いた時は、助けを求める。または近くのお店に入る。

 

気を付けていてもつい巻き込まれてしまう場合があります。

途中で、一瞬でもおかしいと感じた時は、迷わず逃げましょう。

荷物があったり、走れないようなときは、どんなお店でも良いので近くのお店に逃げ込みましょう。

カフェでもホテルでも気にせず入って助けを求めましょう。

また、近くにそのような場所がないときは、誰でも良いので助けを求めましょう。

その際、フランス語である必要はありません。

ヘルプミー」と言えば必ず相手に伝わります。

また、偶然人気のない場所を歩かなくていけない場合は常に周りを気にして歩くようにしましょう。

不審な感じがした場合は、来た道を戻ることも忘れずに。

 

今回、concerto様より頂いた情報は大変貴重な情報です。

もし、この記事をお読み頂けた皆様は、ご自身だけでなく、一緒にご旅行に行かれる方、お知り合い等でパリに行かれる予定のある方にお報せしてあげてください。

まとめ

 

いかがでしたか?

パリを改めて地区ごとに分けてみると、安全な旅行の仕方が少し見えてくると思います。

 

有名な観光名所周辺は比較的治安自体は悪くはありません。

すりやひったくりに注意すれば問題はないと思います。

 

地図上で表示したグリーンとブルーの地域を中心に観光して、ショッピング等の時だけ黄色の地区、特に9区に行くというのがベストな観光になります。

赤い地区はモンマルトルの丘、サクレクール寺院観光の時だけ訪れるのが良いと思います。

 

また、残念ながら、スリ等の被害に遭われてしまった方がいらっしゃいましたら、誠にお手数ですがお知らせ頂けると助かります。

これからパリを訪れる方への大変貴重な情報となりますので、お力を貸して頂けると助かります。

次回以降は、パリでのホテルの選び方、地区ごとの観光の仕方などを見て行きましょう。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. 奥田和美 より:

    6月にパリに行きます。
    ネット検索していて貴HPにたどり着き、参考になる情報満載で助かっております。
    特に、この区別治安マップは非常に有難いのですが、残念ながら肝心の地図が表示されません。
    (ご参考までに、当方MacユーザでSafari利用。)
    非常に有益なページですので、当方の問題ではない場合は、ご検討いただければと存じます。

  2. tabiparislaxtabiparislax より:

    奥田和美 様

    大変嬉しいコメントを頂きありがとうございます。

    マップの表示の不具合はご迷惑をお掛け致しました。

    以下、マップの短縮URLを貼っておきますので、ご確認ください。
    また表示できないようであればお手数ですがお知らせください。

    念のため本文中にもリンクを貼っておきました。

    6月のパリ旅行ぜひ楽しんでくださいね。
    何かあればご遠慮なくお知らせください。

    https://bit.ly/305SJTt

  3. concerto より:

    現在パリに滞在中です。
    一昨日、同行者がスリというか泥棒というかにあいました。

    ご参考になればと思いコメントします。

    場所はルーヴル美術館からオルセー美術館へ向かうセーヌ川の手前あたりです。

    最初は1人の若い女性が道を尋ねるような感じで話しかけてきて署名の用紙を見せて署名を求めてきます。当然拒否して歩き去ったのですが、横断歩道を渡ったら仲間の集団がいました。私はうるさいうるさいと日本語で怒鳴りながら早足で歩き抜けたのですが、同行者が取り囲まれて止まってしまい、もみくちゃにされました。私が助けに入って、さらに通りかかったフランス人と思われる男性が助けに入ってくれてなんとか脱出できましたが、ふと見ると彼女のウエストポーチがあけられていて財布がぬかれていました。

    署名用のボールペンで手にあとがつけられていたので、刃物などではなくて本当によかったです。彼女いわく、5人くらいに肩や腕をつかまれて耳元で大声を出されて、なにがなんだかわからない状態だったそうです。

    話しかけられても止まらない。無視。できるだけ早く立ち去る。が鉄則ですね。

    日本人はそういう状況になれていないので、親切心で話を聞いたり立ち止まったりしてしまうので狙われるのかもしれません。

    おとなしく署名すると署名料をはらえという詐欺?もあるそうです。

    ルーヴル美術館は火曜日、オルセー美術館は月曜日がお休みなので、お休みの日は観光客も少なくのんびりしていていいなと思いながら歩いていたらやられました。

    • tabiparislaxtabiparislax より:

      concerto 様

      大変貴重な情報を頂きありがとうございます。

      まずは、大きなお怪我等にならずに済んだようで何よりです。
      とはいえ、気持ちの部分も大切だと思いますので、ケアをしながらお過ごしください。

      最近は地図を片手に道を訪ねてくるようなパターンが増えているようです。

      ご指摘通り、なかなか日本人には難しいですが、つい声を掛けられると親切心で立ち止まってしまいますよね。
      いけないと思いながらもつい振り向いたりしてしまいます。

      実は私も7月にパリに滞在しているときに同じような状況に出くわしております。
      私の場合は運よく、未遂で済みましたが、ちょうど疲労が重ねって注意力が散漫になっているときに狙われました。

      自分では大丈夫と思っていても、ちょっとした気の緩みを狙われるので、完全に防ぐのは難しいですが、
      改めて気を引き締めて過ごさなくてはと再確認致しました。

      今回の出来事は大変でしたが、今後パリを訪れる方の大変参考になるお話です。
      後ほど本文にも追記させて頂きます。

      治安の面で色々と問題のあるパリですが、それ以上の魅力があるのもパリだと思います。

      まだ帰国までお時間があるようでしたら、細心の注意を払いつつも最後まで楽しんでお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました