Pascal & Anthony パリ15区にある大注目のパン屋さん ブーランジェとパティシエが作り出す絶品のクロワッサン

パン屋 パリパリ

日本にも出店していた、Gontran Cherrierで出会った2人がオープンさせた、Pascal & Anthony

ブーランジェとパティシエが作り出す様々な商品は、あっという間にパリでも高い評価を得ています。

日本ではまだあまり知られていませんが、訪れる価値のあるお店です。

15区のパン屋巡りの際は、是非とも立ち寄ってみてください。

それでは、早速詳しく見て行きましょう。

Sponsored Links

Pascal & Anthony パスカル&アンソニー

基本情報

Pascal & Anthony パスカル&アンソニー

住所:32 Rue de Dantzig, 75015 Paris, フランス

営業時間:火曜日~土曜日 07:30~20:00 日曜日:08:00~20:00

定休日:月曜日

最寄り駅:Convention 12号線 

Sponsored Links

特徴

日本にも出店していた、「Gontran Cherrier」で出会った、PascalHérault Anthony Raingevalが2016年にオープンさせたお店です。

「Gontran Cherrier」で、シンガポールなどのアジア諸国、オーストラリアでの勤務経験が現在のお店に生かされています。

外観

Pascal & Anthonyの外観です。

ダンツィッグ通りと、モリヨン通りの角にあるお店は、華美ではありませんが、黒いテントが目を引いてすぐに分かると思います。

Pascal & Anthonyの外観です。

大き目のレンガではなく、小さいレンガタイルの外観は、近くで見ると、とても良い雰囲気です。

店内

店内の様子です。

商品が並んでいるスペースがそれほど広く感じられないのですが、意外と商品は沢山あります。

沢山のバゲットサンドイッチです

バゲットサンドは様々な種類が用意されています。

何があるのか良く分からなかったので、気になるサンドイッチを指をさして伝えました。

ショーケースに並んでいるバゲットサンドイッチです。

見るからに美味しそうですね。

オリジナルのパンが並んでいます

他のパン屋さんにはない独特な商品も販売されています。

バゲットが並んでいます

もちろん、定番のバケットも用意されています。

ヴィエノワズリーが並んでいます

ヴィエノワズリーもしっかり揃っています。

クロワッサンとパン・オ・ショコラです。

クロワッサン、パンオショコラはお店でも大人気です。

インスタ映えする商品です。

クロワッサンです

クロワッサンは1.1ユーロ。

良心的な価格設定です。

(現在は価格が変更されていると思います)

ショーケースに並ぶケーキです

ケーキ類ももちろんあります。

とにかく沢山の商品があるので、どれを購入すべきかかなり迷います。

実食

クロワッサンの入った紙袋です

シンプルながらおしゃれな感じの紙袋。

クロワッサンです

見た目も味も文句なしです。

Sponsored Links

まとめ

全体的な評価は5段階で以下の通りです。

Pascal & Anthony パスカル&アンソニー

味:☆☆☆☆☆

外観:☆☆☆☆☆

内観:☆☆☆☆☆

価格:☆☆☆☆☆

スタッフ:☆☆☆☆★

購入しやすさ:☆☆☆☆★

場所:☆☆★★★

という感じです。

味に関しては☆5つです。

とにかく種類が多いので、次回も色んな商品にチャレンジしてみたくなりました。

外観は好印象。

特別ここが良いという訳でもないのですが、シンプルながら全体的にバランスが取れている感じがしました。

内観も良く出来ています。

商品も見やすいですし、レイアウトもちょうど良い感じです。

もちろんオシャレさもあります。

残念ながら写真を撮ることが出来ませんでしたが、広めのイートインスペースも用意されています。

価格は全体的に良心的です。

スタッフもとても感じが良かったです。

一見、ちょっと取っつきにくい感じがしましたが、注文するとこちらの意図を汲んでくれて、細かい所まで気を使って頂きました。

購入のしやすさに関しては、商品自体は見やすいのですが、買いたくなる商品が多すぎてかなり迷いました。

購入自体は問題ありません。

場所は残念ながら、観光客が行くにはあまり良くありません。

メトロの駅からも少し距離があります。

近隣に観光スポットはありませんので、こちらのお店を目指して来なくてはなりません。

パン好きのためのお店になると思います。

全体的に高評価になりましたが、もう1度訪れて見たくなるお店です。

シンプルで現代的な印象ですが、店内には以前のお店の床のタイルをそのまま利用していたりしていて、飾らない感じがとても心地よく感じられます。

商品のメニューに関しても、バゲットやクロワッサンなどの定番の商品はしっかりと基本に忠実に作られている反面、サンドイッチなどには様々な独自の商品が販売されているのも、何度も訪れたくなる要素なのかもしれません。

また、普通のパン屋さんでは見かけない、シンガポールのお茶なども用意されています。

お茶とパン、一見合わなそうな組み合わせが、新しさも感じさせてくれています。

中心地からは少し遠いですが、ぜひお時間がある方は、立ち寄ってみてくださいね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

パリの最新パン屋ランキングを公開しています。

今回ご紹介させて頂いたお店は何位なのか?

ぜひ合わせてチェックしてくださいね。

絶対行きたくなる パリ パン屋ランキング 話題のパン屋をご紹介 2022 最新版
パリに行く楽しみの一つがパン屋めぐりです。何年もかけて様々なお店を周っていますが、あまりに沢山のパン屋さんを訪れていると、どこのパン屋さんが美味しかったのかつい忘れてしまいます。そんな物忘れが多い私が、次回以降訪れ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました