A Taaable リールの外れにある伝統的なフランス料理をお手頃価格で食べられるお店

A Taaable ア・ターブルパリから日帰り旅行

リール中心地から少し離れた場所にある、伝統的なフランス料理が食べられるお店、それが今回ご紹介させて頂く、A Taaable(ア・ターブル)です。

 

お店の名前は、à table(テーブルで)からきていて、少しアルファベットをいじった感じになっています。

お店はこじんまりとしていますが、地元の常連客でいつも賑わっています。

ぜひ、リールで何を食べるか迷ったら、立ち寄って見てくださいね。

それでは早速ご紹介させて頂きます

A Taaable

 

A Taaable ア・ターブル

 

住所:62 Rue de Gand, 59000 Lille, フランス

営業時間:月曜日~金曜日 12:00~14:00 19:00~22:00 土曜日 12:00~15:00 19:00~23:00 日曜日 12:00~15:00 19:00~22:00

 

 

特徴

 

2011年にオープン。

新鮮な食材で、フランス料理、郷土料理を提供しています。

 

外観

 

A Taaable

 

落ち着いたカラーのシックな外観です。

ちょっと入りにくい雰囲気です。

 

A Taaable

 

手書きのメニューも書かれています。

 

店内

 

A Taaable ア・ターブル

 

店内はコンパクトながら、清潔感のあるお店になっています。

大きな時計が目を引きますね。

 

A Taaable ア・ターブル

 

しっかりと座席数は確保されているので、入店出来ないことはないと思います。

 

 

A Taaable ア・ターブル

 

壁にはランチメニューが掛けられています。

Entrées(アントレ)と、Plats(プラ)Dessert(デザート)の3種類の中から、好きな組み合わせで注文することが出来ます。

メニューの内容も限られているので、迷わずに済みます。

 

A Taaable ア・ターブル

 

こちらの壁には、お勧めの飲み物が書かれています。

ご興味のある方はお試しください。

 

実食

 

A Taaable ア・ターブル

 

今回頼んだのは、Plats(プラ)のみのコース。

飲みものは、ヴィテルを頼みました。

こちらは、 Choucroute du chef (シェフのシュークルート)

酢漬けのキャベツがしっかり乗っています。

かなり味に癖がありますので、好みが分かれると思います。

 

A Taaable ア・ターブル

 

こちらはPavé de saumon(サーモン)

付け合わせのサラダもしっかり乗っています。

酸味の効いたソースです。

まとめ

 

いかがでしたか。

評価するほどでもないと思うのですが、何となくイメージがお伝えできればとあえて評価してみます。

全体的な評価は5段階で以下の通りです。

 

A Taaable ア・ターブル

 

味:☆★★★★

外観:☆☆★★★

内観:☆☆☆★★

価格:☆☆☆★★

スタッフ:☆☆★★★

入店のしやすさ:☆★★★★

場所:☆★★★★

という感じです。

 

味に関しては少し厳しめの評価です。

他のメニューを食べた訳ではないですが、かなり好みが分かれると思います。

個人的には合いませんでした。

また、バゲットなどもこだわりが全く感じられない味でした。

 

外観、内観ともにごく普通です。

よくある小さなレストランという印象。

こだわり感、スペシャル感はありません。

 

価格も普通です。

 

スタッフはもう一つな感じです。

感じが悪いわけではありませんが、何となくアウェー感を感じる雰囲気でした。

入店のしやすさはあまり良くありません。

事前に知らなければ入ることはまずないと思います。

 

場所はリールの中心地から少し離れますので、わざわざ来なくてはなりません。

また、近くに観光スポットがあるわけではないので、ルートにも組み込みにくいと思います。

 

全体的には厳しめの評価となりました。

 

リールには沢山のレストランがある中で、なぜア・ターブルを選んだのか?。

通常のパリから日帰り旅行の際は、時間の関係でレストランに行くことはないのですが、今回月曜に訪れたために、急遽お昼に空き時間が出来てしまいました。

そのため、せっかくなら、地元の雰囲気を味わえるようなお店が良いと思って見つけたのが、ア・ターブルでした。

グーグルの評価もとても良かったのですが、、、。

 

個人的には残念な結果になってしまいましたが、味は人それぞれ好みがあると思いますので、ぜひ立ち寄って見てください。

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

なお、パリから日帰りリールの旅は、こちらで詳しくご紹介させて頂いております。

パリから日帰り リール観光 TGVで1時間 フランス北部の街 完全ガイド 美味しいワッフル 治安にトイレ事情
フランス北部、パリから250キロの場所にある都市が、今回ご紹介させて頂く街、Lille(リール)になります。ベルギーの国境から僅か15キロしか離れていないリールは、ヨーロッパの歴史の中でも重要な役割を担い発展してきた街です。リールな...

コメント

タイトルとURLをコピーしました