SPROUTS FARMERS MARKET 日本ではまだ知られていない話題のオーガニックスーパー

 

スプラウト

 

ロサンゼルス周辺には、人気の2大スーパーマーケット、WHOLE FOODS(ホールフーズ)とTRADER JOE’S(トレーダージョーズ)があります。

 

しかし、それ以外にもまだまだ沢山のスーパーマーケットが存在しています。

その中でも今回ご紹介させて頂くSPROUTS FARMERS MARKET(スプラウト・ファーマーズマーケット)は、ホールフーズマーケットとトレーダージョーズのちょうど中間にあるようなお店です。

両者にはない魅力のあるスーパーマーケットですので、ぜひ機会があれば訪れてみてくださいね。

ロサンゼルス周辺にもかなりの店舗数がありますので、滞在場所の近くはもちろん、帰り道等でも立ち寄ることが可能です。

 

SPROUTS FARMERS MARKET スプラウト・ファーマーズマーケット

 

History ~歴史~

 

suprouts

ABOUT SPROUTS 

 

1943年 フルーツスタンドから創業。

新鮮で低価格なフルーツや野菜を中心に販路を広げています。

 

Outside 店舗外観

 

スプラウト

 

スプラウトもホールフーズと同様に店舗のロゴはグリーンになります。

ほとんどの店舗はグリーンで SPROUTS FARMERS MARKET と書かれています。

但し、写真にあるように、すべての店舗においてグリーンを採用しているわけではありません。

またトレーダージョーズのように赤にこだわって店舗を設計しているわけでもないです。

臨機応変に店舗展開をしている印象です。

 

店舗の外にカボチャや植木等を並べるのは、どこの店舗にも共通している陳列方法です。

 

INSIDE 店舗内観

 

スプラウト

 

店内の入り口にはレトロなポスターが掲げられています。

他のスーパーではあまり見られない雰囲気です。

 

ENTRANCE ~ 店内入り口付近~

 

スプラウト

 

店内に入るとすぐにパン類が並んでいます。

焼きたてのパンや、冷凍されていたパン、そしてドーナツやスポンジケーキ類が並びます。

 

POINT

日本だとあまり馴染みがないですが、アメリカでは結構、冷凍されていたパンが販売されています。

これはウォルマートなどの大手スーパーだけでなく、大人気のオーガニックスーパー、ホールフーズなどでも販売されています。

冷凍されたパンはアメリカだけでなく、フランスなどのヨーロッパからも輸入されています。

冷凍食品はあまり美味しくないイメージが日本ではありますが、出来立てのパンよりも美味しかったりするので、驚きです。

なお、販売されている時はすでに解凍されていますので、すぐに食べることが可能ですのでご安心ください。

 

パン類以外にも奥の棚には冷えているジュース類、ビニール袋に入ったカット野菜などが販売されています。

ショーケースにはチーズ類が販売されています。

 

一通り、このエリアを見ると、テイクアウトしてすぐに食べられる食材が並んでいます。

お昼や夜など家で調理しない方は店の奥まで行かなくてもすぐに会計して出ていけるイメージで陳列されていると思います。

 

Center ~店内中央~

 

スプラウト

 

店内中央はスプラウトの代表的なコーナー、BULK FOODS (バルクフード)コーナーになっています。

バルクフードとは日本で言えば量り売りコーナーのことです。

ナッツ類からドライフルーツ、グラノーラ、コメ類、麦類など様々な種類が常備300種類以上販売されています。

 

スプラウト

 

ドライフルーツだけでもこの量です。

白い透明のケースに入っていますので、英語が苦手な方でも何となく何の種類か分かります。

 

スプラウト

 

この樽にアーモンドなどが入っているのが何とも雰囲気があります。

色々な種類を選んでいると、とても楽しく病みつきになりますよ。

奥に向かって中央右側の壁側には、シーフードやミート類(肉類)が並んでいます。

 

スプラウト

 

奥に向かって中央左側の壁側には、ジュース類やスナック、チョコレートなどのお菓子類、ヨーグルトなどが並んでいます。

 

END ~店内突き当り~

 

店内突き当りには、スプラウトの看板商品でもあるフルーツや野菜が中心に陳列されています。

 

スプラウト

 

スプラウトがフルーツスタンドから営業を始めただけあって、屋台のイメージをおしゃれに再現しています。

ホールフーズやトレーダージョーズがフルーツや野菜を店舗入り口に並べているのとは違って、店内の一番奥に陳列しているのが、面白いですね。

お客様を店舗の奥まで誘導させる戦略なんでしょうが、どちらが正解なのかはよく分かりません。

詳しい方がいらっしゃったら、ぜひ教えてくださいね。

 

Exit ~店内出口付近~

 

出口に近い場所にあるのが、生活関連の商品、サプリメント関連の商品です。

 

スプラウト

 

大量のサプリメントが揃っています。

なお、アメリカでサプリメントを購入するときは、注意が必要です。

成分的に日本に持ち込めないものも多数ありますので、ご購入予定のものがあれば、事前に調べておくことをお勧めします。

それよりももっと大事なのが、アメリカのサプリメントはサイズが大きい!!

ということです。

今は購入しないのですが、昔、友人から勧められて購入したサプリメントのサイズが大きすぎてびっくりしました。

なんと、アーモンド位のサイズがあるサプリメントだったのです。

体に良いどころか、飲んだら喉に詰まらせて大事になりかねないものだったので、それ以来、アメリカでサプリメントは購入していません。

ぜひ、成分もそうなのですが、一粒のサイズも確認して購入してくださいね。

 

スプラウト

 

本当に様々な種類の商品が並んでいます。

流石、サプリメント大国アメリカですね。

まとめ

 

いかがでしたか?

ホールフーズやトレーダージョーズとは少し雰囲気が異なります。

個人的な感想としては、両方の中間位のお店になるかと思います。

 

店内のプライスなどは、プリントされたものを使用していますが、デジタルプライスまでは導入していません。

店内の内装も昔のマーケットを彷彿とさせるような看板などが使用されていますが、徹底されているとまでは言えない感じです。

販売されている商品もオリジナル商品が50%以下の感じがします。

 

パン類やフード類などのインスタントな食品やオリジナル食品の味は、残念ながら3社の中では一番下にランクすると思います。

但し、自社商品以外のものは、他店より安かったり、スプラウトでしか販売していない商品もありますので、散策する価値はあると思います。

 

また、エコバック等のオリジナルアイテムも他では手に入らないものもありますので、お時間のある方はぜひお立ち寄り頂いて、ご感想をお知らせくださいね。

 

ホールフーズマーケット、トレーダージョーズについては、こちらで詳しくご紹介させて頂いております。

合わせてご覧になってみてください。

 

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です