パリから日帰り ナンシー アールヌーボーの街へガレを見に行こう 行き方 観光完全ガイド

スポンサーリンク
ナンシー パリパリ

パリから日帰りシリーズ、今回はフランス北部の街、Nancy(ナンシー)をご紹介します。

パリからおよそ350kmのほどにあるナンシーは、アールヌーボーが花開いた場所として有名です。

11世紀頃に誕生したナンシーですが、現在の街の基礎を作ったのは、18世紀、ロレーヌ公であったスタニスラスによるものです。

もともとガラス工芸が盛んな街でしたが、19世紀、普仏戦争の後の人口増加により、様々な産業、芸術が発展しました。

街はとてもコンパクトに出来ていますので、1日で見て回るのに丁度よい大きさです。

アールヌーボーやガラス工芸にご興味のある方には、ぜひ一度訪れて頂きたい街です。

それでは早速、ナンシーについてご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

パリからナンシーまでの行き方

パリからナンシーまでは、フランス国鉄が運行する高速鉄道車両、通称TGV(テジェヴェ)に乗って行きます。

乗車時間は1時間半~40分ほど。

乗車して一息つくころには到着してしまいます。

ナンシー

こちらは、ナンシーまでのE-ticket。

今回の旅は、パリを7時30分に出発し、ナンシーに9時20分に到着する旅程です。

料金もとても安かったので、1等車での旅行です。

なお、フランス国鉄のサイトからTGVを予約する方法はこちらでご紹介させて頂いております。

合わせてご覧ください。

TGV 予約方法 完全ガイド Oui SNCF公式サイト で最安運賃の予約方法をご紹介 座席指定も可能
TGV(テジェヴェ)を予約する方法は、幾つかありますが、最も簡単で最も安く予約出来るのが、Oui SNCFの公式サイトから予約する方法です。日本語のサイトはありませんが、特に問題はありません。フランスのサイ...

ホテルからパリ東駅まで

パリ東駅

今回の宿泊先は、Staycity Appartement hôtel Gare de l’Est(ステイシティ・アパートメントホテル・ガール ドゥ レスト

パリ東駅から徒歩5分とかからない場所にあるので、メトロやバスを利用せずに行けるので、行き帰りの予定がとても立てやすいです。

詳しくはこちらをご覧ください。

Staycity Appartement hôtel パリ東駅でホテルを探すならアパートメントタイプで暮らすように滞在しよう
パリからアルザス・ロレーヌ地方やドイツなど東方面に出かける予定のある方にお勧めしたいのが今回ご紹介させて頂く、Staycity Appartement hôtel Gare de l’Est(ステイシティ・アパートメントホテル・ガ...

ホテルを7時15分位に出発しましたが、冬のパリは外は真っ暗。

雨も降っていたので、とても寒く感じました。

治安の面は特に心配になることはないと思います。

暖かい季節に出かける場合はこの時間ですと、外は明るくなっています。

パリ 東駅 Gare de l’Est

パリ東駅

冬と雨のせいか、人はまばらな感じです。

この日は特に寒い日だったせいもあると思います。

パリ東駅

駅前から見えるホテルも幻想的な感じがして絵になります。

パリ東駅

駅の中も閑散としています。

通路中央にストーブがあるので、みんなそこに集まっています。

パリ東駅

駅に着いたら、まずは電光掲示板を確認します。

パリの列車は出発間際にならないと、何番線から発車するか分かりません。

パリ東駅

今回利用するナンシー行きのTGVは、7時38分発。

18分前でも出発ホームは表示されていません。

パリ東駅

表示されたのは27番線。

乗車ホームには、車両番号がどこにあるか表示されています。

アルファベットと自分の車両が同じ場所を選んでください。

今回は13号車だったので、Bを目指して歩きます。

パリ東駅

パリの主要駅の改札は、日本の自動改札のようになっています。

スマートフォンやプリントアウトしたチケットのQRコードのような部分をかざすとゲートを通ることが出来ます。

TGV パリ東駅

いよいよナンシーに向けて出発です。

ナンシー駅 Gare de Nancy

ナンシー駅

ほぼ定刻通りにナンシー駅に到着。

1時間40分ほどの旅は、本当にあっという間でした。

全体的に乗客は少なめでした。

ナンシー駅

それほど大きな駅ではないので、迷うようなことはありません。

ナンシー駅

フランスの地方の色々な駅を利用していますが、観光地の駅としてはかなり寂しい感じです。

ただ、時間帯によっては少し混雑している場合もあります。

ナンシー駅は、駅としては小さめですが、パリ、ウィーンと、ルクセンブルク、リヨン、マルセイユを結ぶ交通の要となっています。

路線の拡大をしたいようなのですが、本来の駅のサイズが小さいのと街の中心部にあるために、色々と難しいようです。

ナンシー駅

ナンシー駅の正面はこんな感じです。

19世紀後半からの様相がそのまま残っています。

ナンシー観光

今回ナンシー観光で巡ったスポットがこちらの地図になります。ほぼ主要なスポットはカバー出来ています。

ブルーとグリーンのラインがバス利用。

それ以外の濃いめの色が徒歩で巡ったルートです。

ナンシー駅を出発して、ナンシー駅まで戻るルートになります。

Brasserie Excelsior Nancy ブラッスリー・エクセルシオール・ナンシー

Brasserie Excelsior Nancy

Brasserie Excelsior Nancy ブラッスリー・エクセルシオール・ナンシー

住所:50 Rue Henri-Poincaré, 54000 Nancy, フランス

営業時間:火曜日~土曜日 08:00~00:30 日曜日、月曜日 08:00~23:00

1911年創業。

100年を超える歴史がある店内は、アールヌーボー様式で洗練された作りになっています。

ナンシー駅を出てすぐ目の前にありますので、分かりやすいと思います。

今回は最初に立ち寄り、朝食を頂きました。

詳しくはこちらをご覧ください。

Brasserie Excelsior Nancy エクセルシオール ナンシー アールヌーヴォーに溢れるカフェで朝食を
ナンシーに来たら、最初に立ち寄って欲しいのが、BRASSERIE EXCELSIOR NANCY ブラッスリー・エクセルシオール・ナンシー。アールヌーボーの建物と店内を今に伝える、フランスでもとても貴重なお店です。...

Porte Stanislas スタニスラス門

Porte Stanislas

ブラッスリー・エクセルシオールを出て、バス停に向かう間にある、スタニスラス門

18世紀、スタニスラス公の都市整備計画の一部として作られたものです。

Porte Stanislas

ドリス式の建築と言われていますので、一見の価値はあると思います。

Bus バス

bus

ブラッスリー・エクセルシオールで朝食を済ませ、スタニスラス門を鑑賞したら、ナンシー派美術館へ向かいます。

ナンシー駅からナンシー派美術館までは何とか徒歩圏ですが、20分から30分はかかるのと、体力の温存も考えてバスを利用しました。

体力に自信のある方や滞在中に時間の余裕のある方は、徒歩でアールヌーボーのお家を見ながら移動するのも良いかもしれません。

バス

ブラッスリー・エクセルシオールから最も近いバス停は、Tour Thiers Gare

複数の路線が乗り入れていますが、今回は11番線を利用します。

先ほどご紹介した地図上のブルーのラインになります。

ナンシーバス

乗車の仕方は、パリのバスと同じです。

事前に切符を購入しておくか、バスの車掌さんから購入します。

ナンシー バス

料金は、事前購入が1.3ユーロ、車掌さんから購入すると1.5ユーロになります。

バスのチケットは名刺サイズ。

結構大きめです。

今回は駅に到着したらすぐにバスが来たので、車内で購入しました。

購入したチケットは写真にある券売機に通します。

ナンシー バス

車内は清潔で快適です。

次の停車駅もスクリーンに表示されているので、間違うことはないと思います。

ナンシー派美術館の最寄り駅は、Nancy Thermalになります。

画像の中の一番最後の駅になります。

ナンシー バス

無事、Nancy Thermalに到着。

ナンシー派美術館は通り過ぎていますので、少し戻る感じになります。

ナンシー派美術館

ナンシー派美術館

住所:38 Rue Sergent Blandan, 54000 Nancy, フランス

営業時間:水曜日~日曜日 10:00~18:00

定休日:月曜日、火曜日

定休日が平日の2日間になっています。

ご旅行の予定を立てる時は、十分注意してください。

エミール・ガレを中心に、ガラス製品、陶器、家具、絵画、ステンドグラスなどが展示でされています。

ナンシーに来たら、必見の観光スポットです。

ナンシー派美術館については、こちらで詳しくご紹介させて頂いております。

ナンシー派美術館 アールヌーヴォーの傑作 エミールガレを見に行こう 見どころと所要時間
19世紀末から20世紀にかけて、ヨーロッパで誕生したアールヌーヴォー。そのアールヌーヴォーが最も花開いた場所が、フランンス、ナンシー。そしてその中心にいたのが、ナンシー派と呼ばれる、ガレやジャック・グルーバー。...

Bus バス

ナンシー バス

ナンシー派美術館を見学したら、再びバスに乗って中心地に戻ります。

ナンシー バス

先ほどと同じ、11番、Nancy Thermalから乗車します。

地図上、グリーンのラインを通ります。

ナンシー バス

降車駅は、Place Stanislas – Dom Calmet

乗車時間は15分ほど。

バスからの景色も悪くありません。

次の目的地である、ナンシー大聖堂までは徒歩で5分ほどになります。

サン=ジョルジュ通り

バス停を降りたら、サン=ジョルジュ通りに向かいます。

通りも広く、歩きやすい通りです。

サン=ジョルジュ通り

トラムも走る通りは、ヨーロッパならではの景色です。

様々なお店も並んでいますので、ショッピングにも最適です。

Cathédrale Notre-Dame-de-l’Annonciation ナンシー大聖堂

ナンシー大聖堂

住所:56 Place Mgr Ruch, 54000 Nancy, フランス

サン=ジョルジュ通りをしばらく歩くと右手に見えてくるのが、ナンシー大聖堂。

18世紀に建築された大聖堂は、古典的でとても落ち着いた雰囲気です。

ナンシー大聖堂について詳しくはこちらでご紹介させて頂いております。

ナンシー大聖堂 バロック建築の傑作を見に行こう 天井のフレスコ画とオルガンは必見です
今回ご紹介させて頂くのは、ナンシー大聖堂。中心地にある大聖堂は、ナンシーを代表する観光スポットの一つであり、またシンボルでもあります。それほど大きくはないので時間をかけずに鑑賞することが出来ますので、ぜひ観光ルート...

スタニスラス広場 Place Stanislas

スタニスラス広場

ナンシー大聖堂からスタニスラス広場へは、モーリス・バール通りを通って向かいます。

そのまま直進しても良いのですが、ピエール・フリエ通りから、ドミニケン通りを経由して行くと、右手にナンシー観光所があります。

ナンシーの名産品などが販売されていますので、ご興味のある方は立ち寄って見てください。

スタニスラス広場

1750年代に完成したスタニスラス広場は、6か所にロココ様式の金で彩られた門があります。

この広場の見どころの一つです。

スタニスラス広場についてはこちらで詳しくご紹介させて頂いております。

世界遺産に登録されたフランス スタニスラス広場 世界で4番目に美しい広場を見に行こう
フランスで最も美しいと言われるスタニスラス広場。その美しさはフランス国内だけにとどまらず、世界でも屈指の美しさと言われています。今回はそんな魅力溢れる広場をご紹介させて頂きたいと思います。Place...

Basilica of Saint Epvre of Nancy 聖エプブレ教会

Basilica of Saint Epvre of Nancy

住所:Place Saint-Epvre, 54000 Nancy, フランス

スタニスラス広場を過ぎて、幾つか通りの名前が変わりますが同じ道を歩きます。

アメルヴァル通り 、ラ・ファイエット通り、ダム通りと進むと、Basilica of Saint Epvre of Nancyが見えてきます。

木製のドアはバイエルンで作られたと言われています。

聖エプブレ教会

狭い通りにとても大きな教会が経っているので、全体像を写真に収めようとすると、なかなか難しいです。

残念ながら中に入ることが出来ませんでしたが、美しいステンドグラスがあるようです。

もし中に入ることが出来たら、ぜひ覗いて見てください。

Adam Jean-François アダム・ジャン・フランソワ

Adam Jean-François

Adam Jean-François

住所:3 Place Saint-Epvre, 54000 Nancy, フランス

営業時間:火曜日~土曜日 08:30~19:30 日曜日 08:30~18:00

定休日:月曜日

Adam Jean-François

ナンシーでお勧めのケーキ屋さん。

地元でも評判も高いので、甘いものが食べたくなったら迷わずこちらがお勧めです。

聖エプブレ教会のすぐそばにあります。

AU PAIN DE MON GRAND PERE オ・パン・ドゥ・モン・グランド・ペール

AU PAIN DE MON GRAND PERE

住所:73 Grande Rue, 54000 Nancy, フランス

営業時間:火曜日~土曜日 07:00~19:00 日曜日 07:00~18:00

定休日:月曜日

ナンシーで美味しいパンを食べるならこちらがお勧め。

クロワッサンは特にお勧めです。

Du pain et des gâteaux デュ・パン・エ・デ・ギャトー

Du pain et des gâteaux

住所:125 Grande Rue, 54000 Nancy, フランス

営業時間:07:00~19:00

定休日:火曜日

気取らない昔ながらのパンやケーキ屋が食べたい方にお勧めのお店です。

お昼時はいつも混雑しています。

Musée lorrain ロレーヌ博物館

ロレーヌ博物館

住所:66 Grande Rue, 54000 Nancy, フランス

14世紀に建てられた建物を中心に、ナンシーの歴史を伝える歴史博物館です。

Porte de la Craffe クラフ門

Porte de la Craffe

住所:Grande Rue, 54000 Nancy, フランス

グランド・リュの突き当りにあるのが、クラフ門。

15世紀に建てられたナンシーの歴史を象徴する建物です。

Musée des Beaux-Arts de Nancy ナンシー美術館

ナンシー美術館

住所:3 Place Stanislas, 54000 Nancy, フランス

営業時間:10:00~18:00

定休日:火曜日

展示されている作品は中世から現代に至るまで幅広く展示されています。

また、地下に展示されているガラス製品は一見の価値があります。

ナンシー美術館について詳しくは、こちらでご紹介させて頂いております。

ナンシー美術館 ルーベンス カラヴァッジョ ドラクロワから印象派 現代美術までフランス最古の美術館へ行こう
ナンシーの中心部、スタニスラス広場の一角にあるのが、ナンシー美術館。ナポレオンの命により造られた美術館は、地方都市にある美術館の中でも、とても充実したコレクションを展示しています。ルーベンスやカラヴァッジョを始め、...

Maison Des Soeurs Macarons メゾン・デ・スール・マカロン

Maison Des Soeurs Macarons

住所:21 Rue Gambetta, 54000 Nancy, フランス

営業時間:月曜日 14:00~19:00 火曜日~金曜日 09:30~12:30 14:00~19:00 土曜日 09:00~19:00

定休日:日曜日

今やフランスを代表するお菓子となったマカロン

その発祥の地がナンシーと言われています。

そんなナンシーで、1793年から続く、老舗のお店がこちらです。

現代のマカロンとは全く違いますが、懐かしいオリジナルのマカロンをぜひ購入してみてください。

Maison Des Soeurs Macaronsについては、こちらで詳しくご紹介させて頂いております。

Maison Des Soeurs Macarons マカロン発祥のお店で200年以上変わらぬ味を食べに行こう
マカロンと言えば、フランス国内だけでなく、今や世界的に有名なお菓子となりました。パリでもピエールエルメを始め、名だたるパティシエがその味を競い合うほどの人気です。実は、そんな大人気のマカロンの発祥のお店がナ...

Starbucks Coffee スターバックスコーヒー

Starbucks Coffee

住所:5 Bis Avenue Foch, 54000 Nancy, フランス

営業時間:月曜日~金曜日 07:00~20:00 土曜日 08:00~20:00 日曜日 08:30~20:00

ナンシー観光でスターバックスをご紹介するのも変ですが、実は時間調整にちょうど良い場所にあります。

帰りの列車まで少し待ち時間が出来てしまった場合は、ぜひお勧めしたい店舗です。

スターバックス

店内は、広々としていて、とても静かで居心地の良いです。

そして、トイレも利用することが出来ますので、トイレの少ないナンシーではとても助かります。

スターバックス

また何と、店内でナンシー駅からの発車時刻も確認することが出来ますので、安心してコーヒーを飲むことが出来ます。

ナンシーのトイレ事情

フランスのどの都市においても言えることですが、トイレ事情はいつも悩ましい問題です。

今回の観光ルートでは、大抵の場所にトイレがあるので、大丈夫だと思いますが、お勧めのトイレが以下になります。

スタニスラス広場

スタニスラス広場からペピニエール公園に向かう途中にあります。

観光スポットが集中する場所ですので、こちらを利用されると便利だと思います。

所要時間

今回のナンシー観光に費やした時間はおよそ5時間です。

美術館も一通りゆっくりと鑑賞出来ました。

ナンシー派美術館への移動のみバスを利用しましたが、時間の短縮と体力の温存にはちょうど良かったと思います。

まとめ

全体的には満足度の高い旅行となりました。

パリからの移動時間も2時間以内ですので、飽きることなく移動できます。

ナンシーの街はフランスの他の都市とはちょっと違う雰囲気があるので、旅慣れた方にもお勧めの街です。

アールヌーボーの建物があちらこちらに残っていることと、街がとても整備されていて、道路もとても分かりやすく迷わずに移動出来るのも魅力です。

なお、今回寒い季節に訪れたので、ペピニエール公園は外から覗いただけですが、暖かい季節に訪れる方は、憩いの場所として最適です。

パン屋さんでサンドイッチを買ってランチなどをするのもお勧めの過ごし方です。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました